09/11/24 15:08

基礎工事

M様邸の新築工事がいよいよ始まりました!

まずは、建物の土台となる『基礎工事』です。
基礎…と聞くと、応用もありそうですが、
『応用工事』はありません。(ズバリ)

基礎は、建物の重さを地面に伝えて、雨や地面からの湿気から
建物を守ります。
大事な役目を果たす土台。
基礎があってこその応用…ではなく、建物です!


コンクリートを流す前の基礎。
ジャングルジムのように立ち上がっているのは、鉄筋です。表面が
デコボコしている異形鉄筋を使っています。引っ張ろうとしても、抜
けにくい性質があります。
いつも目にするコンクリートの下には、骨ともいうべきこの鉄筋が規
則正しく並んでいたのです。

コンクリートと鉄筋。
じつは、とっても相性のいいコンビなのです!
コンクリートの性質は、圧縮力に強くて引っ張る力には弱い。
それと反対に、鉄筋は、圧縮力に弱くて引っ張る力には強い。
コンクリートと鉄筋には、それぞれの長所短所を補っていたのです。

そして、熱膨張率もほぼ同じ!
温度の高い夏の日はそれぞれ同じくらい膨張をします。もし、それ
ぞれが異なる膨張率だと、どちらかが多く膨らみ表面が割れて、
劣化の原因を引き起こしてしまいます。

お互いの良い性質を利用しているので、とても頑丈。
鉄筋コンクリート基礎は、家をしっかりと支えてくれます。


12月からは、建方が始まるM様邸!これから竣工までの約5ヵ月
間、随時現場の状況をブログでお知らせしていく予定です。(完成
まで楽しみっ!)
どんな工程があるのか、どんなお家になるのか…みなさま、お楽しみに♪



第一回目のコンクリート打設!建物の奥から手前に進めます。
二回目には、立ち上がり部分に打設します。


金ゴテと使って均された表面は、見事なまでに平坦!

カテゴリ[ M様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/11/16 15:09

M様邸、地鎮祭!



今日は、軽井沢・楓ヶ原分譲地内にてM様邸の地鎮祭です!
新築住宅の建築に先立ち行いました。
地鎮祭は、「土木、建築
などの工事をする時、関係者が集まって土地の神をまつり、工事
の無事進行を祈願する祭儀。」(百科事典)です。

参加者は、お施主様ご夫婦、神主さん、弊社より軽井沢営業所
所長、施工担当者、私の7名。
4本の竹を立てて、しめ縄を張り、お供え物をして準備完了です。

予定していた時刻を迎え、神主さんのお祓い、「かしこみ〜かし
こみ〜」と祝詞(のりと)をあげて、地鎮祭が始まりました。
(詳しい流れは、3/12ブログ参照)

まず、「建物を建てます」ということを告げます。
これから数十年住んでいくため、この土地に住む神様に挨拶をす
るのです。神主さんの唱えている祝詞をよくよく聞いていると、
「(お施主様のお名前)〜」「株式会社 黒澤組〜」の言葉が入っ
ていました!
そのあと土地の四方にお清めとして米をまきます。

そして、設計担当の所長による刈初(かりそめ)、お施主様ご夫婦
による鍬入
(くわいれ)、施工担当者による穿初(うがちぞめ)を行
います。

刈初は鎌(かま)、鍬入は鍬(くわ)、穿初はスコップを使って
「えい!えい!えい!」の掛声とともに、盛砂に鍬入れをします。

次に、玉串(たまぐし)を祭壇に捧げて、二礼二拍手一礼。
参加者全員、順番に行います。
最後に祝詞をあげて、お施主様ご夫妻が四方にお神酒をまき儀
式は終了です。 (全体で40分くらいでした)


こうして参加してみると、『式』と付く儀式の大切さを実感します!
一緒に参加をすることにより、「素敵な家を建てるぞ!」という目標
や、同じ目標を持つことの一体感が生まれるように思います。


地鎮祭を終えて、志は皆同じ。
「工事が無事に終わり、素敵な家が完成しますように。
M様ご家族がいつまでも幸せに軽井沢で暮らせますように!」
この土地の神様、どうぞ見守っていてください。


お施主様の愛犬ゴン太ちゃん
地鎮祭の最中も静かに、いっしょに参加をしていました♪

カテゴリ[ M様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/11/09 13:37

N様邸、お引渡し間近!


11月に入りましたね。
軽井沢は初雪を迎え、冬の気配がしています。
朝方の冷え込みは本日5℃!(8時30分ごろ)
朝の気温に合わせて服を着込むと、気温が上がる日中は熱いです。
皆さんは体温調節は万全ですか?

小海町にて新築工事が進んでいた住宅が、いよいよ竣工します!
お引き渡しに向けて、大掃除の真っただ中です。

N様邸は、1階 親世帯、2階 子世帯で過ごす二世帯住宅。
玄関や水廻りもそれぞれ独立しているので、お互いを干渉すること
のない生活スタイルになります。「みそ汁の冷めない距離」にいる
のに、それぞれのプライバシーを確保!

お施主様の了解を得て、お引渡し直前のN様邸を一挙にご紹介い
たします。



白い外壁は左官仕上げ。目を引くダークブラウンのアクセントは、
窯業系サイディング張り。

【1階:親世帯】

玄関を入ると、広々とした廊下。
お施主様こだわりのステンドグラスが印象的。


玄関横のシュークローク。
靴や傘はこちらに収納するので、玄関はスッキリ広々。


親世帯のLDK(16.8畳)。
壁は健康塗り壁。床は無垢のパイン材です。
調湿・消臭効果があるので快適な住空間に。


有効幅の広いドアを採用。
将来を見据えた、介護をしやすい設計です。

【2階:子世帯】

親世帯とは別に構えられた玄関。
ここから、2階や親世帯へと繋がります。


2階のLDK(20畳)。
3つの縦長の窓は、外観のアクセントになっています!


木の質感があるウォールナット調のキッチン。
夕方には、西日が入るので夕飯時も明るく快適です。


ダークブラウンの床やドアを採用し、重厚感のある空間に。


洗面台が2つあるので、朝の身支度に重宝します。
暗くなりがちな部屋の配置も、天窓の明るさと開放感で解消♪


お引渡しは来たる13日です!

カテゴリ[ 新築工事・リフォーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0]