08/11/21 21:04

11月23日・24日の「史跡ノート」は「宝蔵院日記」についてです

11月23日(日)午前6時からの放送、並びに24日(月)午後6時45分からのほっとライン有放の時間には「史跡ノート」をお伝えします。
前回に続いて「史跡ノート」では、このほど市によって第一巻が刊行された「宝蔵院日記」についてお伝えします。

「宝蔵院日記」とは、江戸時代に関山神社を管理していた宝蔵院というお寺の執務日誌です。正徳(しょうとく)2年(1712)から幕末の慶応3年(1867)まで150年余りに渡る記録です。
宝蔵院や関山神社の行事をはじめ、当時の自然災害、周辺地域の農民や幕府・高田藩などとの関わり、食生活や庶民の娯楽なども見ることができ、史料としての価値の高さは、専門家の間で以前から知られていました。
活字化に向けて史料の解読などに、江戸時代の研究者ら7人で作る「宝蔵院日記刊行会」の皆さんが取り組んできました。
「宝蔵院日記刊行会」のメンバーで、元新井高校教諭の松永靖夫さん(専門・日本近世史)は「宝蔵院日記の豊かな内容を、広く歴史研究者に紹介したいと考えていた」と語っています。

今回の「史跡ノート」では、松永靖夫さんに「宝蔵院日記」の刊行や地方史研究の意義などを語っていただきました。どうぞお聞き下さい。

カテゴリ[ 放送日程]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

08/11/21 19:30

国民健康保険税の滞納世帯への対応について「話題のコラム」でとりあげます

毎月第4土曜日の午前6時の放送、翌日曜日の午後6時45分からのほっとライン有放の時間には「話題のコラム」をお送りしています。この番組は、市内の話題・出来事を独自の視点で掘り下げてお伝えするものです。
11月22日(土)、23日(日)放送の「話題のコラム」では、国民健康保険税の滞納世帯に対する市役所の対応についてお伝えします。

妙高市では、国民健康保険税を特別な理由無く1年以上滞納し、市の納税相談の呼びかけにも応じない世帯、市と一旦交わした納入計画を守らない世帯、いわゆる“悪質滞納者”は保険証を返還し、その代わりに資格者証が発行されます。
この資格者証に変わると、医療機関の窓口でいったん医療費全額を支払わなければならなくなります。
ただし妙高市では、国民健康保険税を滞納していても、中学生以下の子供がいる世帯には資格者証を発行していません。
この措置には「滞納していない世帯との不公平感を招く」という見方もあります。また自治体によっては、滞納世帯でも保護者とこどもで異なる対応をとっている所もあります。
この国民健康保険税の滞納世帯への対応について、市役所健康福祉課の手塚治雄課長へのインタビューを交えてお伝えします。

カテゴリ[ 放送日程]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

08/11/20 10:46

11月21日の「けいさつホットライン」

毎月第1・第3金曜日のお昼12時30分、午後6時45分からのほっとライン有放の時間には「けいさつホットライン」をお伝えしています。この番組は、妙高警察署のご協力を得て、犯罪被害の防止や交通安全情報などをお伝えするものです。11月21日(金)の「けいさつホットライン」では、10月末までの妙高警察署管内の犯罪の発生状況、年末や冬場に発生が懸念される犯罪とその被害防止などについてお送りします。妙高警察署の山岸信行生活安全課長にお話をうかがいます。どうぞお聞き下さい。

カテゴリ[ 放送日程]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

08/11/14 20:31

新潟県社会を明るくする運動作文コンテスト(中学生の部)最優秀賞作品を「妙高こども通信」で紹介

11月16日(日)午前6時、17日(月)午後6時45分からのほっとライン有放の時間には「妙高こども通信」をお送りします。
今回の「妙高こども通信」では、新潟県社会を明るくする運動作文コンテストの中学生の部で、新潟県での最優秀賞を受賞した新井中学校3年生、寺島雅恵さんの作文とインタビューをご紹介します。新潟県内で最優秀賞を受賞した寺島さんの作文「明るい社会をみんなの手で」を、寺島さん自身の朗読でお聞きいただきます。あわせて受賞の喜びや作文に込めた思いなどを、寺島さんにインタビューしています。ぜひお聞き下さい。

【社会を明るくする運動作文コンテストとは】
「社会を明るくする運動」とは、犯罪や非行のない明るい社会を築こうと行われているもので、毎年7月は強調月間になっています。
強調月間にあわせて行われている作文コンテストは、小中学生を対象に作文を募集しています。今年、妙高市内の小中学校からは5校、22編の作文が寄せられました。新潟県全体では、中学生の部で43校、553編の作文の応募がありました。この中で、新井中学校3年生の寺島雅恵さんの作文が最優秀賞を受賞したものです。

カテゴリ[ 放送日程]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

08/11/14 19:59

「保険年金なんでもあどばいす」について

毎月第3土曜日の午前6時の放送では「保険年金なんでもあどばいす」をお送りしています。妙高市役所の健康福祉課と市民税務課の担当者の方に、国民健康保険と国民年金に関するお話をうかがう番組です。
11月15日(土)放送の「保険年金なんでもあどばいす」では、市役所市民税務課市民窓口係の方に、国民年金保険料控除証明書についてお話いただきます。
国民年金保険料控除証明書は、年末調整や確定申告の際に欠かせない書類です。ぜひお聞き下さい。なお再放送は、11月16日(日)午後6時45分からのほっとライン有放の中でお伝えいたします。

カテゴリ[ 放送日程]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

08/11/09 19:28

「宝蔵院日記」について紹介します

11月10日(月)午後6時45分からのほっとライン有放で「史跡ノート」をお伝えします。「史跡ノート」は、市内の史跡・歴史上の出来事・人物などに関わるお話をお伝えする番組です。今回は、先頃妙高市によって、第一巻が刊行された「宝蔵院日記」についてお伝えします。日記の調査・解読作業などにあたってきた「宝蔵院日記刊行会」のメンバーで、元新井高校教諭の松永靖夫さん(専門・日本近世史、燕市在住)にお話をうかがいます。どうぞお聞き下さい。

【宝蔵院と宝蔵院日記について】
「宝蔵院日記」とは、江戸時代に関山神社を管理していた宝蔵院というお寺の執務日誌で、市の文化財にも指定されています。正徳(しょうとく)2年(1712)から幕末の慶応3年(1867)まで150年余りに渡る記録です。日記に記された内容は多種多様で、宝蔵院や関山神社の行事はもちろん、当時の自然災害、周辺地域の農民や幕府・高田藩などとの関わり、食生活や庶民の娯楽などもうかがえる史料となっています。
歴史的な史料としての価値の高さは、専門家の間で以前から知られていました。待望の刊行となった第一巻は、全580ページ。正徳2年(1712年)から90年近くに及ぶ日記が、原文のまま活字化されています。1冊6千円で、お問い合わせは妙高市教育委員会生涯学習課まで。

カテゴリ[ 放送日程]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

08/11/07 21:15

「空志童劇場」は小咄です

妙高市文化ホール付の市民劇団「空志童」(そらしど)の皆さんが出演する「空志童劇場」。毎月第2土曜日の午前6時、翌日曜日の午後6時45分からの放送でお送りしています。
毎回、朗読劇にした落語をお伝えしていますが、11月8日・9日放送の「空志童劇場」は、前回に続いて江戸小咄でお楽しみいただきます。どうぞご期待下さい。
あわせて「空志童劇場」では、11月22日(土)に妙高市文化ホールで開催される妙高演劇フェスティバルの際、劇団空志童の皆さんが上演する舞台「ミョンコルトの街で」についても告知しています。どうぞお楽しみに!

カテゴリ[ 放送日程]   コメント[0 ]   トラックバック[0]