16/06/20 14:13

新生!軽井沢営業所


今日は、住宅の定期検査やメンテナンスで
軽井沢T様邸・M様邸の床下に潜り、午後は小海町Y様邸へ。
高さ30cmの床下も不具合がないか確認しています!
(息切れ必須)


軽井沢といえば!営業所内ではカフェが併設されています。
その名も「cocage cafe(コカゲ カフェ)

玄関で靴を脱いで ゆったりと寛ぐ、おうちカフェです。

以前は軽井沢駅近くにありましたが、
軽井沢営業所1階に移転されています。


自家製ブルーベリージャム付きのスコーンや
オーナーの思いが込もったキーマカレー、
ふきみそを使用したお惣菜ピザなど
ここでしか味わえないラインナップです!

長野県産の野菜をふんだんに使った朝メニューもあるので
軽井沢の爽やかな気候と共に、のんびりと
朝食を楽しんでみてはいかがでしょうか。

多目的ホールではヨガやマルシェ(市場)などのイベントも募集しています!



<cocage cafe(コカゲ カフェ)>
所 在 地  北佐久郡軽井沢町大字長倉2013-1
         黒澤組 軽井沢営業所 1階
電    話  0267-42-3330
営業時間   10:00〜16:00(時間外予約可)
定 休 日  日・月曜日


ちょうど編み物教室が開かれていました。
月に一度、先生も生徒の方も県外から集まるそうです!


2階の個室では、ほぐし処が開設されています。
毎週月曜日10:30〜16:00 60分3,500円〜


焼き物も取り扱っていますので、お気軽にお越しください♪

カテゴリ[ 軽井沢ライフ(夏)]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/06/25 17:14

スウィートグラスアドベンチャー


6月はとても過ごしやすい気候ですね。
アウトドアにぴったりの季節です!

ということで、軽井沢のレジャースポット
北軽井沢『フォレストアドベンチャー・あさま』のご紹介♪

浅間高原に広がる8000坪の森林にある
大人から子供まで楽しめる森林樹上冒険施設です!
その名も「スウィートグラスアドベンチャー」

木々の間に設けられたコース内でハーネスを着用し、
命綱をつないで進んでいきます。大自然の中で、
腕や足をたくさん使い、様々なコースを冒険できます!


地上12mをロープで移動したり、
ターザンのように綱を持って、ネットに飛び移るものも!

大人も子どもも楽しめる新しい遊びがいっぱい。
遊びながら、コミュニケーションをはかったり安全を確保したりと、
親子の絆を深められます!
家族やお友達同士のアウトドアにぴったりです♪

フォレストアドベンチャー・あさま
所 在 地  群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1984-43
電    話  0279-84-3369
営業 時間  9:00〜17:00(最終受付15:00〜)※季節によって変わります
利用 料金  大人(18歳以上)3,500円 子ども(小学生〜17歳)2,500円
        6/4〜7/13まで、受付時に晴れなら定価から20%OFF
        雨なら定価から50%OFFのお得なキャンペーン中です!
H       P  http://forest-adventure.jp/



カテゴリ[ 軽井沢ライフ(夏)]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/09/01 16:37

おこしやす白糸の滝


こんにちは!
まだ会社の車の運転に慣れない日々です。
これまでマニュアル車ばかり乗っていたので、思わずクラッチを
踏みそうに、ギアを入れ替えそうになります。
けれど、オートマチック様様!運転は快適です。

さて、車といえばドライブですが、先月のお盆休み中、
軽井沢は白糸の滝へ行ってきました。

軽井沢営業所の裏手の離山通りを直進、六本辻(ろっぽんつじ)の
交差点を過ぎ、旧軽井沢銀座を横目に三笠通りに入ります。
(しばらくすると右手に旧三笠ホテルがあります!)

「これぞ軽井沢!」とも言える森林が左右に生い茂る道を走ると、
白糸ハイランドウェイに入ります。

急勾配の山道を9キロほど進むと到着です。
道沿い20メートル程にわたって無料の駐車スペースがあるので
通行人に注意しながら駐車します。
(観光地とあって県外ナンバーの車が多かった!)

そして徒歩で数十メートル登ると、写真でよく見たあの景色が!
白糸という名前の通り、浅間山の伏流水が岩の間から糸のように
細く流れている滝です。
天気に左右されることなく、いつも水は澄んでいるそう。
(紅葉や冬の季節にも見てみたい!)

