16/02/29 07:25

告げる

夜中は春を告げる、風が吹いて。いろんな物を飛ばし。朝はなまるい風が吹いて、小雨が降って。かなり小雪の今シーズン、このまま春に向かうのかな

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/02/26 18:45

温もり

温もりを見つけたかい?温もりを探してた♪

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/02/25 18:03

Feel 春 2

元気です。気温の変動が大きいですが、外暮らし数年。雪暮らし数年。生きる術を知っています。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/02/24 17:15

Feel 春

待ち遠しくて?一番乗り。 だけど、また今日は雪。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/02/15 17:49

月曜日

昨日は昼でも気温は10℃ありました。今日はマイナスです。北小谷はかなり積もりました。外からは、チビがチビ芝に追いかけられて騒いでいます。上の子は畑で歌っています。好きなように。雪がすべて吸い取る。平和な月曜日

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/02/12 21:05

ラウ デイ

兎とチビ柴です。兎は初めはすぐ小屋に隠れましたが、今では逃げません。さらにチビ柴は兎の餌を食べてしまいます。家の兎は抱っことかが大嫌いです。僕は兎はおとなしく、抱っこされてもぼよーんという感じでいるものと思っていました。しかし、この子はなぜか、今では撫でても平気ですが僕だけものすごく逃げまわり、来た頃に僕はどうしてもなつかせたく、小屋に追いつめました。兎は鼻をヒクヒクと。そうそう。においを覚えて。次の瞬間、バッと跳ねて僕の指を噛みつきました。えっ?血が出てるし。それよりも、兎は噛みつくというのを初めてしりました。ジェイには半日でなついていました。ジェイ、しばらくすると電話がかかってきました。たぶん、どこにいるということだったかもしれません。ジェイ冷凍した魚忘れてった。おー。あげると。サンキュー。ジェイ。一緒に店をやろうといったが、ジェイはいったい、何するんだ?しばらくすると帰ってきました。たしか、最後にみんなで寿司屋に行ってご馳走してくれ、上の子にはスポーツウエア、下の子にはおもちゃを買ってくれました。ジェイには京都に同国の友達がいて、料理屋をしています。(初め
の年、行きましたが、気に入らずまた、Uのとこ戻っていいかといって帰ってきている。)そこへ行き、国に帰ると。わかった。夜に何を話したのかは覚えていません。しかし京都に行く。ジェイは京都に行く。朝に駅まで送り手を振りました。たぶん、日本は最後だろう。顔を見たのが最後になります。いつもの日々。数日、数週間後?母ちゃんが電話に。そちらにジェイという外国人いますか?と。某県警より。いたけれど、京都に行き連絡つきませんと。ある山の山岳警備がジェイのテント、あらゆる痕跡を見つけたが、本人が帰ってこない。心配し、届けたのである。僕は何も心配しません。いろんな話しから絶対に危険なことはしないと知っていたからです。おっちゃん、どこ行った?家の母ちゃん、ネットで京都の店見つけて、電話します。来ていないし、自分達も心配していると。やれやれ。数日後、また県警より電話が。見つけたと。その県の教会にいたと。はぁ〜。無事は普通で、見つけてしまう県警に驚いてしまった。ジェイはマナー違反をしたのであった。さらに数日後、電話が。ヤージェイ!おージェイ!元気?ではない。へいっ!U!京都に行くと言ったで
ないか!言ってない!俺は山へ行くと。そんな山の地名は全く出てきていないし、京都の友達も心配している。途中で気が変わったのである。へいっ!山岳警備隊、友達心配しているんだ。オ〜ノープロブレム!(かなりプロブレム)などなど。公衆電話でした。日本で聞いた最後の声となります。1ヶ月経ったのでしょうか。ジェイより電話が。今どこ?自国でした。数ヶ月に1度電話をくれました。で、Uはいつ俺の国にくるんだ?その度に。正月にハガキを送りました。着いたのかわかりません。ジェイの国は今、ジェイの宗教を名乗った人間がテロを起こしています。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/02/09 18:31

大雪 J

久しぶりの大雪が朝からやまずに。 全ては部分的に書いています。そろそろ、俺はこから離れると。ジェイ今日は魚の仕入れに行く。俺はここ自転車できた。などなど。始めに買い物。ジェイはうろうろしていますがいい魚がないと。次行くからまって。その後、自分でバナナとアボガドを買いスーパーの中で歩きながら食べ始めます。アボガド半分あげるよ!ありがとう。僕はアボガドを食べながら歩くのは初めてだった。笑って食べました。帽子が欲しいと言いました。わかった。買いに行こう。スーパーの上です。服、メガネなど総合的な大きい所です。帽子売り場に行き、試着します。よくわからないけど、気に入らない。わかった。大きいスポーツショップへ行こう。着きます。沢山のスポーツキャップが。試着します。どう?グッドだ!しかし、顔がいまいちそう。店員さんの女性くる。綺麗な方だった。ジェイは帽子はここだけ?僕は女性に聞きます。後、ゴルフ売り場のーー。僕はないと言って下さい。笑っています。あーだで、青のナイキに決定やっとだ。心の中。ジェイは会計に行き、お札を不満足そうに置いている。女性はどうして?的でした。やっと終
わった、帽子選び。出口に歩いて行きました。へいっ!あの人はとても綺麗だと。しっかり見ていた。僕は、出口から、彼はあなたがとても綺麗だと言っている。叫んでやりました。ジェイ逃げる。次にやっと仕入れの魚です。とても大きいです。ジェイは興味シンシン。僕は仕入れだけすまし、会計へ。でかい声で人の名を呼ぶな。行きます。ジェイの大好きな鮟鱇。しかも巨大。魚屋の爺ちゃんに英語でまくし立てています。どこが光る?そしてみたいと。爺ちゃん。あいよっ〜と言って持ち上げてくれました。ワォ〜!しかし頼むからそんな巨大なのを買わないでくれ。それは買いませんでしたが、小ぶりな鮟鱇、他。帰ります。夕方帰ります。やっぱり、朝食べて、旅に出るからと、僕卸して鍋作ります。他の魚はラップして冷凍。持ってくの忘れないで!鮟鱇の作り方を説明。グッドだ!Uと俺は店を開こう!ありがとう。翌日、鮟鱇は綺麗に空っぽ。しかし、冷凍した魚は忘れて行きました。ラストへ続く

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/02/08 20:22

J day′s

こいつは雪の中泳ぐんだよと。そう。それはいいことだ。
続き ジェイは今回の旅行には自転車は持ってきませんでした。前回の帰り、自転車は持って帰らない。あげるよ!おーサンキュー!ジェイのポルシェくれんの?Uは頭おかしい。冗談の通じない男。ほとんど、電車か僕です。これもある1日。グリーンシーズンでした。自分は休みでした。ジェイ渓流行くけどどうする?行くと。雪はなくなり、寒くもなく、風が心地よい。魚も動いてます。しかし、前回のことがあるので、神妙な顔つき。30分登り、始めました。数分後。ヘイヘイヘイー!ジェイの釣り竿がしなっています。しなっているのはいいのですが、ジェイは捕り方を知りません。僕は網を持って沢に入り慎重に。イエス!!大きいよ!ジェイ掴む。ウォー!雄叫び。初めて釣ったみたいです。その後。1キロも歩かないうちにジェイは4匹釣りました。とても素晴らしいことでした。ところが、歩いていくと平地が。ジェイは、すでに満足。いつも通り沢の音、サウンドがなぞと言って、昼寝開始。おいっ!おっちゃん寝るな!置いて登って行きます。だけどしばらくして、こんなとこ置いて置くわけにはいかない。戻ります。へいっ!起きて。釣れたか?うるさ
いな。もう、やる気なしです。戻ろう。ご機嫌です。僕は夕方までやりたいのに、まだ昼。あーあ。つまらない。へいっ!U。どうした?足どり重いぞ!荷物やらなんやら背負っているのは僕です。ジェイが釣った魚が重いんだ。いきなり不機嫌。人のジョークと気持ちが通じない男。続

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/02/06 09:52

温もり

久しぶりの雪です。チビ柴はチビの枕にされて。一緒に暖かい

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/02/05 22:29

風天達

昼間に。ありゃっ。誰?しっぽは家の子のトラ模様。目つきの悪さは牛模様のぶー。 続きより。ジェイが帰ってしばらくすると、家に小包が。子供用の毛糸の靴下、帽子やら。民族衣装のようなシャツ。手紙。たまに、途中できれてしまう、長い電話番号の着信。なんだ?ヤー!ジェイ!おージェイ!。と電話をくれました。僕は電話くれるたび今どこ?としか。どこどこナウと。そうか。そんなんで、次の冬。約2年前になってしまいます。帰ってから次の冬。また来ると。いいよ。着いたら来る前に電話して。わかったと。しばらくしたある日、スーツケースを持って歩いてきました。ジェイきたよ。家の母ちゃん。電話なんて連絡なんてしません。家のチビ走って、飛びつく。ジェイ!再び始まります。ヤー。久しぶりなどなど。ここにいていいか?と。構わない。どうせどっかいくんでしょ。その通りでしたが。それで、掃除だけ手伝ってと僕。I スィー。しかし、真面目にやったのは2日間だけ。とにかく、指示されるのが大嫌いな人です。どこかへ行っては帰ってきます。帰りには同じように野菜、アイスクリーム、果物、さらに大量の魚。野菜はお土産。魚は
半分くれて、後は冷凍して次の旅に持って行きます。さらに魚を卸してラップしてと全て僕の仕事。どうやって食べるのかというと、雪を溶かして沸騰させて、スパゲティに混ぜるそうです。それを時に深夜2時までやっているそうです。それでも魚が大好きなのです。鮟鱇一匹、1人で朝から食べてしまいます。ジェイのわがまま旅、いやいやサバイバルは続きます。ジェイはいつも適当に来ます。何度言っても電話してきません。電話知らないわけではなく、ジェイはしっかり日本の携帯を持っていました。3月です。僕は休みでした。本当は沢に行きたいけれど。ジェイ!今日は海釣りに行こう!O.K.海に着きます。僕は全て準備します。ゴー。すぐ釣れます。しかし、フグです。これは毒だ!たべれない。すぐ釣れてもフグ。オ〜!10分後。やる気なくし昼寝開始。しかし、20分後寒いらしく、起きてどこかへ行ってしまった。もうほっておく。しばらくすると帰ってきます。さらになんだか釣り竿を持ち防波堤の先端部へ。おっ!やる気出たな。1分後。釣り竿がギュンギュンと。ヘイッ!呼びます。僕は走って行きます。釣れた!なんだ?かなり型のいいイワシ
です。おっー食えるよ!僕は自分の場所戻ります。1分後。また、釣り竿がギュンギュン。ヘイッ!走って行きます。80M位です。また型のいいイワシです。しかし、ジェイ!俺はここでイワシ釣れるの聞いたことないよ!ジェイは今、イワシの群れが俺のとこにきてんだ!と。戻ります。繰り返します。またか?僕にはフグばかり。イライラ。またイワシです。いったいなんだ?防波堤のライトの裏には隠して袋の中に沢山イワシが。これはジェイが釣ったのか?そうだよと。何!悔しい。しかし、しばらくして嘘だと。貰ったと。フラフラといない間に漁港に行き、帰ってきた漁師さんがくれたと。ジェイは死んでしまった魚を釣り針にかけ海に投げて、釣り竿をギュンギュンとやっていただけでした。嘘だとわかり、目が点になっていた僕の顔を見てジェイは大喜び。ホントに地面に転がって喜んでいました。しばらくすると立ち上がり、あいつは、漁師さんはただでくれた!いい奴だと。うるさいわっ!続

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/02/04 21:22

ジェイ 笑い

ジェイは荷物など置き、この辺に行くと言って、旅に出ます。食料がなくなると、帰ってきては、2、3日休んでいきます。帰ってくるときは、大量の野菜、果物、お土産に。そして厨房に入りサラダや、自国の料理を作ってくれます。しかし、ハーブ系が多いので、大人向きです。さらに切ったり、あーしろなど命令されるのは僕です。味はこんなので任せると言いつつ、1分に1度チェックされます。こんな中に笑いがあります。随分、腹から笑ってなかったような。時に無言になります。時にカンパーイ!よくわかりませんが、知ってる日本語を叫びます。機嫌がよいらしい。そんな風に過ごしてました。3月。イワナ釣り解禁でした。ジェイは一緒に行くと。いいよ。雪はのこり、かなり寒いです。道は崩れていたり、当然危険はあります。ジェイは歌を歌い、手を繋いでUと釣りだ嬉しいななどと始めは言っていました。1時間もしないうちに、同じ場所から動かず、釣り竿を振り回しているのです。この時期は我慢です。イワナも動いてません。しかし、持ってきたお菓子を食べ始めて、すごい寒い!怒っているのです。わかった。戻ろう。帰り道、Uは山をわかってない!と。
うるさいな。自分が一緒に行くと言ったくせに。この頃、家の下のチビは保育園生で、ジェイにくっついていました。おーい!チビと一緒に道の駅にアイス食べてきていい?ありがとう。帰ってくると、今2人で戻ったぞと。僕らはそういうところの几帳面は信用していた。さらにジェイは子供が大好きなのである。ジェイは自国から自転車を持ってきていた。ある日、チビの保育園に今から行って、子供達を後ろに乗せていいか?と。突然じゃだめだ。電話して聞かないと。そうか。これはやめました。そんな風で、ジェイは、ある日、俺は、今から、大平洋側の被災地にボランティアに行くと。わかった。自転車で行くと。ルートを聞いたので、じゃあ、糸魚川まで、車で送ってくよ。糸魚川のスーパーに着きます。俺は食料を買って行く。いろいろサンキューと。さようならか、またね。どっち?アイ ドント ノー。いつもハガキで俺はここにいるナウとくれます。数週間後、帰ってきました。昨日、Uは休みだった。河原で寝ていたそうだ。涙を流していろいろ話しをしてくれました。ショックだったと。こんな時間が過ぎ、国に帰ると。白馬まで送り、日本は好
きだけど、物が高い。もうこないかなあ。わかった。だから、Uが俺の国にこい!それは難しいんだ。手を振って別れました。続

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/02/03 20:10

風の中 出会い 笑い

未だに雪は少ないかざふきの付近です。出会いを書きました。そうすると、僕はここで働いていてこの人を書かないと出てきます人です。やや長くなります。会った方もおられると思います。出会い、今から約2年前のこの時期でした。風呂にきたある外国人です。ちょうど他の方の夕食時でした。そして泊まりたいと言ったのだと思います。出たのは家の母ちゃんだったはずです。しばらくして、何か食事。僕は夕食は予約した方しか今からでは無理と言ったような記憶です。落ちついたのでおにぎりを握り、しか肉と蕎麦を持って行ってあげてと母ちゃんに。これは、豚肉じゃない?と聞いてきて違うと言ったら食べ始めたそう。そして夜、風呂で会いました。ハロー。日本人の男は冷たくて不親切で嫌いだとなんやら。夕御飯を断られたことを恨んでいた。しかしおにぎりやらなんやら作ったのは僕です。おいっ通じてんぞ!次の日。今日も泊まりたいと。館内ぐるぐる周り。おいっ!おっさん!俺はバイトじゃないぞ!などなどで夕食。Uはグッドだ!ありがとう。始まります。ジェイとします。ジェイは白馬に荷物を置き、冬山に籠もり、食料、燃料がなくなると降りて?くる人で
した。今でもわからないですが、冬山に登ってテントを張り、過ごすそうです。なんの為に?何が楽しいのだろう?2日泊まり、出発しました。短縮しますが、数日後下山。電話がなりました。俺は、ジェイ!今からUのところ行っていい?構わないよ。などなどでもう、家の家族と一緒に夕御飯です。次の日?俺は白馬のホテルに荷物を置いてある。ここへ移動したいと。いいよ。かざふきを基地にし、荷物を置いて置いてということです。僕は車でジェイの基地に行きます。などなどで、ジェイは兄貴になります。続

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0]