09/06/29 17:37

内部仕上げ



O様邸では天井と壁のクロス貼りが行われています。

予定では今日までに奥の3部屋と洗面脱衣室が終わることに。
午後の早い段階で、奥の2部屋と洗面脱衣室はすでに完了して
いました。

玄関をくぐり、広いLDKへ足を踏み入れると、なにやら大きな機
械を発見!(冒頭写真)
「これは何ですか?」
尋ねた私に、作業をしていた内装屋さんは、親切にも手を止めて
教えてくれました。

「これは壁紙をカットして糊付けする機械です。そこに長さを入力
して、壁紙を入れると、寸法どおりにカットされて、裏に糊がつい
た状態で出てくるんです」

「へえ〜!こんなのがあるんですね!」
刷毛で糊をつけてカッターで切って…、とDIYレベルの作業を想
像していた私は、思わず声をあげてしまいました。
さすがプロ、こんな機械を使っているんですね。

「裏に糊がつくってことは、この裏にもついているんですか?」
すぐ横にあった貼りかけの壁紙を私が指すと、内装屋さんは頷
きました。しかし一見したかぎりでは、なにもついていないように
見えます。

「さわってもいいですか?」
訊く前からさわる気まんまんで私が言うと、内装屋さんは「えっ!」、
……持っていた刷毛を取り落としそうな勢いで、硬直してしまい
ました。

ま、まずい、完全に作業を邪魔してしまった!私みたいな部外
者がさわって、シワでも作ったら大変だ。不用意な申し出をして
しまったことよ。

そう思って、慌てて前言を撤回しようとすると、内装屋さんは硬
直から戻り、「いいけど、これ、すんごく、べとべとするよ
……へ、べとべと?
「それでいいなら触ってもいいけど……」
「ほんとですか!?やったー!」

そして人差し指を伸ばし、おそるおそる触ってみた結果……。
……。
「すんごく、べとべと」という意味が良くわかりました。

なんというか、妙にしっとりしていて、“べっとり”という感じ。ゴキ
ブリホイホイのようなカラッとしたべとべとではなく、水を入れすぎ
て炊くのに失敗したご飯のような、ねちょっとした重さがある……。
「う、わ……」
思わず顔を引きつらせる私に、内装屋さんは「ほらね」といった感じ
で笑っていました。

これだけべとべとしていれば、ちょっとやそっとのことでは剥がれ
たりしないでしょう。よかったよかった♪

指先についた糊をティッシュで拭いながら、身をもって確信したの
でした。

 

機械の操作部分。数値を入力すれば1cm単位でカットしてくれ
るとのこと。


壁と天井にクロスが貼られ、すっかり部屋らしくなりました。
「白で光を反射するから部屋が明るく感じられるでしょう」と内装
屋さん。確かに!


「天井に貼るの、大変そう」と言った私に、「天井は楽です。真四
角だからね。壁のほうがドアや窓があるから、時間がかかるん
です」との応え。言われてみればそうですね。




カテゴリ[ O様邸新築工事]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=13098

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません