18/06/13 20:39

語り継ぎ継ぐ

近くの、名人に電話します。どこか、沢へ連れて言って下さい。釣りかい?はいっ。いいよ。ほんじゃ、あそこ言ってみっか。はいっ。この方達が、行く場所は、深い山です。今からもう7、8年経つのでしょうか。連れていってもらったことが、ありました。  名人の車で、朝の5時に出ます。着きました。雨が、ちょっと、気になる。どうするか?ここは、谷が、深いから、逃げ場所がねんだ。はいっ。俺、1人できて、えらいめにあったことがある。今日はここやめます。前に連れていってもらった場所も、深く、その時、雷、どしゃ降りになり、待機した思い出が。少しくらいと、思って行くと、事故になるような山深さです。今度、晴れた日に、やってみ。ほんで、あそこから、登れ。あっちからの方が、楽に見えるが、ちょっと登りゃ、えれえ崖だ。(危険な。)この、僅か100メートル位ですが、登り口を間違えるだけでかなり危険ということが、あります。これは、道ではないので、うまく説明できないですが、この、山の地理知識には、感動しかと。これから、数時間続きます。ほんじゃ、ぐるっとこう周りながら、場所教えてやる。ありがとうございます。10箇所位だった、はずです。この沢もいる。ここから、入って戻ってくる。春先がいい。でも、雪崩に気をつけろ。走ります。今日は、濁りがあるが、ここもいい。今、ゲートで閉まってたが、あの先もいい。などなど。トータルで、200キロ位は、走って教えてもらいます。山のものは、シーズンで、1箇所、1回です。よく聞きます、舞茸など生える場所は、絶対に人には教えないと。イワナは魚ですが、どうしてポイントを、教えてくれるのか?夕方、帰ってきて、おりゃー年だで疲れる。確か、前に聞いた時、70才を越えていたから、あれから、何年か。釣りは、続けても、もう、教えてくれた場所には行かないんだろう。これは、書いている今になって、思うのですが。聞いただけでなく、実際に、歩いてみないと何もわからないですが。自分は、話しを継いだので。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/06/06 22:41

梅雨入り

雨が、降らなければいけない季節です。季節が始まりました。わかってはいますが、なかなかと。その日は昨日は、晴れでした。さて。滝に行こう。鉄砲うちのボスに聞いた滝に行くには、時間もない。大工の、親方からも、本物の、滝があると聞いた所があります。そこに、行こう。あそこは、危ねー。ぐるっとこう、迂回して降りんだ。バイクで行き、知らない斜面を下ります。これは、結構というか、かなり神経を使います。道ではないので、何かあっても、どうしようもありません。関係ないのですが、お笑いの、ダチョウくらぶの、寺門さんは、山のなかを、1人で、ほふく前進だけで、登ると。やっぱりおもしろい。自分は、竜兵さんのように、絶対おすなよ!絶対おすなよ!的に、降ります。竜兵さんは、ここで、仲間に押してもらい、落ちるわけですが。滝へ。どこにあるのか?結果は、わからない。ここで、やめとこう。山は、進む決断。戻るのも、勇気です。           と、何かのポスターに書いてありました。言い訳。戻り道が、きつすぎる。そこは、沢です。流れの横の、岩を、歩きます。ふと、足もとに、気配が。うわっ!蛇が2匹、絡みあっている。これはまむしでは?この光景は、なかなか、気持ち悪いです。蛇は、伸びているときは、平気。丸く、トグロを巻いていると、飛びます。これは、本当で、飛ぶいうのは、攻撃で、棒を持った僕対蛇で、蛇は、丸まっては、しゅっと、飛びかかってきました、ふーんと。なりますね。しかし、蛇は、金運の神です。風呂にくる、じいちゃんは、まむしの、脱皮した、皮だと。これを、財布にいれておけと。お金がたまる、御守りだとくれたことがあります。まだ、入っています。この日の蛇は、するするっとほどけ、逃げていきました。さようなら。山道に、止めたバイクに戻りました。さて。時間がある。もう少し上に、走ってみよう。舗装は、されていません。しばらくすると、チェーンで、道は行き止まり。しかし、上が見たい。バイクの、自分は、すいっと。(地権者の方がいて、違反行為です。)ここで、タイヤがパンクしたら、大変なので、体重をかけないように、競馬のジョッキーのように。ハイドーっと。僕は、登りです。その時、ザッーとブレーキの、下りの、軽トラが。うそっ。まずい。何か顔が、メチャクチャ怒っている。(当たり前に、侵入者に、急にブレーキ。)Uターンして、謝ろう。追いかけます。追い付きます。バイク停めます。山菜などは、何もとりません。歩いて登って良いでしょうか?軽トラの旦那さんは、何も言わず、僕の格好を見て、魚は釣れたかい?と。すいませんと、ありがとうどこかの旦那さん。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/05/29 21:54

滝の先

風呂に来るじいちゃん、何かの話しから、いつか書きました、滝の話しになり、その滝を越える道があると、話してくれました。行ってみたい。連れてって下さい。ほんじゃ、火曜に連れてってやる。ありがとうございます。行きます。どんなとこだろう。どんだけ、イワナはいるのだろう。行く前に、そこは、クマの巣と呼ばれていると、ボスからきいかている。なぜなら、山が深く、(ものすごい)いろいろな場所からの山の水で、雪解けが、早いからだと。なるほど。納得。じいちゃんは、俺は釣りはしね。沢まで行く。途中に、帰りの目印を付けていきます。沢に着きました。1時間はかかっている。座ります。クマの巣と呼ばいるのは、もう少し下のとこでしたよね?いやっここだ。ありがとうございます。ちょっと、やってみな。はいっ。しーん。しーんが20分くらいでしょうか。なぜ?そんじゃ、おれは、ゆっくりと、戻るで。はいっ。 一人で 釣りします 。しーん。響くのは、たまに、吹く僕のホイッスル。ピッピッぴー!サッカーみたいだ。  来た道を戻ります。目印がありがたい。しかし、途中で、なくなっている。なくなっては、いないだろうけど、近道して行こうと思います。それが、駄目です。藪と、小さな崖ばかり。だけど、登ろう。登ってやる。逃げては駄目だ。(また、来た道を戻りたくないだけ。)木につかまり、蔦につかまり。蔦について。つた。蔦は、これが、なんと言えば。行きには、足、首、リュックサックにからまり。体重全開にかけても切れません。それで、足を曲げたり、一歩下がり、身体をよじったり。余計な、体力を使います。それなのに。登りのとき。はいっ!よいしょっ!ここに、足
をかけて、あの蔦に捕まれ。掴んだ。ぶちッと、切れます。落ちます。はいっ。やり直しー。いつも、裏切ります。つた。   とにかく、1回やらなければ、何もわからない。歩くことが、僕にとっては重要。身体の調子が。だけど、じいちゃんと、約束したし。謝ってやめようか。行きます。緊張と、イワナ大量の夢で忘れます。夢は置き、撮る元気がなかったですが、うど、タケノコ、貴重そうな、山野草がありました。今日はこれで。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

18/05/16 15:03

たら

沢に釣りに行きます。名人から、聞いた近くの場所へ。去年は、そこに行き、熊に会った。そして、歩いて行くと、本当の滝がありました。この滝は、鉄砲で撃たれた、獣が、死を感じたら、最後に向かう場所と、聞いたときから、何となく雰囲気的に思いました。 今日は、この、滝を越えよう。去年は、越えられなかった。結果は、結構簡単でした。これはいつか滝の、写真と共に書こうと思います。  この滝を越えたら、どうなっているのだろう? イワナはいるのだろうか。今は、まだ、藪にはなっていないので、安全そうな道を探します。山が、崩れていました。ぴょこっと1本、目につきました。これは、タラノ木だ!一緒に、崩れ落ちて、そこで、再び咲いたのか。いいものを、見つけた

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/05/04 21:34

キツネ

ゴールデンウィークは、後半に、なります。雨が、ぱらぱらと降ったりしましたが、ほぼ太陽が出ていたような、過ごしやすい日が続いてると思います。 ゴールデンウィークに、なぜキツネなのだろう?自分でもそう思います。 4月の終わりに、ブログは変えないのです?と聞いてくださった、お客様がキツネはどうしたんでしょうと。僕は、多分だめだったと思うと言いました。それから、2、3日後のことです。よるの、8時位だったと。うちの子が、あっ!ベランダを指差して。へっ?僕には体しか見えませんでしたが、でかっ!キツネだと。体つきは、毛がモサモサとして、誰が見ても、キツネだと。よろしい。うちの母ちゃんを、上目遣いで、見つめたそうでめちゃくちゃかわいい。今まで見た中でも1番かわいい。うちのアリーと一緒だ。(うちの犬。さらっと親バカ。)僕は、あなたの、横幅で、キツネの胴しか、見えなかった。もう、ネコの、ぶーもとらもいません。残ったのは、いつかのための?フードだけ。だけど、ずっと何もなかった、ベランダに何で来たのだろう?これは、人間の勝手な憶測。まーい。豆まきのように、ベランダへ。次の日見ました。食べてません。それから、魚のアラやら、出し殻を、川原の方へ。次の日見ます。ありません。ここ連日、毎日置いておきます。次の日、きれいにありません。食っている。何かが。カラスでは、食べられない、量と、時間です。ダレ?夜に、電話のカメラで、撮ろうと、待ってるのですが、無理そうです。それなので、キツネに似ている、うちの犬で、書きます。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[2 ]   トラックバック[0]