07/06/26 17:28

『ねこ』『こも』『むしろ』『ござ』の違い

うちのおやじに聞いて大体の事は解りました。
ござはイグサで作ったもので、今で言えば畳表の様なもんで・・・北信だと昔は飯山産が有名だったらしいです。

こもはむしろと同じ様なもんで・・・ワラを編んでつくるのですが、ねこより薄くて植木なんかをくるむのに良く使うとの事です。

ねこは、ワラを編んで作るのですが、厚味が約2センチくらいあって、昔は畳の変わりに使ったらしいのですが、モミを干すのにも使ったとの事です。

もっと昔は、ワラをすいた『すべ』と呼ぶワラの皮に当るものを敷いたらしいですね。特にお産の時とかは『すべ』を使ったらしいです。
そう言えば、すべ縄って今でも良く言いますね。

ちょっと、勉強になっちゃいました・・・
でも今時、そんな事知っててもあんまし役にはたたねかもしんねけんが・・・

カテゴリ[ 今日の方言]   コメント[]   トラックバック[1] 

この記事へのコメント

聞きますねー
おらじゃ まーんずまーんず ともいいます まーんでまーんで とも 
まーんずまーんず 暑いだねーかい なんてね
投稿者: bga07100   07/06/28 16:05
確かにせえますねぇ。
ま〜んずま〜んずとか・・・
おらちのババさが良くせってたなぁ・・・
投稿者: bgb75830   07/06/28 17:07


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2696

この記事へのトラックバック一覧:
サルバトーレフェラガモ
サルバトーレフェラガモ: 『ねこ』『こも』『むしろ』『ござ』の違い - 信州北信濃の方言
2013/07/05 10:29