20/06/29 14:23

あいさつ週間、気持ちの良いあいさつで1日のスタート!

 代表委員会と放送委員会によるコラボ企画、あいさつ週間が先週行われました。代表委員会が朝あいさつに回り、一番いいあいさつをしたお友達を給食の時間に全校に紹介するところまではいつもと一緒。あいさつ週間では一番いいあいさつをしたお友達が、放送委員会が行っている朝の定時放送の「朝のあいさつ」を代わりに行うという特典付きです。梅雨空を元気に吹き飛ばすあいさつが児童会のアイディア企画により、毎朝行われています。

放送室から、元気よく朝の放送!!

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

20/06/29 10:23

PTA作業、環境整備ありがとうございました

 6月27日(土)、延期していたPTA作業が行われました。5月30日に予定していた資源物回収とPTA作業。新型コロナ感染対策のため資源物回収は中止となり、PTA作業は1ヶ月遅れとなりました。この間、PTAの有志の方々が8名ほど声を掛け合い草刈り等ボランティアでして下さいました。そして、やっと梅雨の間の晴れ間に、密にならないよう、厚生部長さんを中心に分担をはっきりさせ距離を保ちながらの作業となりました。おかげさまで、草刈り枝打ちといった校外整備とトイレ清掃による校内の整備により、気持ちの良い学校環境となりました。ありがとうございました。

 

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

20/06/23 11:38

安全対策しっかり!プール開きをしました。

 6月23日(火)梅雨の晴れ間にプール開きを行いました。今年は新型コロナ対策で、更衣室を学年別にしたり、バディも手をつながずに確認したりするなど、安全をさらに意識した学習となります。目当ての発表では、高学年は「クロール、平泳ぎとも50m泳ぎたい!」「平泳ぎをマスターしたい!」と、技能面を中心に発表してくれました。低学年は「初めての大プール、がんばって泳ぎたい!」「プールの約束を守って泳ぎたいです。」など、それぞれ、自分の思いを発表してくれました。

校長先生からは、「心と体を鍛える子、学校目標です。将来の幸せにつながるもの。水泳学習の目標、よく考えていました。一人一人達成できるよう努力しましょう。今年はコロナウイルスとの戦いも続きます。行動に気をつけましょう。」と、お話しいただきました。

水泳の学習、1学期いっぱい7月31日まで続きます。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

20/06/19 18:55

マス池に防鳥テープを張りました

 5・6年生が池の中のネットを外し、大きくなったマス池。3・4年生がサギよけのテープを張ろうと出かけました。すると…「サギだ!サギだ!! え〜〜本当にいるんだ!」子どもたちの騒ぎに飛び立っていったサギ。事前に巻き尺でマス池の周囲を測り、1周120mということが分かったので、10mおきに防鳥テープを張る防獣柵を澁谷さんに打っていただきました。そして、子どもたちが考えた案を参考に3・4年協力してキラキラテープを張り巡らしました。最後に4年生の友達が持ってきてくれたサギの嫌いな大きな音のする爆竹を鳴らしました。これでサギが来なければいいのですが…

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

20/06/15 19:17

6月8日 ニジマス学習 5・6年生の取り組みは…ニジマス学習の歴史を調べよう!

6月8日(月)に5・6年生が、マス池に行き、ニジマスの池を大きくする作業に行いました。作業は慣れたもので、池に入り網を外す人、上からあみを引っ張り片付ける人に分かれ、あっという間に作業が終わりました。 池に行く前に、5・6年生のニジマス学習で何を調べるか話し合ったところ、ニジマス学習の取り組みの歴史を調べ、年表にまとめ ようということに決まりました。

 早速作業後、石原泰蔵さん、水上文保さんに質問し、お話を聞かせていただきました。スケート場が目的で池を作ったこと、川 魚の中でもお世話がしやすいニジマスを選んだことなど、子どもたちは驚きです。次の日、「お父さんが小学3年生の時始まったんだって!」「教育要覧にニジマス学習開始って書いてあったよ」などうれしい報告が!子どもたちの方からどんどん調べようとしています。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

20/06/15 19:08

5月8日 夏に向けてニジマス幼魚放流 大きくなあれ!

今年のふるさと学習、4月下旬から5月初めに予定していたわらびとりは、1日の行事となるため、休校期間であることから残念ながら中止となりました。しかし、全校総合で取り組むニジマス学習については、8月の水揚げに向けて、水上文保さん、石原泰蔵さんをはじめとする地域の方々の協力を得て、職員・PTA会長加藤さんにより放流まで行うことができました。子どもたちは、えさやり当番に取り組みながらニジマスの成長を感じ、また、食や自然について、意識を持つことができていくことができたらと思います。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0]