駐車場近くの売店では、川魚の塩焼きやおやきなどもあるので
目でも舌でも楽しめる観光スポットです。


水が冷たいこと!
エメラルドグリーンに澄んでいました。


駐車場から白糸の滝までこんな感じで歩きます。
夏真っ盛りだったのにとても涼しい空間でした。


この日は午前の間だけで白糸の滝を見ることができたので、
鬼押出し園にも行きました。当時の噴火の激しさが伝わってきます。

カテゴリ[ 軽井沢ライフ(夏)]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/07/27 10:45

夏の来客

最近は、「暑いですね〜」が恒例の挨拶になっていますね。
昨日はうなぎ丼を食べましたか♪
しっかりと食べて、暑ーい夏を乗り切りましょう。

さて、まだ梅雨だった今月の中ごろのお話。
いつものように軽井沢営業所へ出勤すると、
見慣れないお客さんがいらっしゃいました。




クワガタムシ。

「ええー!」
軽井沢営業所の外壁を上へ上へとよじ登っていくクワガタムシ。
(どこへ行くのだい?)離山のふもととは言え、国道に面している
この場所で見られるとは。しかも外壁に。

思わず立ち止まって見ていると、通学途中の中学生の方も立ち止まり
「わ〜すごい!」と驚いていました。やはり珍しいようす。
すごいね!なんて言いながら、驚きを共感しました。

そのあと、営業所に入りいつものように営業開始の準備。
一通り終えてから、クワガタムシの行方が気になり、見に行くと
姿は見えず…何処かへ行ってしまったようです。

きっと今頃、離山でクワガタムシとしての生活を、
夏の軽井沢ライフを楽しんでいるのでしょう。(またおいでね!)

カテゴリ[ 軽井沢ライフ(夏)]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/08/20 14:31

長期優良住宅

本日の軽井沢。やや渋滞ぎみ。


こんにちは〜!
お盆を過ぎ、軽井沢では早くも秋の気配が感じられるようになり
ました。
朝晩の気温は18℃。この時間にお散歩に出られる方は、薄手の
はおりものがあるといいかもしれませんね!

さて、みなさんは「長期優良住宅」という言葉をお聞きになったこ
とがありますか?

長期優良住宅は「200年住宅」とも呼ばれ、今年6月の「長期優
良住宅認定制度」開始に伴い、しきりに宣伝されるようになりま
した。そこで今日は、この「長期優良住宅」について簡単にご説
明したいと思います。

? 「長期優良住宅」とは?
「長期優良住宅」とは、その名のとおり「長期にわたって良好な
状態で利用できる質の高い住宅」のことです。(ほんと、まんま
ですね)

具体的には、耐久性などの基準を満たす新築住宅を、国が「長
期優良住宅」として認定し、その後も居住者が維持管理しなが
ら住み継いでいくというもの。

「長期」とは200年を指し、6世代が住み続ける計算になります。
長期優良住宅が増えれば、必然的に不要になった住宅を壊す
ことが減り、地球環境に良い、というわけです。

? 必要な基準とは?
ではどのような家にすれば「長期優良住宅」と認定されるのでしょう。
なにせ200年。生半可な「高品質」では時間という敵に太刀打ち
できません。現段階では、認定基準の概要として次の9つが挙
げられています。

1.耐震性、2.耐久性、3.省エネルギー性、4.住戸面積、5.維持管
理、6.維持保全計画、7.住居環境、8.可変性、9.バリアフリー性

耐震性や耐久性は当然として、注目すべきは「6.維持保全計画」
が掲げられていることです。これは、建設時から将来を見据えて
定期的な点検・補修等の計画をたてる、というもので、資金計画
も含まれます。

むこう30年間のメンテナンス計画を立て、その資金を修繕積立金
として積み立てていきます。補修の時期や費用を、かなり細かく
算出しなければならないので、お施主様にとっても私たち建設会
社にとっても非常に大変なのですが、大変だからこそ「本当によ
いもの」が維持できるのです。

?「長期優良住宅」のメリットは?
では、「長期優良住宅」にするメリットとは何でしょう?
まず第一に挙げられるのは「安心で快適な家に住める」ということ。
なにしろ200年持つよう造られているわけですから、耐震性や断
熱性は抜群です。

夏は涼しく冬は暖か。光熱費が節約できる。
長期優良住宅は「住み心地のよい家」でもあるわけです。

第2のメリットは各種税金の軽減と、住宅ローン減税の優遇。
固定資産税が5年間にわたり1/2に軽減されるほか、フラット35で
0.3%の金利優遇が受けられます。
長期優良住宅にすると、どうしても坪単価が上がってしまうので、
国としてもいろいろな措置を考えて、普及に励んでいるのです。

長期優良住宅を造るには、確かな技術力を持つ建設会社を選ぶ
ことが大切です。当社には住宅建築における長年と実績と豊富な
経験があり、長期優良住宅への対応もバッチリです!

長期優良住宅をお考えの方はぜひ当社にお任せ下さい!
(最後はちょっとCMでした)

 

カテゴリ[ 軽井沢ライフ(夏)]   コメント[0 ]   トラックバック[0]