15/02/12 14:12

平成27年2月12日更新分

当店HP上の【商品情報】は、事情により「更新」が滞っております。

  廃番になっている商品や価格が変わっている商品もございます。

  上記に該当の商品が含まれた内容でご注文を頂いた場合、当店より
  最新の商品データに基づいた「受注内容確認」をお伝えします。
  その内容でお客様のご了解を頂くまでは「仮注文」の状態です。

  以上、何卒ご了承の上、ご注文下さいませ。

  なお、最新の商品情報については、下記各仕入れ先様のホーム
 ページを通じてご確認頂くこともできます。

  <当店の商品仕入れ先様>

   ★ ラメール(オプティピュア) 様
   ☆ 信州自然村 様
   ★ オーサワジャパン 様
   ☆ ムソー 様
   ★ 恒 食 様
   ☆ まるも(ビバ) 様
   ★ フローラ 様
   ☆ 自然健康社 様
   ★ ジュポンコーポレーション 様
   ☆ シーナコーポレーション 様
   ★ 森修焼 様
   ☆ インターテクノ 様
   ★ スピカコーポレーション 様
   ☆ 日本オリーブ 様
   ★ カミツレ研究所 様
   ☆ ライブコットン 様
   ★ ジュゲン 様
   ☆ 黒姫和漢薬研究所 様
   ★ タカマ 様
   ☆ 早川酵素飲料研究所 様
   ★ ミヤトウ野草研究所(野草酵素) 様
   ☆ エイエムシイ 様
   ★ I.P.S生命科学研究所 様
   ☆ 益久染織研究所 様
   ★ プロ・アクティブ 様
   ☆ 丹羽メディカル研究所 様
   ★ 日本アクティブ 様
   ☆ フューチャー・テクノロジー 様(旧:ユウテック)
   ★ 生体エネルギー研究所 様( マルセイ 様)
   ☆ FJ生命ウェルネス 様
   ★ ナチュラルハウス 様
   ☆ イーエム ジャパン 様
   ★ FUJIX 様

    以上の各社で製造、卸されている商品は基本的にすべて当店
    で取り扱っております。当店ホームページ上になくても受注
    &販売させて頂きますので、お気軽にご注文、お問い合わせ
    下さいませ!

  ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※

  年も改まって、早40日ほどが経過しました。
 昨年9月初旬以来の更新となります。
 毎々ひさしぶりの更新で申し訳ありません。<(_._)>

 冬なので当たり前ですが、長野の最低気温は連日氷点下…。
 暖冬、と言われていた数年前、氷点下になる日は本当に数える程
だった記憶があるので、往時の「冬」に戻ったような気がします。
降雪量も<復活>の兆しがかなり濃厚ですね。

 スキー場等、冬のリゾート地が雪不足で心配…、なんていう話も
聞こえてきません。「地球温暖化」も足踏みしているのでしょうか。

 さて、前回「前世療法」の話題などをアップしておりましたが、
自分で体験してはいたものの、療法の医学的・学問的な研究内容や
知見を体系的に学習したり理解していた訳ではありません。人様に
お伝えする上で、それでは余りに心許ないので、療法について世界
的にも先駆的・実践的な研究業績を多数発表されているアメリカの
医師、ブライアン・ワイス博士の著書を、昨年末から集中的に読み
込んできました。あ、もちろん日本語訳の本で…。(^_^;ゞ

 正直、これほど凄い効力を発揮する療法とは知りませんでした。
これはすべての人がトライするだけの意義があり、またそれにより
人々の意識が変わることで、社会全体が大きく変革される可能性も
充分に考えられる、と感じました。

 山川紘矢・亜希子共訳で6冊がPHP文庫から出版され、3冊の
CDブックが同じPHP研究所から出ているので、ご興味のある方
はお読みになってみて下さい。出版順に時系列で読み進めるといい
かもしれませんが、順番が違っても理解できるように、記述は配慮
されています。ちなみに、出版順は以下の通り(★出版年は原著)。

「前世療法」(★1988年)
「前世療法2」(★1993年)
「魂の伴侶」(★1997年)
「『前世』からのメッセージ(=「魂の療法」)」(★2001年)
「未来世療法」(★2005年)
「奇跡は起こる」(★2012年)

CDブックは以下の3冊です。
ワイス博士のストレス・ヒーリング(2005年)
ワイス博士の前世療法(2006年)
ワイス博士の瞑想法(2007年)

 ところで、「奇跡は起こる」の文庫は、今年発売になったばかり。
僕も未読です。早く読んでみたいなあ、とウズウズしちゃいます。

 昨年は前回記した通り、前世療法に何度もトライしました…。
でも8月中に1回(これは前回もお伝えしましたね)、そして12
月中に1回、と2回成功しただけ。それでもかなり意義深い内容で
初めて、今世での知り合いが過去世の僕の人生のヴィジョンに登場
したのでした。
 2回とも目の前に現れたのは女性で、僕はその2回の過去世でも
男性でした。8月に成功したときに見えた方は、前回も記した通り
僕に「前世療法」を教えて下さった女性で、今世では彼女が僕より
年長ですが、過去世では僕の方が彼女より少し年上でした…。
もう吃驚です〜!(と、ここまでは前回も記しましたね!)

 そして年末の12月に成功した時には、和歌山のお客様が…。

 そのお客様から、幾度もの過去世で僕と一緒だった、と前世療法
で見た内容を僕がお伝え頂いていた通り、過去世から深い「ご縁」
があったことを、僕もついに確認することができたのでした…。

 そして、過去世での、その時の「体験」が、今生にも影響を及ぼ
していたことも理解できたのです。その一部はトラウマのような形
で今生での僕の対人関係での心理的性向に色濃く投影し、深く影響
していることがわかりました。

 僕は生まれながらにして(?)女性がどうも苦手で、女性恐怖症
みたいな傾向があることを自覚していましたが、それは過去世での
体験が尾を引いていたのだ、と納得…。生来、女性に苦手意識を感
じていたのは、過去世で、今生の和歌山のお客様(の魂を持った女
性)と僕とが「体験」した、ある出来事のためでした…。

 ただ、僕の「女性恐怖症(?)」は、20歳時、変性意識状態に
陥った際、日常問題のないレヴェルまで解消しています。それでも
時折、身近で女性が示す言動に、不安神経症的な反応をしてしまう
ことがあったりして、その「名残」を今に留めていたのでした…。

 和歌山のお客様と僕の、夫々の魂は、お互いにとって直近の過去
世で、男女として出会っていた様で、これには改めて吃驚です…。
 なお、その過去世の舞台は「日本」ではありません。地中海沿岸
か中近東辺りの、某国・某地域の、とある小都市だったようです。

 過去世での自分の姿は、そのシーンの中で鏡でも見なければ確認
できないので全く分かりませんでしたが、彼女は、というと、髪は
明るい栗毛系の色のセミロングで、肩紐が細めの、ノースリーブの
ロングドレスを着ていました。部屋がやや暗かったのでドレスの色
ははっきりしませんが、ブルー系。ほんとうは明るめの水色に近い
色だったのかもしれません。暗かったのでダークブルー(藍色)の
ようにも僕には見えていました…。などなど…。

 意外なほど、状況や心理状態を詳細に叙述できるのが、前世療法
で体験する「過去世」の情景の面白いところです。ワイス博士らに
よる臨床医学的実証研究の膨大なデータからもそれは裏付けられて
おり、過去世の情景詳述は、僕だけに言えることではありません。
ほとんどの被験者が、驚異的に「詳細」を語れるのだそうです。

 とはいえ、そのシーンの詳述はこのくらいにしておきましょう。
公序良俗を乱しかねない、と顰蹙されてもいけませんし…。
(^_^;ゞ

 過去世をヴィジョンで見た直後には気付かなかったことが、何度
も思い返しながら分析的に考察することで、今世で実際に体験した
状況に「直結」したり、見事に「再現」されていたことも判明…。
 どうやら過去世でクリアできていなかった課題を、今世で同じ女
性(=魂)をお相手にして、いわば<追試>させられたらしい…。

 「女性恐怖症(?)」は、自分の生得的性向だろうと思っていまし
たが、前世で僕(の魂)が抱えた「トラウマ」が、生まれ変わった
今世の僕にそのまま引き継がれたようです…。性格的な要素もが、
過去世での出来事に起因しているなんて、誰が想像するでしょう。

 女性に苦手意識を抱いていた僕は、トラウマの原因となった事象
を改めて今世で追体験(=やり直し)し、これをクリアすることで
「課題」を終え、新たな心と魂の境地に達するのかも知れません。

 前世から引き摺ってきた「トラウマ」から解放され、「女性恐怖
症(?)」を完全に解消して、心理的に対等な感覚で女性と接する
ことができるようになれば、僕の人生、かなり変わりそう…。

 ただ、<前世療法>というくらいですから過去世のヴィジョンを
確認しただけである程度の効果が出る筈です。ヴィジョンの意味を
現世の現象と照合して解釈したり、それに積極的に向き合い、自分
の意識を変えていって、完全な治癒に至った事例も知っています。
もしかしたら、今後は同じシチュエイションで、何ら問題なく行動
できる状態に、既に自分が変化しているのかも知れません。

 前世では僕に「課題」を与えて「トラウマ」の原因を生ぜしめ、
今世では、その「トラウマ」を解消するための「課題」を解決する
に必要な、今世の相手役として彗星の如く登場して、僕の【意識】
の大半を占めるに至った女性(=魂)は、遠方におられ、その方の
お気持ち(ご意志)を尊重し、現時点で僕からは連絡を控えている
のです。従って、既述の、前世療法で確認したヴィジョンの内容や
それが今世に及ぼしている影響と課題等に関し、残念ながらこちら
から彼女にお伝えできない状況です。心痛を覚える程にもどかしい
のですが、こればかりは相手の方のお気持ち(ご意志)ひとつなの
で、今の僕にはどうしようもないことなのです…。

 その方から僕に連絡がくる、将来の可能性にかける外ありません
が、あるいは、【代役】を務める女性が、僕の今後の人生に登場し、
僕の「トラウマ」が完全に解消されるに至るのか、若しくは完全に
解消された、と確認できる状況が展開するのか…?

 何はともあれ、「魂の旅」は、時空を超え、霊妙不可思議にして
実に奥が深い、と嘆息させられます。宗教教義や用語に疎い僕です
が、仏教用語の「妙法」とは、実はこの「魂の旅」の仕組みのこと
なのでしょうか…?一組の男女(の魂)が、一緒にこの霊妙な「魂
の旅」を人生を通じて深く味わい、真の法悦と幸せに至ることが、
「妙法一致」の本義なのかも…、等々と様々に思いが巡ります…。

 ところで、ブライアン・ワイス博士の著書の翻訳者でもある山川
紘矢・亜希子ご夫妻自身、著述家として何冊か上梓されています。
共著もあれば、単独での著書もあります。

 お二人の著書の中で、僕の知っている範囲で何冊かお薦めしたい
本があります。

 すべての女性に、特にティーンエイジャー(古いかな…)の段階
で「出会ってほしい」と心より願う本が、奥様・亜希子さんの著書
『宇宙で唯一の自分を大切にする方法』(大和書房)です。
 勿論、男性が読んでもそこから得るものは大。

 ご主人・紘矢さんの著書で『輪廻転生を信じると人生が変わる』
(ダイヤモンド社)は、全ての方にお薦めします。

 上記2冊とも、手許に常置しておきたくなるほど、心に響く珠玉
の言葉とメッセージが横溢していますし、そこに描かれている驚き
の実話やエピソードなども、実に読み応えがあります。

 共著としては、たぶんこれが最新刊でしょう、丁度一年ほど前に
上梓された『魂のことば』(廣済堂出版)。そして、2年程前に上梓
された『出会った人が運命の人』(マイナビ)。

 内容が「真理」であり、すべて「正しい」、などと自分で感じた
から、ということではなく、だから、そのようなことを申し上げる
つもりも無論ありません。感じたり、考えたりする上での「材料」、
「叩き台」として好適の本、くらいの感覚で手に取ってご覧になら
れては、とお薦めする次第です。

 山川ご夫妻自身のご著書があることを知らずにいたので、僕自身
2週間程前に初めて手にしたばかり。読んだ端から推薦したくなる
かもしれませんが、内容を読まないでお薦めするようなことはしま
せん。きちんと自分でも読んだ上でこうしてお伝えしています。
 もっと早く気付いて、読んでおくべきだったかな、と少々残念な
思いも去来しますが、山川ご夫妻ならそんな時、「気付くべき最良
の時に気付いたんだね」とおっしゃるのではないでしょうか。

 閑話休題
 当店のメインカレンダーは「旧暦(=月暦<太陰暦>)」です。
それによると、新年元旦は今月の19日(木)です。たまたまです
が、20日(金)に【新年会】が予定されています。【新年会】に
しては時期が遅過ぎるやに思われますが、旧暦では正月2日という
ことですから、【新年会】と称するに、正に相応しいタイミングで
開催される訳ですネ!

 では皆様、どうぞお健やかに新年をお迎え下さいますように!

 このページをご訪問下さったすべての皆様が、素晴らしい本とも
「ご縁」が結ばれ、個々の方にベストのタイミングで「気付き」の
きっかけが訪れますよう、ご祈念・ご期待申し上げております。
いつも当店にご来訪下さり、本当にありがとうございます!
                         (p^_^)p

       ※ 商品価格の総額表示について

一部については、準備が整うまで暫くは、従来表示のまま本体価格
(定価)表示のみ、または消費税額5%での旧税込価格、本体価格
並記での表示です。実際には本体に消費税8%が上乗せされます。
お客様各位の御理解を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

            ●     ●     ●

 掲示板「Waiting BAR せるふぃ〜ゆ」でゆっくりおしゃべりをして
いきませんか?お好きなテーマでご自由に書き込んでみてください。
みなさまのご利用をお待ちしております。なお、商業主義的書き込み
や良俗に悖ると判断される書き込みは削除させていただきますので、
予めご了承下さい。

        〜 営業時間と定休日について 〜

当店営業日の開店時間は通常 10:00〜18:00。定休日は、
毎月第1、3、5日曜日(奇数番目の日曜日)と祝日法による休日に
該当・指定の月曜日です。
 前もって御連絡を頂ければ時間外(休業日)でも営業できる場合
がございます。どうぞお気軽にお申し付けください。

      今後(〜平成27年2月)の休業等の予定

平成27年
 2月15日(日)定 休
   20日(金)時間休業(14:45〜)
   26日(木)臨時休業

 3月 1日(日)定 休
   14日(土)臨時休業
   15日(日)定 休
   26日(木)臨時休業
   29日(日)定 休

 4月 5日(日)定 休
    6日(月)臨時休業
   19日(日)定 休
   28日(火)臨時休業

 5月 2日(土)臨時休業
    3日(日)定 休
    4日(月)定 休(みどりの日)
   17日(日)定 休
   28日(木)臨時休業
   31日(日)定 休

カテゴリ[ HPインフォメーション]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません