09/08/08 15:33

S様邸お引渡し



今日はS様邸のお引き渡しの日です!

朝、9時。
約束のお引き渡しの時間を前に、主要メンバーが勢揃いしまし
た。S様、S様の弟さん、電気屋さん、設備屋さん、現場監督で
ある建築部長、所長、私の7人です。
いつものとおり電気屋さんは電気の、設備屋さんは設備の説明
をし、所長が建物引渡書と家の鍵をお渡ししました。

S様との最初の打ち合わせから、約9ヶ月。
無事にこの日を迎えることが出来ました。
S様、甘利さん、関係会社の皆様、ありがとうございました!

それでは、竣工したばかりのS様邸を一挙、ご紹介いたします。



外壁はウェスタンレッドシダー張り。ウッドデッキでお茶を
飲むのもステキです!


お施主様こだわりのヒノキ風呂。
窓から浅間山が望めるよう設計してあります。



6畳の和室。
縁のない畳を採用し、モダンな印象に仕上がりました



1階のLDK(約26畳)。吹き抜けの高さは、5.8m!
南側に設けた大きな窓とあいまって、
実際の広さ以上に開放感を感じます。
天井は国産カラマツ、梁は国産杉です。

一歩足を踏み入れると、無垢特有の清々しい香りに包まれま
す。
今すぐ住みたいくらいに、気持ちいいっ!
建物のすみずみにまであふれる光と、吹き抜ける風。
窓の外のモミジが、落とすやわらかな影。
目を上げれば、天井近くの窓からは青い空が見えます。
家の中にいながら、まるでピクニックへ来たような気分です。

S様、どうぞ素敵な軽井沢ライフをお楽しみください!

カテゴリ[ S様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/08/04 15:51

日本人は、やっぱり和室!



夏らしい天気が戻ってきましたね!先週に比べて気温は上昇し、
日差しが強くなりました。
軽井沢の緑も、一段と濃くなってきたように感じます。

S様邸は、今週末のお引渡しに向けて、仕上げ作業の追い込み
に入っています。

ところで、みなさんのお宅に和室はありますか?
現代の新築住宅では、フローリング張りの洋室が主流になってい
て、和室がまったくないお宅も増えています

しかし!
家を造る者として、私は声を大にして言いたい!

1室でも和室を取り入れてっ!

和室は、居間や寝室といった日常的な生活空間としての利用か
ら、客間として来客をもてなすこともでき、非常に便利です。
小さいお子様がいるご家庭では、お昼寝の場所にもなります。
お昼寝用にお子様の布団を敷くとき、フローリングの上より畳の
上の方が安心して寝かせられますよね♪

それに加え、夏場のこの時期は、畳の床はサラッとしていて肌に
心地良いものです。

S様邸では、洋室のLDKに面して、和室が設けられています。
和室の戸を引き込んでしまえば部屋どうしが繋がるので、リビン
グの一部として、和室を活用することができます。
食事を済ませた後、くつろぎの空間として、ごろんと横になるのに
和室は最高です。

また、S様邸の和室と洋室とでは、床高が異なります。
和室の床の方が20センチ高いので、床座の和室と椅子座の洋
室??どちらの部屋に座っていても目線の高さが近くなります。

段差をつけることで、くつろいだまま自然に会話を交わすことがで
きる工夫がされているのです。
 


現在の和室。もうすぐ、ここに畳が敷かれます。


障子には、光をやわらかにする効果があります。


照明は、和紙と竹ひごが使われています。
和室の雰囲気がグッと引き立つデザイン。


カテゴリ[ S様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/07/28 14:55

制作建具



S様邸では内装工事が進んでいます。
照明やスイッチ、衛生設備等が設置され、着々と完成に近づいてい
ます!

今日私が、S様邸の現場を訪れると、見慣れない“なにか”がホール
の床に落ちていました。クラッカーのなかの色紙のような、くるくるした
細長いもの。
よくよく見てみると…、
「カンナくずだ!」

意外に思うかもしれませんが、私が現場でカンナくずを見るのはこれが
初めてです!
というのも、現在の一般住宅では、ほとんどの建具や構造材、仕上げ
材が工場で作られた既製品で、現場ではそれらの微調整を行うだけ。
大工さんがカンナをかける機会は非常に少ないのです。

しかしS様邸では、既製品は使わず、室内ドアや建具はすべて手作り。
職人さんが手作業で、ひとつひとつ制作していきます。

私が現場に行ったときは、職人さんがカンナやノミを使って、表面や面
(材木の角の加工)の微調整を行い、シャーッとカンナをかけて、大手
(枠)を平滑に仕上げていました。

今回、職人さんが作ったものを見て、新鮮な印象を受けました。
仕上がった建具は、プリントされた木目調の建具と比べると、違いが一
目瞭然。
存在感があり見栄えがします。

やっぱり本物っていいですね。

 

職人さんが使っていたカンナやノミ。カンナの周りにはカンナくずも。



玄関周りのタイル貼りも終了♪
外壁と同じ、ウエスタンレッドシダーを使った玄関ドアが付きます。



将来この場所に暖炉が設置される予定です。
タイル貼りの土台は、暖炉の存在を引き立ててくれます。

カテゴリ[ S様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/07/22 13:25

クロス貼り完了



今日は、今世紀最長の日食が起こる日ですね!
軽井沢の空は、あいにくの薄曇りです。
私も日食が見られれば・・・と、10時半ごろから(軽井沢では10時
半から11時ごろに見られると言われていたのです)窓の外を注意
していたのですが、空がちょっと暗くなったかなあ、というくら
いで
した。
みなさんはいかがでしたか♪

S様邸は、壁のクロス貼りが完了し、LDK内の足場が撤去されま
した。LDKの吹き抜けは高さ約5.8m!
約26畳のLDKと、約16畳の小屋裏が一体となり、大空間が広がっ
ています。

さて、クロス貼りといえば、積算です。
積算とはズバリ、あつめて計算すること。

クロスの積算では、家全体でどのくらいのクロスが必要になるの
か、それぞれの個室ごとにはじき出します。(必要な分量がわか
らないとクロスを注文できないのです)

まず図面を元に、その部屋の壁の面積を算出します。
窓やドアがある場合は、その面積を差し引きます。
計算式にすると『壁面積−建具面積=クロス面積』。
たとえば、正方形の4.5帖の納戸、1m×2mのドアが一箇所の場
合を想定してみると…。


<ドアがない壁>
幅:およそ2.73m 天井高:およそ2.4m 
2.73×2.4=6.552(?)

<ドアがある壁>
ドア面積:1m×2m=2?
2.73m×2.4m−2?=4.552?

<部屋全体>
(6.552?×3面)+(4.552?×1面)=24.208?


上記のような部屋では、全部で約25?のクロスを貼ることになり
ます。

このように家全体の壁紙を、根気よく算出していくのです。

難しいのは、複雑な形をした壁や、勾配のついた天井がある部屋!
小学校で習った計算式『(上底+下底)×高さ÷2』や『縦×横×高さ÷2』
なども活用します。「将来、この計算式を使うことはあるのかなぁ」
と思いながら、勉強しましたが…よく使います

家の中がどのような仕上げ・形状なっていて、どこの計算をしたの
か、把握していなければなりません。

計算の内容はいたって単純だけど、家全体の数量となるとA3サ
イズの用紙が計算式でびっちりと埋まるほど計算するのです…!
建築って一見すると華やかだけど、「地道な作業の積み重ねなん
だなぁ」としみじみ思いながら、電卓と図面を片手に計算をします。

このようにして出した面積をクロス屋さんに注文をして、職人さん
の手によって貼られ、壁の仕上げをするのです。


7/15のクロス貼りの様子。


ここにキッチンが設置されます。(8/1に設置予定)
壁紙が貼られていない部分には、キッチンパネルが付きます!



浴室には設備が揃いました♪

カテゴリ[ S様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

09/07/08 16:15

モミジの権利



S様邸は、ついに足場が取り外されました!

午後から3人の職人さんが作業をして、手際の良いチームワーク
で足場を解体しました。

3ヶ月前まで、まっさらだったこの土地に『家』が建っています。
建築部長の補佐として、遣り方(4/10ブログ参照)を行った日
から
考えると、「い、家だ…家がある!!」と驚いてしまいます。
平面的な図面から、立体的な建物になる。まるで魔法のようです。


S様邸のすぐ南側には樹齢5〜6年のモミジの木があります。この
モミジは、ここに家
が建つ前から、この場所にありました。

最初、この木を見たとき、
「南側に立っているのでは、陽の光りを
遮ってしまう」と思いました。けれど、モミジは落葉樹。夏は葉を
茂らせ、強い陽射しを遮り、冬は葉を落とし、あたたかな陽を取り
込むのです。しかも、秋には紅葉をして、ウッドデッキを彩ってくれ
ます。

S様邸の設計者、甘利享一さんの計らいで、このモミジは移動さ
せることなくこの場所にあります。
「もともとこの土地にある
木。このモミジこそ、ここに生きる権利が
ある」と、甘利さん。

「自然とともにあるからこそ、建築の意味がある」と語る甘利さん
の建築への想いを感じました。

 
外の足場は解体されましたが、室内では、本日新たに足場を設置。
5メートルを超える吹き抜けの、仕上げ作業用になります。


無垢の太い梁と天井。やさしい質感に癒されます♪


ヒノキの浴槽も設置されました。湯気の向こうに浅間山!
たまらないひとときになりそう。


カテゴリ[ S様邸新築工事]   コメント[0 ]   トラックバック[0]