18/06/06 22:41

梅雨入り

雨が、降らなければいけない季節です。季節が始まりました。わかってはいますが、なかなかと。その日は昨日は、晴れでした。さて。滝に行こう。鉄砲うちのボスに聞いた滝に行くには、時間もない。大工の、親方からも、本物の、滝があると聞いた所があります。そこに、行こう。あそこは、危ねー。ぐるっとこう、迂回して降りんだ。バイクで行き、知らない斜面を下ります。これは、結構というか、かなり神経を使います。道ではないので、何かあっても、どうしようもありません。関係ないのですが、お笑いの、ダチョウくらぶの、寺門さんは、山のなかを、1人で、ほふく前進だけで、登ると。やっぱりおもしろい。自分は、竜兵さんのように、絶対おすなよ!絶対おすなよ!的に、降ります。竜兵さんは、ここで、仲間に押してもらい、落ちるわけですが。滝へ。どこにあるのか?結果は、わからない。ここで、やめとこう。山は、進む決断。戻るのも、勇気です。           と、何かのポスターに書いてありました。言い訳。戻り道が、きつすぎる。そこは、沢です。流れの横の、岩を、歩きます。ふと、足もとに、気配が。うわっ!蛇が2匹、絡みあっている。これはまむしでは?この光景は、なかなか、気持ち悪いです。蛇は、伸びているときは、平気。丸く、トグロを巻いていると、飛びます。これは、本当で、飛ぶいうのは、攻撃で、棒を持った僕対蛇で、蛇は、丸まっては、しゅっと、飛びかかってきました、ふーんと。なりますね。しかし、蛇は、金運の神です。風呂にくる、じいちゃんは、まむしの、脱皮した、皮だと。これを、財布にいれておけと。お金がたまる、御守りだとくれたことがあります。まだ、入っています。この日の蛇は、するするっとほどけ、逃げていきました。さようなら。山道に、止めたバイクに戻りました。さて。時間がある。もう少し上に、走ってみよう。舗装は、されていません。しばらくすると、チェーンで、道は行き止まり。しかし、上が見たい。バイクの、自分は、すいっと。(地権者の方がいて、違反行為です。)ここで、タイヤがパンクしたら、大変なので、体重をかけないように、競馬のジョッキーのように。ハイドーっと。僕は、登りです。その時、ザッーとブレーキの、下りの、軽トラが。うそっ。まずい。何か顔が、メチャクチャ怒っている。(当たり前に、侵入者に、急にブレーキ。)Uターンして、謝ろう。追いかけます。追い付きます。バイク停めます。山菜などは、何もとりません。歩いて登って良いでしょうか?軽トラの旦那さんは、何も言わず、僕の格好を見て、魚は釣れたかい?と。すいませんと、ありがとうどこかの旦那さん。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=47137

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません