15/08/18 22:06

彼にとって終わり 夏

やはり、お盆が過ぎますと、暑さがやわらぎ、風も夏の雰囲気ではありません。沢から出て、山からの帰り自分の周りを真っ黒に染めるうるり(あぶ)もほとんど、消えました。ベランダを見るとおっ!セミだ。捕まえて、部屋に放してやろ!近づいて、手を出すと。あれっ?そうか。彼にとっての夏は終わり。じゅうぶん、騒いだだろう。仲間はまだ、ラスト、騒いどる。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

今日の夕方、道端でセミ2匹見また。"よーくがんばったね!"と声をかけました。昨夏は羽化に失敗し、我が家で蜂蜜などちょっとなめて、一日半で昇天したセミがいました。元気に鳴いて、飛べて、それで一生を終えたらしあわせものですね。わたしもがんばらなければ。
投稿者: Y.T   15/08/18 23:14
空気が澄んで遠くが見えてきました。
ススキの穂は大きくなって雲が秋色。
当地関東も真夏は過ぎたかな・・・

蝉は地中でほぼ一生、地上は天国への一歩。
狭い庭の至る所に抜け殻が。
いま殻を捨て、神様から貰った羽根で飛び、子孫を残し、生涯で最高の喜びを歌ってる。

小谷の里はもう初秋の空気でしょうか。
涼しい地方は新学期が始まったとのこと。
さらに冬の準備も始めるか・・・・・
投稿者: 雪山   15/08/19 11:07


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=40772

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません