09/07/07 15:05

玄関床仕上げ

軽井沢の小学校では、プール開きが行われたようで子どもたちの
な声が聞こえてきました!梅雨が明けたら、夏はすぐそこ。
カラッと晴れた陽気が待ち遠しいですね。


工事の工程も残りわずかとなったO様邸。
建具ドアやキッチンも取り付けられ、竣工間近となりました。
今日のO様邸は、玄関の床仕上げが進んでいます。玄関ポーチ
は半円形を描いており、温かみのある可愛らしい雰囲気の外観
と調和しています。


タイルとタイルの間には目地と呼ばれる、材料の継ぎ目がありま
す。目地には大きく分けて2タイプあり、ある程度の間隔を取り充
填材を詰めるものと、隙間なく施工するものがあります。



O様邸は前者で施工され、目地を揃えて敷き詰めていきます。
(上写真)その名も通し目地。芋目地(いもめじ)とも呼ばれます。
その語源は、お芋の根っこが規則正しく並んで伸びているさまに
似ているところから来ているそう!芋ではなく、根っこ…根っこ目
地ではないのですね。


タイルの張り方は圧着張り工法と呼ばれる工法で行われました。
コンクリート面に下地としてモルタルを塗り、目地を通しながら敷き
詰めます。半円形にかかる部分などは、その曲線に合わせてタイ
ルカッターで加工をします。


カッターを使いこなし、作られる優しい曲線。職人技が光ります。


着々と完成に近づく玄関ポーチ。工事の工程は、残りわずか。来
たる17日、お引渡しです!



玄関ポーチのブラケット。
ランタンを思わせる可愛らしいデザイン。飴色のガラスに、光がど
う灯るのが楽しみです!


キッチンの設置も完了。
向かい側には食器棚があり、お皿の取り出しもラクラク♪

カテゴリ[ O様邸新築工事]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=13208

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません