09/07/28 14:55

制作建具



S様邸では内装工事が進んでいます。
照明やスイッチ、衛生設備等が設置され、着々と完成に近づいてい
ます!

今日私が、S様邸の現場を訪れると、見慣れない“なにか”がホール
の床に落ちていました。クラッカーのなかの色紙のような、くるくるした
細長いもの。
よくよく見てみると…、
「カンナくずだ!」

意外に思うかもしれませんが、私が現場でカンナくずを見るのはこれが
初めてです!
というのも、現在の一般住宅では、ほとんどの建具や構造材、仕上げ
材が工場で作られた既製品で、現場ではそれらの微調整を行うだけ。
大工さんがカンナをかける機会は非常に少ないのです。

しかしS様邸では、既製品は使わず、室内ドアや建具はすべて手作り。
職人さんが手作業で、ひとつひとつ制作していきます。

私が現場に行ったときは、職人さんがカンナやノミを使って、表面や面
(材木の角の加工)の微調整を行い、シャーッとカンナをかけて、大手
(枠)を平滑に仕上げていました。

今回、職人さんが作ったものを見て、新鮮な印象を受けました。
仕上がった建具は、プリントされた木目調の建具と比べると、違いが一
目瞭然。
存在感があり見栄えがします。

やっぱり本物っていいですね。

 

職人さんが使っていたカンナやノミ。カンナの周りにはカンナくずも。



玄関周りのタイル貼りも終了♪
外壁と同じ、ウエスタンレッドシダーを使った玄関ドアが付きます。



将来この場所に暖炉が設置される予定です。
タイル貼りの土台は、暖炉の存在を引き立ててくれます。

カテゴリ[ S様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/07/22 13:25

クロス貼り完了



今日は、今世紀最長の日食が起こる日ですね!
軽井沢の空は、あいにくの薄曇りです。
私も日食が見られれば・・・と、10時半ごろから(軽井沢では10時
半から11時ごろに見られると言われていたのです)窓の外を注意
していたのですが、空がちょっと暗くなったかなあ、というくら
いで
した。
みなさんはいかがでしたか♪

S様邸は、壁のクロス貼りが完了し、LDK内の足場が撤去されま
した。LDKの吹き抜けは高さ約5.8m!
約26畳のLDKと、約16畳の小屋裏が一体となり、大空間が広がっ
ています。

さて、クロス貼りといえば、積算です。
積算とはズバリ、あつめて計算すること。

クロスの積算では、家全体でどのくらいのクロスが必要になるの
か、それぞれの個室ごとにはじき出します。(必要な分量がわか
らないとクロスを注文できないのです)

まず図面を元に、その部屋の壁の面積を算出します。
窓やドアがある場合は、その面積を差し引きます。
計算式にすると『壁面積−建具面積=クロス面積』。
たとえば、正方形の4.5帖の納戸、1m×2mのドアが一箇所の場
合を想定してみると…。


<ドアがない壁>
幅:およそ2.73m 天井高:およそ2.4m 
2.73×2.4=6.552(?)

<ドアがある壁>
ドア面積:1m×2m=2?
2.73m×2.4m−2?=4.552?

<部屋全体>
(6.552?×3面)+(4.552?×1面)=24.208?


上記のような部屋では、全部で約25?のクロスを貼ることになり
ます。

このように家全体の壁紙を、根気よく算出していくのです。

難しいのは、複雑な形をした壁や、勾配のついた天井がある部屋!
小学校で習った計算式『(上底+下底)×高さ÷2』や『縦×横×高さ÷2』
なども活用します。「将来、この計算式を使うことはあるのかなぁ」
と思いながら、勉強しましたが…よく使います

家の中がどのような仕上げ・形状なっていて、どこの計算をしたの
か、把握していなければなりません。

計算の内容はいたって単純だけど、家全体の数量となるとA3サ
イズの用紙が計算式でびっちりと埋まるほど計算するのです…!
建築って一見すると華やかだけど、「地道な作業の積み重ねなん
だなぁ」としみじみ思いながら、電卓と図面を片手に計算をします。

このようにして出した面積をクロス屋さんに注文をして、職人さん
の手によって貼られ、壁の仕上げをするのです。


7/15のクロス貼りの様子。


ここにキッチンが設置されます。(8/1に設置予定)
壁紙が貼られていない部分には、キッチンパネルが付きます!



浴室には設備が揃いました♪

カテゴリ[ S様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/07/17 16:49

O様邸お引渡し



本日、O様邸のお引渡しです!

前夜から降り続いていた雨も、陽が高くのぼる頃にはスッキリと
晴れ、夏空が広がりました。
大安吉日、青天白日。
絶好の“お引渡し”日和です。
O様ご夫婦も軽井沢の青空を見て、嬉しそうです!

