10/04/02 02:22

ついに診療報酬明細の無料配布がはじまりました。

4月1日より、原則すべての病院・診療所(一部を除く)の診療報酬明細書の無料配布がはじまりました。

本来病院が保険機関に提出してきた診療報酬明細書には病名や生年月日や診療日数などが記載されていますが、今日受診した皆さんにはこれらが省略された明細書が渡されているはずです。

これは厚生労働省が先月示した、患者さんに渡す明細書例をもとに、レセプトコンピュータメーカーが新たに改修したシステムをつかっています。つまりほとんどの病院ではこの3月にレセプトコンピュータの改修をおこなったはずです。
とはいえ、今月は2年に一度の診療報酬改定が予定されていましたので、そのための改修とあわせておこなわれたため、メーカー側も病院側もそれほど大きな混乱はなかったと思います。

むしろ、渡される患者側に混乱がないか医療機関では心配したのですが、ネットなどの情報をみると、おおむね大きな混乱もなく、むしろなんで渡されるかわからないといった様子のようです。

4月よりも前に交付をしていた病院では、特に定期的に通院してくる慢性的な疾病をもった患者さんなどは、大抵毎回同じ内容の明細書になるため、「同じようなのは毎回いらない」と言われることもあるようですが、せっかく電子化によって紙資源の節約に努めていた医療機関が、患者さんのためにと毎回印刷して渡す明細書ですので、これを機会によく読んでみてはいかがでしょうか。

カテゴリ[ 診療明細書]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=16984

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません