09/08/20 14:31

長期優良住宅

本日の軽井沢。やや渋滞ぎみ。


こんにちは〜!
お盆を過ぎ、軽井沢では早くも秋の気配が感じられるようになり
ました。
朝晩の気温は18℃。この時間にお散歩に出られる方は、薄手の
はおりものがあるといいかもしれませんね!

さて、みなさんは「長期優良住宅」という言葉をお聞きになったこ
とがありますか?

長期優良住宅は「200年住宅」とも呼ばれ、今年6月の「長期優
良住宅認定制度」開始に伴い、しきりに宣伝されるようになりま
した。そこで今日は、この「長期優良住宅」について簡単にご説
明したいと思います。

? 「長期優良住宅」とは?
「長期優良住宅」とは、その名のとおり「長期にわたって良好な
状態で利用できる質の高い住宅」のことです。(ほんと、まんま
ですね)

具体的には、耐久性などの基準を満たす新築住宅を、国が「長
期優良住宅」として認定し、その後も居住者が維持管理しなが
ら住み継いでいくというもの。

「長期」とは200年を指し、6世代が住み続ける計算になります。
長期優良住宅が増えれば、必然的に不要になった住宅を壊す
ことが減り、地球環境に良い、というわけです。

? 必要な基準とは?
ではどのような家にすれば「長期優良住宅」と認定されるのでしょう。
なにせ200年。生半可な「高品質」では時間という敵に太刀打ち
できません。現段階では、認定基準の概要として次の9つが挙
げられています。

1.耐震性、2.耐久性、3.省エネルギー性、4.住戸面積、5.維持管
理、6.維持保全計画、7.住居環境、8.可変性、9.バリアフリー性

耐震性や耐久性は当然として、注目すべきは「6.維持保全計画」
が掲げられていることです。これは、建設時から将来を見据えて
定期的な点検・補修等の計画をたてる、というもので、資金計画
も含まれます。

むこう30年間のメンテナンス計画を立て、その資金を修繕積立金
として積み立てていきます。補修の時期や費用を、かなり細かく
算出しなければならないので、お施主様にとっても私たち建設会
社にとっても非常に大変なのですが、大変だからこそ「本当によ
いもの」が維持できるのです。

?「長期優良住宅」のメリットは?
では、「長期優良住宅」にするメリットとは何でしょう?
まず第一に挙げられるのは「安心で快適な家に住める」ということ。
なにしろ200年持つよう造られているわけですから、耐震性や断
熱性は抜群です。

夏は涼しく冬は暖か。光熱費が節約できる。
長期優良住宅は「住み心地のよい家」でもあるわけです。

第2のメリットは各種税金の軽減と、住宅ローン減税の優遇。
固定資産税が5年間にわたり1/2に軽減されるほか、フラット35で
0.3%の金利優遇が受けられます。
長期優良住宅にすると、どうしても坪単価が上がってしまうので、
国としてもいろいろな措置を考えて、普及に励んでいるのです。

長期優良住宅を造るには、確かな技術力を持つ建設会社を選ぶ
ことが大切です。当社には住宅建築における長年と実績と豊富な
経験があり、長期優良住宅への対応もバッチリです!

長期優良住宅をお考えの方はぜひ当社にお任せ下さい!
(最後はちょっとCMでした)

 

カテゴリ[ 軽井沢ライフ(夏)]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=13837

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません