15/07/14 14:17

平成27年7月14日更新分

当店HP上の【商品情報】は、事情により「更新」が滞っております。

  廃番になっている商品や価格が変わっている商品もございます。

  上記に該当の商品が含まれた内容でご注文を頂いた場合、当店より
  最新の商品データに基づいた「受注内容確認」をお伝えします。
  その内容でお客様のご了解を頂くまでは「仮注文」の状態です。

  以上、何卒ご了承の上、ご注文下さいませ。

  なお、最新の商品情報については、下記各仕入れ先様のホーム
 ページを通じてご確認頂くこともできます。

  <当店の商品仕入れ先様>

   ★ ラメール(オプティピュア) 様
   ☆ 信州自然村 様
   ★ オーサワジャパン 様
   ☆ ムソー 様
   ★ 恒 食 様
   ☆ まるも(ビバ) 様
   ★ フローラ 様
   ☆ 自然健康社 様
   ★ ジュポンコーポレーション 様
   ☆ シーナコーポレーション 様
   ★ 森修焼 様
   ☆ インターテクノ 様
   ★ スピカコーポレーション 様
   ☆ 日本オリーブ 様
   ★ カミツレ研究所 様
   ☆ ライブコットン 様
   ★ ジュゲン 様
   ☆ 黒姫和漢薬研究所 様
   ★ タカマ 様
   ☆ 早川酵素飲料研究所 様
   ★ ミヤトウ野草研究所(野草酵素) 様
   ☆ エイエムシイ 様
   ★ I.P.S生命科学研究所 様
   ☆ 益久染織研究所 様
   ★ プロ・アクティブ 様
   ☆ 丹羽メディカル研究所 様
   ★ 日本アクティブ 様
   ☆ フューチャー・テクノロジー 様(旧:ユウテック)
   ★ 生体エネルギー研究所 様( マルセイ 様)
   ☆ FJ生命ウェルネス 様
   ★ ナチュラルハウス 様
   ☆ イーエム ジャパン 様
   ★ FUJIX 様

    以上の各社で製造、卸されている商品は基本的にすべて当店
    で取り扱っております。当店ホームページ上になくても受注
    &販売させて頂きますので、お気軽にご注文、お問い合わせ
    下さいませ!

  ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※

  今年も早いもので、既に半分以上過ぎてしまいました。
 丁度5ヶ月振りの更新になります。いつも済みません<(_._)>

 一週間ほど前ですが、日本を代表するスピリチュアル研究・実践
の第一人者・飯田史彦先生の講演を長野市内で拝聴しました。

 会場で、数年ぶり、という方にも遇えたりして、講演の中で語ら
れた「余程の【ご縁】があって今生で出会っている」という先生の
言葉をしみじみ噛み締めた次第です。

 ご縁を頂いた、おひとりおひとりのお客様にしっかり向き合う、
という当店の基本ポリシーがちょっぴりスピリチュアル的要素と結
びついている感じもして、初心に立ち返らせて頂けた気がします。

 気分一新、日々の諸事に関わっていこう、と改めて自分の気持ち
を引き締めることができました。

 こんなこと書いたら、飯田先生に失礼かもしれませんが、先生の
傍に居て<僕のキャラと先生のキャラ、何となく似ているなんじゃ
ないかな>と感じちゃったんですよ。結構真面目な顔して、「なん
ちゃって」ギャグとも受け取れそうな言い方をするところとか…。
(笑)

 真面目なのか不真面目なのかときどき判らなくなる、と評される
こともある僕は、謙虚なのか尊大なのかよくわからない、と不思議
な印象も持たれたりします。そんなちょっとミステリアス(?)な
キャラが、なんか先生と似ているような気がするんです。

 きっと背景にあるのは、評価を気にしているようで、実は基本的
に全然気にしていない性格にあるのだろうと思います。飯田先生も
そうだし、臨死体験した友人もそうだし、ま、僕も不思議体験して
いるから同様ですが、何故かこの手の体験をして、ある種「悟り」
の領域を知ってしまったタイプの人って、他者から如何に見られる
か、評されるか、ということに基本「無頓着」になるように思われ
ます。逆に、他のことや他人を評価しよう、ともしなくなる。

 無関心、と誤解されそうですが、他人がどういう存在であるかは
まあ基本的にどうでもいいよ、っていう感覚なんですね。大切なの
は【自分がどうあるのか】であり、かつ【(そこに、尊い)存在が
ある】のだ、という意識が先行するのです。

 他人がどうであるか、に意識が向かないということは即ち、全て
の人間存在を一切差別しないし、相手のありようによって、こちら
の態度や対応も基本的に変わらない、ことになるのです。「差」を
つけない、つまり【さとり】ということなのでしょうか…。

 振り返れば8年前、図書館で中身も見ぬままたまたま借り出した
本が飯田史彦先生の「生きがいの創造 パート2」でした。まさか、
自分と同じような「不思議な体験」をした人がいたとは!との驚き
と、その事実を自分だけの中に留めて、誰にも告げずに生きてきた
こと、など類似点のあまりの多さに、ぜひ一度、この飯田史彦さん
という人にお会いしたい!と強く願ったものでした。

 その年は、実にいろいろなシンクロニシティとセレンディピティ
があとからあとから連鎖的に僕の周りで生起し、それに翻弄される
にして、たぶん人生が「導かれた」に違いありません。大変遅まき
ながら、自分に飛び込んでくるメッセージを受諾し、流れに委ね、
天の導きを信じて生きよう、と決めたのでした。あの二十歳の神秘
体験の時から、実際にはそうすべきだったのでしょうね。ちょっと
手遅れだったかな、との感は否めませんけど。

 飯田先生は二十歳の時の神秘体験以来、受け取ったメッセージを
しっかりと尊重し、それに応えて生きていらした訳ですから、僕も
そうしたのであれば、また随分違う人生を歩んで来たことでしょう。

 それにしても、是非一度お会いしたい、と念じ始めて丸8年…。
本当にそれが実現したのは本当に凄いことだと思います。会いたい
と願いつつ、会う為に強いて努力したり手を尽くす、といったこと
は一切してきていません。まさしく、すべてを「流れ」のままに委
ねて、8年後に実現した訳です。出会うべくして、出会うべき時に
出会いたいという願いが叶った、と感慨も一入です。

 先生のご講演の内容は、いちいち頷けることばかりで、自分でも
きっと同じようなことを言うだろうな、という話をされている部分
等は、まるで代弁してもらっているようでもありました。話を聴き
ながら、身体中の全細胞が、そして魂もが、欣喜雀躍しているかの
ような高揚感を味わっていたことを思い出します。

 目に見えないし、検証もできないことをいいことに、いい加減な
ことを言いたい放題吹聴しながら「スピリチュアル」という言葉で
自らの怪しい言動を粉飾し、就中、それでお金を貰って<商売>し
たり、人生を勝手に誘導したり、コントロールするような【非道】
をやっている似非スピリチュアル系の有象無象、皆さんの身近にも
いるのではありませんか?

 スピリチュアルを僭称し、ビジネスに利用している「自称スピリ
チュアル」な人々には、完全なウ゛ォランティアで人々に愛と希望
与える活動に勤しまれている飯田史彦先生の言葉に触れて、大いに
自省して頂きたいものです。

 常々、本当のことを知りたければ、臨死体験者か変性意識体験者
に問い掛ければいい、と人にも言い、自分自身もそう思ってきた。
飯田先生のお話を伺って、それで間違いなさそうだ、と確信に近い
思いに至りました。彼らこそ、【悟りの世界】を垣間見た(あえて
【悟った】とまでは申しません…)希少な体験者であり、その彼ら
の生き方や価値観から多くを得られる筈です。

 「いくら本を読んで自分の頭で理解しようとしても、宇宙の真理
を理解することは不可能」「不可能、と知るところから、真に人生
を前向きに生きることが始まる」「大事なのは真理ではなくて、前
向きに生きる、ということ」「勉強をする、というのはあくまでも
道具です。人生を前向きに生きる、という目的を忘れてしまって、
何とか真理を知りたい、真理を知りたい、と本来道具である手段に
過ぎないことに命をかけてしまっている人が一杯いる」「そんなの
(真理を知ること)不可能なんですから、ひとかけらの真理でいい
から、或は真理のようなものでいいから、人生を前向きに生きる」
「真に人を救うのは何か、それは薬でも、スピリチュアルな力=霊
能力、なんてものでもなくて、愛と希望を与えること」等、思わず
肯んじてしまう言葉が多々、先生の口から発せられました。

 読書も講演もセミナー、ワークショップ等も、所詮は【経験値】
でしかない。経験値を上げること自体に意味はない筈なのに、それ
自体に価値があるかのように、あれもこれもそれも、と追い求め、
知りたがり、やりたがる人、あるいはこれらの経験・体験を他者に
語りたがったり、ビジネスとして、金儲けとしての動機から奨める
人もいる。こういう人達は、他者との比較・相対の世界にどっぷり
と漬かっている<事実>、【さとり】からはほど遠い生き方をして
いる<自分>、に気付かないのか、気付きたくもないのか…。

 気付きたくない、といえば、「悟り」だの「真理」なんて自分に
は無縁、そんなことどうでもいいじゃん<●◯食らえ>!っていう
位、スピリチュアルに無関心でいた自分が、20歳の時の神秘体験
で、価値観の大転換が起こり、<生まれ変わったかのように>中身
がすっかり入れ替わったような感覚を覚えたことを思えば、誰しも
いきなり<Something great>を実感し、「さとり」の世界を垣間
みる体験をし、価値観も生き方も振る舞いも別人に生まれ変わって
しまう可能性を持っている筈ですね。

 夫々に人生計画をたてて地上に生まれてきたなら、気付きの時期
も個々に設定していることでしょう。

 お互い、それを尊重すべきなのでしょうね。他人の人生にお節介
な容喙は控えるべきでしょう…。となると、僕が上に記したことは
マズいかもしれませんね…。反省しないと…。済みません…。
<(_._)>

 そもそも「魂」はみんな判っている。判っていながら、わざわざ
人間として、<判っていない>ような人生を演じているらしい…。
だから、霊的レウ゛ェルが云々…、なんて話は意味が無いみたい。

閑話休題
 ひさしぶりに当店の本来業務に関連のある情報をお伝えします。
 5月から「水素入浴剤」の取扱いを始めました。驚いたことには
当店の80代のお客様が、この入浴剤を入れたお風呂のお湯で毎日
髪を洗っていたら、20日程で髪が黒く変わってきたのです。配達
で伺った僕も、ご本人の髪が黒くなってきたのを目の当たりにして
吃驚してしまったのでした。
 おりしも、先月の中頃でしたでしょうか。週刊「女性セブン」に
「水素入浴剤と水素サプリを愛用されている藤原紀香さん」という
内容の記事がでていました。やはり美容にいいようです。
 ちなみに「水素水生成器」も今月から取扱いを始めました。当店
ではご来店のお客様が希望されればご試飲いただいております。

 さて、当店と関係のない、でも個人的にお薦めの情報を最後に。

 もう目前ですが、7月18〜20日の連休期間、新潟県上越市の
五智海岸で、毎年恒例の「砂浴」があり、僕も参加する予定です。
身体の「毒だし」に有効で、難病が軽快した事例もあります。宿泊
費を除くと、「海の家」の使用料のみで、手軽に安価に排毒したい
方にはお勧めいたします。宿泊希望の方は急いで下さい。日帰りの
方は当日現地参加でも大丈夫です。

 来月8月12日(水)18:30〜、長野市に隣接する小布施町
の「栗が丘クリニック」で、映画【かみさまとのやくそく】上映会
があります。前売り券は安くなります。下記サイトでご確認の上、
ご希望の方はお申し込み下さい。

   http://www.kurigaoka-clinic.com/event.html

 この映画、8月は28日(金)と29日(土)にも長野市で上映
会が予定されています。こちらの主催者は全く面識がないのですが
映画自体はお勧めですから、鑑賞したいけど、12日は都合がつか
ない…という方は、こちらの上映会でご覧下さいませ。

   https://moms-sun.com/index.php?app=event&id=36
   https://moms-sun.com/index.php?app=event&id=37
   https://moms-sun.com/index.php?app=event&id=38
   https://moms-sun.com/index.php?app=event&id=39
 
 このページをご訪問下さったすべての皆様が、日々素晴らしい
「ご縁」を結ばれ、個々の方にベストのタイミングで「気付き」
のきっかけが訪れるといいですネ!
いつも当店にご来訪下さり、本当にありがとうございます!
                         (p^_^)p

       ※ 商品価格の総額表示について

一部については、準備が整うまで暫くは、従来表示のまま本体価格
(定価)表示のみ、または消費税額5%での旧税込価格、本体価格
並記での表示です。実際には本体に消費税8%が上乗せされます。
お客様各位の御理解を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

            ●     ●     ●

 掲示板「Waiting BAR せるふぃ〜ゆ」でゆっくりおしゃべりをして
いきませんか?お好きなテーマでご自由に書き込んでみてください。
みなさまのご利用をお待ちしております。なお、商業主義的書き込み
や良俗に悖ると判断される書き込みは削除させていただきますので、
予めご了承下さい。

        〜 営業時間と定休日について 〜

当店営業日の開店時間は通常 10:00〜18:00。定休日は、
 毎月第1、3、5日曜日(奇数番目の日曜日)と祝日法による休日に
該当・指定の月曜日です。
 前もって御連絡を頂ければ時間外(休業日)でも営業できる場合が
ございます。どうぞお気軽にお申し付けください。

      今後(〜平成27年10月)の休業等の予定

平成27年
 7月17日(金)時間休業(12:00〜)
   19日(日)定 休
   20日(月)定 休(海の日)
   29日(水)臨時休業
   30日(木)臨時休業

 8月 2日(日)定 休
   12〜15日(水〜土)お盆休み
   16日(日)定 休
   17日(月)時間休業(12:00〜)
   30日(日)定 休

 9月 6日(日)定 休
   17日(木)時間休業(12:00〜)
   20日(日)定 休
   21日(月)定 休(敬老の日)
   28日(月)臨時休業

10月 3日(土)時間休業(12〜17時)
    4日(日)定 休
   12日(月)定 休(体育の日)
   17日(土)時間休業(12:00〜)
   25日(日)振替休業(定休日の振替)

カテゴリ[ HPインフォメーション]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません