16/11/19 18:17

支え

1度みぞれは振りましたかざふき付近です。雨と落ち葉。この時期は静かです。 引き出し。
何から書けばわかりませんが。 集団行動くだらない。義理、人情反吐がでる。こんな文章だったような。これを読んでどう思うか?学生の時の国語の授業です。うっ。ひどい文章だとだいたい思います。しかし、これを書いたのは戦争中で、絶対に口には出せない考えだったそうです。 ヒクヒク。イライラ。がしゃーん。ボードを買いに行き、台車ごとたおし、ついでに自分の足が下敷き。見ていたご夫婦が助けてくれた。あーこのむかつきを。古いボードにがしがし殴る。まず、僕は壊す。しかし、これは、塗ったで済むような状況でない。いろいろなことから、近くの大工さんくる。子供の友達のお父さんでした。初めに謝ります。僕には職業はよくわからない。たまに来るがいつも酒でよくわからない。しかし、スーパーな大工さんでした。ぱぱっと状況を見て、わかった。これ買ってきて、あーしろこうしろ。夕方には、頭に木くずをのせ次の指示。かなり細かい指示です。しかし、支える土台が大事なんだとわかります。そして僕はこの人に支えられ。親方とします。 天井は1人ではまず無理です。親方がくる前にここは終わらせよう。うちのかあち
ゃん呼びます。こうやって押さえてて。うまくいかない。こうやって、わかったここで場所チェンジね。手を離す。ばきゃっ。ふんさい。ヒクヒク。お前、意見禁止!アイデア禁止!喋るの禁止!床の腐った板を剥がして新しいのに変えます。釘の時代のものです。今では、インパクトドライバーと言うのをつかい、スクリューの釘みたいなのを使います。釘の5倍の保持力だそうです。新しい板をはめて、打ち込みます。1枚ずつ。あれっ?あの道具がない。板の下には1メートル暗い空洞があり、そこへ落として打ち込んでしまったようだ。またはがします。あります。はります。疲れます。などなど。今日はやめた。暗くて見えない。どこからかと声が。お前が医者だったら、手術のあと、腹にガーゼ取り忘れ忘れて縫うタイプだなと。……。瞬間的に面白い嫌みだ。気絶。でも。国語の授業に言った文章がわかり、違うともわかる自

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

何やら悪戦苦闘のご様子。
慣れないこと、たいへんだーーー
私は時々やってますよ。
道具もそれなり持ってるし。
奥方とのやりとりが目に浮かんで笑ったね。

話は変わるけど今年も雪が遅いですか?
山だけで良いから降って欲しい。
投稿者: 雪山   16/11/21 21:37


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=44073

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません