11/01/15 00:55

開原 成允先生逝く。。。

12日、開原成允先生が急逝されました。
解離性動脈瘤ということですので、まさに突然の訃報でした。

» 続きを読む

カテゴリ[ 医療]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/11/24 21:05

信州ドクターヘリ2号機 23年10月就航予定

中日新聞によると先日県庁で開催されたドクターヘリ検討会において、中南信地域への配備が予定されている信州ドクターヘリの2号機が23年10月に就航予定と報じられています。
1号機は佐久総合病院ですでに運航中とはいえ、あと1年を切っている。ドクターヘリの配備には病院のヘリポートはもちろんだが、病院内基地の構築、運用体制、搭乗医師看護師の養成、燃料や整備をするための基地構築、離発着場周辺のアセスメントなど準備事項は多い。
来年10月は厳しい日程だと思うのですが。。。
やるとなったらやりますけどね。

» 続きを読む

カテゴリ[ 医療]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/10/22 13:39

伊那中央病院の救命救急センター化について

先日の新聞報道で平成24年4月を目処に、伊那中央病院の地域救急医療センターを救命救急センターに指定替えすることが報じられました。
現在、長野県南部には救命救急センターが3つあります。
元々のセンターであった昭和伊南総合病院は脳神経外科などで定評があり救急センターに必要な専用ベッド30床を持っていましたが、医師減によりこれを支えることができなくなりました。
救命救急センターを決めるのは県知事ですが、当時の田中康夫長野県知事は当時30床のベッド割り当てを、飯田市立、諏訪赤十字、昭和伊南の3病院にわけました。
当時昭和伊南の低下した救急機能を補っていたのが伊那中央だったわけですが、その段階で伊那中央を救命救急センターに指名替えせず、昭和伊南に残したのは当時の駒ヶ根市長の直談判によるものであったと言われていますが、その真偽表裏はどうだったのかはわかりません。
ただ、今になっての指定替えがどのような効果があるかは不明です。
救命救急センターになることによって、病院は県からの助成や診療報酬の増額が可能です。
つまり救急に関する医療費は増加します。
増加した分を過酷と揶揄される救急医の待遇改善や労働条件の緩和にまわせればよいのですが。。。
いずれにしても駒ヶ根市民には救急医療体制の変更について、伊那市民には救急医療費が税金にせよ医療費にせよあがることと救急体制がどう変わるのかということを、センター指定替えの前にしっかり説明する必要があるでしょう。

カテゴリ[ 医療]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/04/02 02:22

ついに診療報酬明細の無料配布がはじまりました。

4月1日より、原則すべての病院・診療所(一部を除く)の診療報酬明細書の無料配布がはじまりました。

本来病院が保険機関に提出してきた診療報酬明細書には病名や生年月日や診療日数などが記載されていますが、今日受診した皆さんにはこれらが省略された明細書が渡されているはずです。

これは厚生労働省が先月示した、患者さんに渡す明細書例をもとに、レセプトコンピュータメーカーが新たに改修したシステムをつかっています。つまりほとんどの病院ではこの3月にレセプトコンピュータの改修をおこなったはずです。
とはいえ、今月は2年に一度の診療報酬改定が予定されていましたので、そのための改修とあわせておこなわれたため、メーカー側も病院側もそれほど大きな混乱はなかったと思います。

むしろ、渡される患者側に混乱がないか医療機関では心配したのですが、ネットなどの情報をみると、おおむね大きな混乱もなく、むしろなんで渡されるかわからないといった様子のようです。

4月よりも前に交付をしていた病院では、特に定期的に通院してくる慢性的な疾病をもった患者さんなどは、大抵毎回同じ内容の明細書になるため、「同じようなのは毎回いらない」と言われることもあるようですが、せっかく電子化によって紙資源の節約に努めていた医療機関が、患者さんのためにと毎回印刷して渡す明細書ですので、これを機会によく読んでみてはいかがでしょうか。

カテゴリ[ 診療明細書]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/04/02 02:11

検査や薬剤が0円(回×0点)と書いてある?

診療報酬明細書を見ていると、検査をやったり処方箋がでているのに、検査料の種類数があわなかったり、薬の単価が0円になっていたりすることがあります。

診療報酬は特に外来通院ではほとんどの場合、出来高計算方式で、検査や薬剤はやった分だけ、処方した分だけ請求額は高くなります。

ところが診療報酬改定を長く続けているうちに医療費を抑制しようと、簡単な検査や同じような検査はまとめて1回とする算定のルールを厚生労働省が決めるようになってきました。
また、薬も医療費抑制や乱発を防ぐ理由などから、病院の院内処方から院外薬局への処方へと推進しました。
ところが診療報酬明細書は健康保険組合などでは検査や処方は病名などと照らし合わせて正しく実施されているか確認する審査書類として使用されています。
いくら厚生労働省の通達だからといって、やっている検査を省略して記載されたり、院外処方だからといって医師が指示した薬がなにか表示されていないと審査に困るのです。

こうして診療報酬明細書には、出来高の「まるめ」計算や、処方箋しか出していないのに薬が0円で表示されるといった一般人にはわかりにくい、いわば「つぎはぎだらけ」の表示が多くみられるようになって現在に至っています。

カテゴリ[ 診療明細書]   コメント[0 ]   トラックバック[0]