午後2時。
営業所での打ち合わせののち、楓ヶ原分譲地内のO様邸へ。

いつになく大勢の人がO様邸の周りにいました!
キッチンやユニットバス、設備などの説明をするため、各業者さん
たちが集まっていたのです。
「いよいよお引き渡しなんだなぁ。」
と私ひとりだけソワソワ…。

まず、所長が家の鍵をO様(奥様)にお渡しし、鍵やサムターン(
室内側の鍵のつまみ)の取り扱い方を説明しました。その後、各
業者さんも立ち会い、各種器具の操作方法、設備の位置、外出
時の留意点などを事細かに伝えました。

O様ご夫婦は、最後まで根気よく耳を傾けて下さいました。取扱
説明書や建物引渡書をまとめたファイルは、厚さが8cmもあり、
すべての説明が終わるまでに30分ほどかかるのです。

できたての家に入り、「よく風が通るね。」
「クーラーとは違う、この涼しさがいい。」とO様。

軽井沢だからこその風土が、ここにあります。
町を覆う神秘的な霧、澄みわたる高い空、赤く燃えるような紅葉、
ぎゅっと踏みしめる雪。一年中を通して、四季が身近に感じられま
す。(私は進学のため県外に出たので、今しみじみそれを感じて
います)

4月から始まった工事も無事、お引渡しの日を迎えることができま
した。O様、関係会社の皆様、本当にありがとうございました。


お引き渡しの説明の真っ只中です。


南欧を思わせる外壁。カラー名は「シェールピーチ」。
青い空によく映えます。

カテゴリ[ O様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/07/14 14:03

大掃除!パート2



内装工事・設備の器具づけがほぼ終了し、O様邸はお引渡し間
近となりました。
お引渡しにそなえて、今日は丸一日、大掃除!建築部長と軽井
沢営業所スタッフ総出で取り掛かりました。

前回(6/23ブログ参照)、建築部長とミドリ先輩が大掃除をしたと
あります。が、工事の過程でまた大量の木屑が出てきました。
その木屑の除去に加え、雑巾がけ、窓拭き…と家中を徹底的に
磨き上げるのです。

まずはフローリングの養生(仕上げ材の傷防止用の保護材)を取
り去ります。この作業は必ず家の奥から始めなくてはなりません。
手前から養生を運び出してしまうと、出入りや移動の多くなる場
所なので、道具を落として傷つける危険性が高くなってしまうから
です。

養生の周りを留めているテープを慎重にはがしていくと、板の養
生の下にはロール状の紙が敷かれていました。
なんと二重に養生がなされていたのです!
てっきり板だけだと思っていたので、大工さんたちの几帳面さを
感じました。

板を室外に運び出し、ロール状の紙をくるくる巻きながら剥がして
いきます。
この仕事がかな〜り楽しい!
ゆで卵の皮をむいている感覚に近い快感があります。

こうして養生を取り去ると、つやつやなフローリングがあらわれま
した。

しかし、フローリングの目地に詰まった木屑ちゃんたち…は、簡
単にはどいてくれません。隙間に入り込んだ木屑は、空気を噴射
する機械を使って吹き飛ばします。

この機械さえあれば、サッシの枠に入っていても、部屋のスミに
入り込んでいても、あっという間に一掃できます。
こうしてキレイになったフローリングは思わず寝ころびたくなる気
持ちよさです!

こうして建具、ユニットバス、キッチン、外壁から窓ガラス。ありと
あらゆる箇所を掃除しました。
朝9時から始めた大掃除が終わったのは、3時過ぎ。
家の外も中もピッカピカになり、本当に気持ちいいです。

引き渡しの日は、もうすぐです。


南欧を思わせるカントリー調の玄関♪


お施主様こだわりのダイニングの照明。
かわいらしい雰囲気です!


キッチンカウンターにはガラスの戸。
調理時の煙はシャットアウトしつつ、ダイニングの様子もうかがえます!


カテゴリ[ O様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/07/08 16:15

モミジの権利



S様邸は、ついに足場が取り外されました!

午後から3人の職人さんが作業をして、手際の良いチームワーク
で足場を解体しました。

3ヶ月前まで、まっさらだったこの土地に『家』が建っています。
建築部長の補佐として、遣り方(4/10ブログ参照)を行った日
から
考えると、「い、家だ…家がある!!」と驚いてしまいます。
平面的な図面から、立体的な建物になる。まるで魔法のようです。


S様邸のすぐ南側には樹齢5〜6年のモミジの木があります。この
モミジは、ここに家
が建つ前から、この場所にありました。

最初、この木を見たとき、
「南側に立っているのでは、陽の光りを
遮ってしまう」と思いました。けれど、モミジは落葉樹。夏は葉を
茂らせ、強い陽射しを遮り、冬は葉を落とし、あたたかな陽を取り
込むのです。しかも、秋には紅葉をして、ウッドデッキを彩ってくれ
ます。

S様邸の設計者、甘利享一さんの計らいで、このモミジは移動さ
せることなくこの場所にあります。
「もともとこの土地にある
木。このモミジこそ、ここに生きる権利が
ある」と、甘利さん。

「自然とともにあるからこそ、建築の意味がある」と語る甘利さん
の建築への想いを感じました。

 
外の足場は解体されましたが、室内では、本日新たに足場を設置。
5メートルを超える吹き抜けの、仕上げ作業用になります。


無垢の太い梁と天井。やさしい質感に癒されます♪


ヒノキの浴槽も設置されました。湯気の向こうに浅間山!
たまらないひとときになりそう。


カテゴリ[ S様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/07/07 15:05

玄関床仕上げ

軽井沢の小学校では、プール開きが行われたようで子どもたちの
な声が聞こえてきました!梅雨が明けたら、夏はすぐそこ。
カラッと晴れた陽気が待ち遠しいですね。


工事の工程も残りわずかとなったO様邸。
建具ドアやキッチンも取り付けられ、竣工間近となりました。
今日のO様邸は、玄関の床仕上げが進んでいます。玄関ポーチ
は半円形を描いており、温かみのある可愛らしい雰囲気の外観
と調和しています。


タイルとタイルの間には目地と呼ばれる、材料の継ぎ目がありま
す。目地には大きく分けて2タイプあり、ある程度の間隔を取り充
填材を詰めるものと、隙間なく施工するものがあります。



O様邸は前者で施工され、目地を揃えて敷き詰めていきます。
(上写真)その名も通し目地。芋目地(いもめじ)とも呼ばれます。
その語源は、お芋の根っこが規則正しく並んで伸びているさまに
似ているところから来ているそう!芋ではなく、根っこ…根っこ目
地ではないのですね。


タイルの張り方は圧着張り工法と呼ばれる工法で行われました。
コンクリート面に下地としてモルタルを塗り、目地を通しながら敷き
詰めます。半円形にかかる部分などは、その曲線に合わせてタイ
ルカッターで加工をします。


カッターを使いこなし、作られる優しい曲線。職人技が光ります。


着々と完成に近づく玄関ポーチ。工事の工程は、残りわずか。来
たる17日、お引渡しです!



玄関ポーチのブラケット。
ランタンを思わせる可愛らしいデザイン。飴色のガラスに、光がど
う灯るのが楽しみです!


キッチンの設置も完了。
向かい側には食器棚があり、お皿の取り出しもラクラク♪

カテゴリ[ O様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/07/02 10:04

天井仕上げ

S様邸では、天井の仕上げ作業が大詰めです!
意外と天井は見逃しがちですが、天井も興味深いのです。
天井を張る工法にはいくつかあり、S様邸は打ち上げ天井工法で
張られています。なんとも景気の良いフレーズ!
天井板を野縁(受け材)に下から打ちつけて仕上げます。



まだ仕上がっていない天井を見ると何やらテープが垂れ下がって
いる…。
ちょうど大工さんが休憩に入ったので、テープの写真をおさめ、
聞いてみました。
「このテープは一体何ですか!何か書いてあるのですが…」
「どれ。」(デジカメの液晶を見せ)
「グラニタイト?」



私が言うと大工さんは、はははと高らかに笑い、
「ダウンライトだよ。」
…ダウンライト!

「電気屋さんのしるしだ。ここにダウンライトを付けるから、野縁が
この場所を通らないようにしてくれってこと。」
なるほど〜!多くの職人さんが入る現場では、いちいち説明する
ことは出来ないのでこのように、テープ等に託して伝えるのです。



野縁を打つときの基準となる水平線。
引かれたラインは、天井の高さではなく、カラマツ板の厚さを差し
引いた高さ!仕上げをしてこそ、天井高さ。

 
この道50年の大工さんにより張られた天井。
長尺のカラマツ板は、その長さ3m90cm。
採寸をして、天井の幅に加工をします。

カテゴリ[ S様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/07/02 10:01

24時間換気システム

新入社員のサカナです。
7月になりましたね!今年は梅雨の時期がはっきりしていますね。

O様邸は内装工事が終了し、設備の器具づけ(キッチン・照明設
備の設置)をするまで一時の静けさが流れています。

皆さんは、24時間換気システムをご存知でしょうか?
そう!室内の空気を一日中、換気すること。(ズバリ)

室内の空気を正常に保つため、必要な換気量が定められていま
す。高気密・高断熱の住宅には、すきま風なんか入りません!
気密が高いことにより、新鮮な空気が入りにくく、汚れた空気は
逃げにくくなります。シックハウス症候群(新築や改築直後の室
内空気汚染によって引き起こされる症状)の起因のひとつになって
います。

そのために、定められたのが必要換気量
室内の空気を衛生的に保つため、換気する必要がある空気の量
のことです。室内を含め、家中の空気を交換するための吸気と換
気のシステムが必要となります。

窓を閉め切っていても、空気を交換できるのかな?
と内心、不思議に思いましたが、
よくよく見ると!家の中には、空気の通り道があるのです。

例えばドアの下

1、2センチ開いているのです。

例えば壁

姿形も進化した通気口。このタイプはプッシュ式で必要に応じて、
吸気量を変えることができます!

換気口から吸気した空気は、ドアの下を通り抜け、キッチンや浴
室、トイレの換気扇から排気されるのです。まさに計算尽く!
住宅も私たちも呼吸しているのですね。


室外側の通気口のようす。
雨水が入らない形状。

カテゴリ[ O様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0]