11/02/18 16:20

下地処理


友人が語学留学のため今年もカナダへ出発しました!
帰国は一ヶ月半後。去年はなにか乗り越えてきた風格があったので
今回も期待して待っていることにします♪


軽井沢T様邸は、塗装工事が完了すると左官工事に入りました。
仕上げ工事もいよいよ大詰めです。

T様邸では壁紙を一切使わずに、調湿・防臭効果の高い
『健康塗り壁』を採用しています。

左官の一番大事なポイントはズバリ!
『下地面をいかに平滑にできるか』です。

例えほんのわずかでも凸凹があると、腕のいい左官屋さんでも
綺麗に仕上げられません。下地ボードの継ぎ目には
ファイバーテープを張り、その上からパテ処理をします。

仕上げをする前の大切な工程。
表に見えない部分にもたくさんの手間と時間が必要不可欠です!


このパテ処理は目地以外にも、ボードを留めているビスのくぼみ、
出隅・入隅(壁のコーナー部分)などにも行なわれます。

カテゴリ[ T様邸新築工事(軽井沢・定住)]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=21075

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません