07/06/05 01:20

平成19年6月4日更新分

たいへんでした…。前回の更新が4月6日。それからもう2ヶ月も過ぎてしまったんです…。3月中もこのページ、一度も更新できませんでしたが、5月中も更新せずに終わってしまったんですね。皆様、本当に申し訳ありません!<(_._)>

 ご存じの方も多いと思いますが、スタッフの一人が事故で負傷し、4月中旬から昨日まで長期欠勤しておりました。お陰様で本日4日から職場復帰を果たすことができました。ご心配下さった皆様、お気遣いを頂き申し訳ありませんでした。また沢山の皆様からご芳情をお寄せ頂きまして、本当にありがとうございました。このページお借りして深謝申し上げます。

 スタッフの復帰により、市内配達のご要望にもほぼ通常通り対応させて頂けるようになり、早速本日4日から即応で配達業務をさせて頂きました。いままでご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありませんでしたが、どうぞ以前同様に配達のリクエストをお寄せ下さいませ。

 さて、このページでシリーズもの(?)としてお伝えしてきております「コーヒーエネマ」と「ナチュラル・ハイジーン(通称フルモニ)」のことですが、これまでの経過をちょっとここで振り返ってみます。

 私事ですが、コーヒーエネマを始めたのは昨年1月30日。人並み以上に健康で特にエネマをやる<必要>はなかったのですが、ゲルソン療法のことは数年前から興味をもっていて、機会があれば試してみたいなあ、と思っていたのです。ただコストの問題もあり関心を抱きながら機会を得ること無く過ぎていました。それがたまたま当店でもエネマシリーズの製品を扱えることになり、しかも数年前のエネマ用器具類とは桁違いの安い値段になったことで、ついに実行に移す決意をしたのです。

 その後のエネマ実践の、具体的でリアルな描写は尾籠な話になるので、ここでは控えます。その代わり、ジーンズにフォーカスしてお話を…。

 エネマを始めて約2ヶ月後の昨年3月末、ジーンズを買いました。サイズは28インチ。まあ、だいたいフィットしていたのでしょう。ところが、エネマを続けているうち、次第に緩くなってきたような気がしてきました。年が改まって今年。春になったら、もうひとつ下の27インチのジーンズにした方がいいかなあ、と折に触れて感じることが増えてきました。

 そして今年3月。ここで「ナチュラル・ハイジーン」理論を試すことにしました。この理論はちょうど1年前に雑誌の記事で知り、わざわざ付箋をするほど印象に残っていたのですが、東京の知人が3月に主催した講演会の内容が、この「ナチュラル・ハイジーン」(フルモニ健康法)だったことで、この理論も自ら実践してみよう、という気になったのです。

 それまでのコーヒーエネマは継続しつつ、それとの併用で試し始めて1ヶ月。ジーンズが更に緩くなった印象。2ヶ月後には27インチどころか、26インチのジーンズでないと多分フィットしないだろうな、と感じるほどに…。4月半ば以降、28インチのジーンズだと「気を付け」の姿勢をとるだけでずり落ちてしまうようになり、ユルユルのせいで、シャツもジーンズからだらしなくはみ出してしまう有り様。直立するとずり落ちるジーンズが気になって片手で引き上げながら歩き回るなど、日常生活にも支障が及ぶに至り、ついにジーンズ買い換えの決断を余儀無くされたのでした。

 5月20日。ジーンズを買いに行きました。26インチの男性用ジーンズは存在しませんでした。27インチのモノも在庫は1本のみ。履き替えで予備も必要なので2本はほしかったのですが、仕方ありません。その27インチのモノと、止む無く予備で、28インチでも生地がライトで、自重でずり落ち難いモノを試着で1本選び、数だけ予定通りで2本購入しました。

 今度こそ26インチのジーンズを!という訳で、「ジーンズ探し」はこれからも継続します。乞う!御期待!?
(p^-^)p

カテゴリ[ HPインフォメーション]   コメント[0 ]   トラックバック[0]