07/03/24 16:35

「日本のチロル」

 信州下伊那 遠山郷 下栗の里


 ここ下栗の里は、日本のチロルと呼ばれている。

 谷底を流れる遠山川から、標高約800m〜1100mの間に耕地と民家が

点在している。

 南アルプスを目前に望むこの地は、傾斜30度余りの山腹を切り開き、その

昔から今日まで芋類、雑穀類、椎茸などを栽培し、営々と暮らし続けている。

 村人の話に、二度芋(ジャガイモの仲間)を収穫するときには、気をつけない

畑の傾斜が急なため転がって谷底へ落ちてしまうこともあるという。一旦転

りだしたら止まらないのだという。


 ここには、正に日本の原風景がある。

 (帯山地区から南アルプスを望む)


 (最上部 半場地区から兎岳、聖岳を望む)

 (下栗の里遠望)

 (下栗の里遠望 谷底を遠山川が流れている)



Hp・・・・・信州伊那の自遊人へ


カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

07/03/19 15:25

チーちゃんです。

 我が家のアイドル ”チーちゃん” です。

 とにかくよくしゃべります。今までに覚えた言葉は「チーちやん

おはよう、チーちゃん只今、チーちゃんお帰り、暖か暖か、チー

ちゃん良い子ねえ、アッハッハッハ等々14〜15語くらいになり

ます。



 毎日、家中を縦横無尽に飛び回っております。

 (家人の持っているいるものは、何でも味見します。)

 (手の上でくつろいでいます。)



もう少し ”チーちゃん” の写真があります。


Hp・・・・・信州伊那の自遊人

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

07/03/12 16:43

春はそこまで

 信州駒ヶ根市の光苔等で有名な、光前寺へ向かう道路沿いの南向

きの土手に、雪の中央アルプスを背に、スイセンが黄色い花を咲かせ

はじめた。例年と比べると大分多く咲いている。







 10年余り前に、地元の北割二区営農組合の皆さんが中心になって

球根を植えたのだという。温かさが増すこれからはあたり一面に咲き

だす。写真愛好家の絶景ポイントの一つだ。



Hp・・・・・信州伊那の自遊人



 

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

07/03/02 14:47

伊那小沢のカンザクラ

 長野県の最南端、下伊那郡天龍村、静岡県と愛知県にその境を接する。

何処を見ても平地は無い、天竜川を見下ろす急峻な山腹に、張り付くように

家が建っている。

 
 JR飯田線 伊那小沢駅も、山腹のトンネルとトンネルの間にある。この駅の

構内に、地元の農家の方が昔植えたという「カンザクラ」が10本ほどある。


 信州で一番先咲くサクラとして毎年話題になる。伊豆の河津桜の様な派手さ

は無いが、山間に本格的な春の訪れを伝えてくれる。


 (天竜川を見下ろす山腹にある。)

↑↓ (可愛らしいピンク色のサクラだ。)



 (段々畑でお茶、竜峡小梅、自家用野菜を栽培している。)

 (ネコの額ほどの畑もある。自家用野菜を栽培しているという。)



Hp・・・・・信州伊那の自遊人


 

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0]