20/08/11 22:18

キノコだと想います。不自然に山にありました。 見た時は、? と思ったのですがボスが、拾ってないので、自然のものだと。  ゴミは拾います。知らないうちに落ちたならいいです。と、思います。  自分もやってしまってるので。
       前日の電話
えくらくーん。明日は、地蔵峠(小谷村の、塩の道でも、難所と呼ばれきついコースです。風吹から、車で20分。深原と言う、集落から行きます。)
行くからっ! 靴は、長靴でこないで。装備はしっかりとしてきてっ!はいわかりました。
燃料、飲みものを積んで、(積んだと、思っていた。)登っていきます。
地団駄、という地点に着きました。ちょっと休憩。(塩の道には、標柱が立っていて、その場所に、それぞれの、言われがあります。地団駄というのは、その昔のいくさで、信玄、謙信が戦い、どっちかの、城が落城して、そこの場所から、燃えあがる城、落城を見ていて、地団駄を踏んだそうです。ようは、悔しいとか、 悲しいとかで、足で地面を蹴り、歯を食い縛ったとか、そういう地点だそうです。言われを知ると、へっー、と思いますが、知らべずに歩きますと、きつい、普通の山道です。) となってしまうと思います。     リュックを開け、水を出そうと。  ないっ、ないっ!水がないーっ! というか、忘れた。  
ボス! 飲みもの忘れましたっ!取りに帰りますっ! (はっ?今からっ?無理でしょっ。もう、1時間近く、登ってんだよっ!ばかじゃない。の顔。)   えくらく〜んっ!昨日、電話したよね?言ったよねっ?装備について。 こんな日に、飲みものを忘れたら、死んじゃうでしよっ!そうなのっ?いえ。もう、違います。
こんな日に飲み物、持たない人は、山登りに来たのに、海パン、ビーサンさんで来たような人みたいなもんでしょっ! はいっ。
君は〜っ、いわゆるバカな人、関連の仕事っ!?  自分もそう思います   飲み物を忘れた、地団駄。入れたと、思ったんですよっー。地団駄。
ふふんっ!まあ、いいや。 ばかが、伝染るからなっ。(言ってやったぜよ!の顔。)
しかし、ボスは、はい。あげる。500?のボトル。(2人とも、絶対足んない、無理っす!の顔)
途中の、沢の水飲もうっ!そこの、いくらでものんじやって!  明日、絶対返します。そんなの、いらねっつーのっ!
ありがとうございます。
沢の水は、なぜかとても冷たく。
えくらくん、なんで沢の水はこんなに、冷たいんだろね? 目が覚めるね。わかんないっす。
ここはさ、見晴らしがよくて、風  が吹   いて、すげー気持ちいいんだよ。山の仕事はきついけど、こういうのあるからいいねっ。  自分もそう思います。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

昔歩きました、地蔵峠。北小谷からずーっと歩きで地蔵峠(大峠)を越えたあたりから深い霧に覆われて…背丈より伸びた草をかき分け足元の獣道に目を凝らして必死で歩きました。ミヤマイラクサのとげで手からは血が…。"遭難"の二文字が頭に浮かび始めたとき、突然ひょこっと横川に通じる林道に出ました。あとで地元の方から"地図に道は書いてあるけど今は誰も通らない。若い娘二人で行くなんて無謀だ"と聞きました。今は草を刈ったり整備されているのですね。今行く人は安心して歩けますね。小谷の忘れられない思い出の一つです。
投稿者: 横浜Y.T   20/08/15 22:54


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=50662

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません