15/08/07 23:34

1番目のふようの花 10 Years

今年、1番目のふようが咲きました。毎年、咲きます。去年も載せました。(花にとって何度目の夏だろう?) 度々、個人的になってしまいますが、サマンサDさん、Wollierさん。いつか、読んで頂けたら、と思います。サマンサさん、温かい、言葉、ありがとうございます。Wさん、いつも、心配の電話、ありがとうございます。それなので、あなた様方に送れませんので、見て頂けたらと思います。(Wさん、気持ちわるっ!たぶん言うでしょう。)なぜなら、猿の腰掛け、見つけたから御礼に、紐付けて、ネックレスにしてあげましょうか?と言ったところ、いらないと、一蹴。(冗談で、です。)どうしたら、暮らしてきたら、あなた方のように、優しくなれるのだろう思います。風吹で、働いて10年が経ちました。僕らには、どちらかと言えば、もがく、あがく。と言うのがあっているような。何から言えば?乱文になりましたらすいません。雪の降らない、海の近くで、育ちました。自然はほぼ、ありません。それなので、ふようが咲くのも、雪がとけて、春よ早く来いと思うのも季節の移り変わりです。それに興味?を持つのも、
じいちゃん、ばあちゃんありがとうと思うのも、ブログを書き出してからくらいだと、思います。たぶん。あきらめそうになり(ふてくされ)反逆を起こし(何度目だ?)それでも助けてくれた方がいて、それでも今もです。僕にも、夢を追ってた時もありますし、熱く生きたいと思ってますし、大先生もいます。大先生は、黙って話しを聞いて下さり、最後にぐっさりと響く言葉を貰います。先生は、倒れたら、馬糞でも掴んで立ち上がれ!肉を切らせて、骨を断つ!と。初めて聞くとはて?と思うような。まだ、拳、蹴りの時でした。(何も恨んで、いませんしそんな時代の終わりくらいでした。たぶん。)なるほど、先生、難しいっすと思う自分。今になり。話しが逸れてしまいました。僕らが僕が、ここで、得た財産はあなた様方の話しです。出会いです。返信ができないで、すいません。今現在、自分には、なにかを返信する答えます状況にありません。人間的に。さらに名前が書けませんが、たくさん皆様ありがとうございます。明日、お盆、9.10月くらいしか、考えられず、暮らしています。風吹だけに、そよ風が吹く、くらいになりたい
と思っています。なぜ、急に言いますと10Yearが経ちましたからです。そして、Wさんに、最後、シャレでおわらすな!と、言われるでしょう。ありがとう

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

もう10年ですか。
10年先は遠いけれど過ぎると短い。
宿を訪れた大勢の方々と心が通い、人情を感じ、繋がりができていったと。
今日もそんなお客様がご逗留かと・・・・。
これからも繋がりを大切にしてください。
投稿者: 雪山   15/08/08 14:08
ご主人、奥様、チビちゃんたち、10周年おめでとうございます。記念のblogに私のネームが出てびっくりしました。ありがとうございます。 海に近い都会から山の田舎へではカルチャーショックはさぞ大きかったことでしょう。ましてや白馬と違い小谷はヨソ者を受け入れない気質だと窺ったことがあります。そんな中で10年間貫いてこれたのは、ご主人の努力と根性、そして奥様やチビちゃんたちの支えがあったからこそだと思います。家族の力って大きいですね。 今回私なりにこの10年を辿ってみたいとblogを最初から読ませていただきました。ご主人のその時々のいろんな心情が詰まっていました。客からは窺い知れないこと、多々あったことでしょう。 これからの10年も様々なことが起こることと思います。チビちゃんたちも成長し、いろんな転機がやってくることと思います。 でも、きっと、ずっと、これまで同様、私たちを美味しいお料理で温かく迎え入れてくれる風吹荘の主であり続けてくれると願っています。
次は紅葉の時期に…。お会いできる日を楽しみにしています。


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=40672

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません