09/04/23 14:41

軽井沢・春の風景

じん芥処理場

4月も下旬を迎え、春たけなわの軽井沢です。

分譲地や事務所のある中軽井沢周辺は、色とりどりの花が咲き
乱れ、まぶしいほどです。
いつもゴミを捨て行く「軽井沢じん芥処理場」は、桜とタンポポが
競うように咲き、絵本の中にいるよう。ゴミではなくお弁当を持って
出かけたい、と思ってしまいました。

埼玉にいたときも春は好きでしたが、こちらに来てからは大好き
になりました。

夜が明けるごとに、これでもか、これでもかってくらい、風景の中に
色が加わっていき、あふれるまでになっていく。その惜しげのなさ、
気前の良さったら!

いままで私が持っていた春のイメージは「やさしさ・おだやかさ・あた
たかさ」といったソフトなものだったのですが、今は「歓喜・躍動」と
いった力強いかんじ。力強くてちょっと野蛮。いらないっていうのに
大量のお裾分けをくれる大阪のおばちゃんみたい。(すみません、
あくまでイメージです)そこがたまらなく魅力的なんですね。

きっとGWのころには花は散り、町の様子は一変していることで
しょう。
軽井沢の春はとっても短いのです。
「たけなわ」なんて一週間あるかないか。

もし軽井沢に別荘をお持ちの方で、夏しか利用しないという方が
いらっしゃったとしたら、私は声を上げて申し上げたい!

「4月のこの時期こそ、軽井沢へ〜!!!」

きっと春のイメージが変わりますよ。




カテゴリ[ 軽井沢ライフ(春)]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=11963

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません