07/07/28 20:25

平成19年7月28日更新分

 私事ですが、今年も健康診断を受けてみました。オプションの大腸ガンと肝機能の検診結果も含め、今年もパーフェクト!すべて基準数値内に収まっておりました。ウエストは66cmで、メタボリックの心配はほとんどなし。

 健康診断の話になると思い出すのは血圧の基準値の変更のこと。
2000年までは、160を超えなければ高血圧ではなかったそうですが、この年、日本高血圧学会で<90〜140>を適正基準とすることにしたそうです。つまり、140を超えたら高血圧ということ。

 その結果「高血圧症」の宣告を受ける人が国内で2000万人増えたとか…。2000万人になったのではなく、プラス2000万人、なんですね。これで降圧剤の売り上げは急上昇。製薬会社は……!

 さらに今年になって<85〜130>に適正基準を変更したらしいのです。これでまた降圧剤を投与できる対象者を更に増やすことができました。病人を作ることなんてこんなに簡単にできる、という一例ですね。元来病気で無い人だって病人に認定すれば投薬できます。

 また、投薬によって副作用が出ることも少なくなく、そのために本当に病気になってしまう、というか本物の病人にされてしまうことになるのです。糖尿病治療薬の副作用で痴呆症になり、その痴呆症を治療する薬で出血時に血液が凝固しなくなって大量出血による失血死の危険性が高まる、といったまるで<ドミノ倒し>のような副作用の連鎖がいま国内の多くの高齢者の身体に起きているのです。

 透析するまでもないのに安易に透析患者に仕立て上げられ、一生を通じてお金と貴重な時間を収奪されている人もいま日本で増加の一途を辿っています。それも若い年代から、その先の生涯、医療機関と薬から逃れられない身体にされてしまう方がいま増えているのです。

 医薬業界協同による国民皆病人化計画は、これからも手を変え品を変えて推進されることでしょう。それが医療費増大=国家財政逼迫に拍車をかけるというのも想像に難くありません。ともあれ、健康診断の基準値については、意図的に操作されている側面もあることを忘れないようにしましょう。

 さて、いま当店で話題になっているのが「クリスタルボウル」。水晶を焼成して作ったサラダボウルの形状をした一種の打楽器です。
この楽器が生み出す響きを浴びると健康面でも様々な効果が見られるとのことで、音楽療法として最近かなり注目されています。

 試しにCDを取り寄せてみたのですが、そのCDの解説には製作を担当したプロデューサー氏の「めまい」が治った、とか収録のリハーサルを聴いた女性が翌日から老眼鏡なしで新聞が読めるようになったとか、ちょっと不思議なおもしろい治癒例がでています。

 実際、この僕も昨年12月上旬以降ずっと、喉の辺りにいがらっぽいような違和感と痰が絡んだような感覚が続いていて、実際に声色もトーンも変わってしまい、普通に話すことにかなり意識的にならざるを得ませんでした。ところが、このCDを聴き始めて2日目から喉の感覚に変化を感じるようになり、波はあるものの違和感が徐々に解消に向かっているのです。普通に無理なく、意識しないでも以前のような自然な発声でおしゃべりができるのです。

 まあ、このCDを聴いたためなのかどうか、それは厳密に検証する必要があろうかと思いますが、半年以上感じていた不快感が和らいだきっかけが、他にこれといって思い浮かばないのは事実です。

 そのような訳で、8月4日(土曜日)15時から?8時まで、近くに会場を借りて、クリスタルボウルの演奏者(音楽療法士)をお招きしてのライブを開催することになりました。

 ご予約された方のみご参加頂けますので、ご興味のある方は当店まで事前にお知らせください。CD以上に、生を聴くことでヒ−リング効果を更に実感出来るそうです。

 さて、最後にもうひとつ。かねてより皆様にもお薦めしているエネマとフルモニ健康法。たまたま取引先の営業ご担当者にこのお話をしたところ、その方は即実践を始められ、1ヶ月で9kgの減量に成功。そして、変わり振りをご覧頂きたい、と営業を兼ねて本日当店にお越しくださいました。身体が軽くなって本当に楽です、と笑顔で語ってくれました。また、ウエストは3インチダウンで、服が合わなくなったので「嬉しい」出費を余儀無くされているそうです。短期間での変化の大きさに、ご家族も驚かれ、奥様が早速エネマとフルモニ健康法を始められたとのこと。お客様に喜んで頂けてお薦めした甲斐がありました。こんなご報告を頂けるのが本当に嬉しいですね。
(p^-^)p


カテゴリ[ HPインフォメーション]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3126

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません