10/06/22 21:01

銀河の青いケシ

 信州木曽郡王滝村。

 霊峰御嶽山の四合目、標高約約1,500mにある「おんたけ銀河

キャンプ場」内の林の中にヒマラヤの青いケシががちらほらと咲い

ている。

 2005年に、地元のボランティアの皆さんが12,000株を植えたとの

ことだが、2年ほどで四分の一の3,000株余りに減ってしまい、現在は

大小の株を合わせても500株程度しか残っていないのではないだろうか。

そのうち、70余りの株に1〜2輪づつひっそりと咲いている。

 原産地のヒマラヤや中国雲南省では、標高3000m〜5000mの高地

に自生する花で、暑さに非常に弱いので栽培は極めて難しいとのことだ。

 この地でも、年ごとに少なくなっているとのことで行く末が心配だ。 




 $ こちら $ にその他の青いケシが展示してあります。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

お久しぶりです。
青い芥子、一度は自分の目で見たいものです。
他の信州の方から紹介が数年前にあったのですがずっと行けてません
神秘の青と言ってもいい色ですよね

Re: 今日は。

 ご無沙汰いたしております。

 日鷹さんのブログにも時々おじゃましております。私は、気の向いた

時しか投稿しませんので申し訳なく思っております。

 やはり青いケシは独特の雰囲気を持っておりますね。

 中村農園(信州大鹿村)の方には、ここより多くの青いケシがあります。

ただ、農園までの道路が狭隘なので初めての場合は十分留意が必要

です。

                       信州伊那の自遊人

 

 


投稿者: 日鷹   10/06/22 23:33


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=17969

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません