17/02/09 13:29

タヌキ

どんと降ってから雪は小康状態です。この季節に雷雨だったりと。山にどんと雪が被ってしまうと、餌を探して、獣達が降りてくるそうです。肉をわけてもらいます。シカ、イノシシです。食べれない場所を掃除します。そばつゆの為にとった、出汁殻と混ぜて、裏の窓から外へ置いておきます。気持ち的にキツネの為。タヌキは何でも食べれそうな。この行為に何か思う方がいるかもしれませんが。夜になると、猫系の鳴き声で取り合いの声が毎回、聞こえていました。間違いなく一匹ではなく、争っている。なんとなくタヌキはいるはずと思っていました。ある日の夕方にまた争っている声が。今日は確認できる。窓越しから顔を出すと、タヌキが3匹。3匹も?子供達を呼びタヌキが3匹いる。裏山にのそのそ帰る途中。いたいたあそこ!待って4人いる!にん?タヌキって群れでこうどうするんだー。?わからない。写真はこの日は何もなく、正面に猫のエサを食べにきたもしくは催促にきたと思われます

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

17/01/23 18:05

ムシノシラセ

子供の頃に知った言葉ですが、自分的にはあまり良いときに使った記憶はありません。前回に書いたように、クリスマスから年始にかけて、雪がありませんでした。肝心な時に。カメムシという虫の話しです。知っているかぎり、この虫が多い時は雪が多い。覚えているかぎり、外してきません。ついに、カメムシ外しやがった。と思いきや。知らせ通りです。カメムシ、無視できませんし、チビ芝の散歩では前が見えないし。これが、いつ、どんと来るかわからん。と去年言った、じいちゃんの話しを思い出し。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

17/01/18 17:09

そんな時期

天気予報の通り、数年ぶりの低気圧で雪が降り続きました。そんな時期です。僕の好きなお客様がいます。年間何度もいらっしゃって頂いています。お歳は70代ですが現役の会社社長さんです。かざふきのロビーに飾ってある、かざふきの絵を書いてプレゼントしてくれた方です。おじいさんは明るい方。おばあさんはいつもニコニコと。仕事していて、救われるとか報われるとかの表現になってしまうような。うまく言葉が。去年の9月の土曜でした。午後3時からの営業でした。次の日に泊まる予定で前泊の宿の前によって下さったと。話しをしていると家の母ちゃんに来年の9月予約と。僕は?何かあるの?今から1年後って。うちの子供の運動会見にくると。前日も運動会だったわけで。などなど。僕話します。仕事からくる、現実。状況。うんうん。そうね。今はね。君はそういう時期なの。僕もそうだったし。そういう時期なんだよ。 だから僕は救われてしまったりします。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

17/01/12 14:00

春の始めのような静かな日が続いていました。寒いのですが、降っても雨。予報通り、降り始めました。 カメムシと言う虫がいます。言い伝えながらこの虫が大量発生すると、豪雪になると。今年はかなり発生しました。カメムシが大量発生するとなぜ大雪?かというと、室内の隙間に潜り込んで、冬眠します。今年は豪雪だ。隠れろ!虫の知らせ。というようなかんじです。大量発生と言っても都会の方には想像できないと思います。という訳で、去年は、どれだけの雪が降る?と思うくらい発生しました。しかし。まだ痩せ細ってはいない狐が、現れました。うろうろ。そのうちに猫の餌を食べ始め。今は魚のアラは出ません。うろうろ。生きてくれ。それから、春になり暖かくなると、家の隙間に隠れていたカメムシが、一気に出ます。ぶーんぶ〜ん×100

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

17/01/01 19:49

1.1

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
この子達には、新年もたぶんわかりません。だけど、おっ!今日はなんか、飯がいつもと違う。そんな風に始まり

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[1 ]   トラックバック[0]