17/11/17 13:09

温泉

 『入湯手形』でいろいろな旅館の露天風呂に入れる事で有名な熊本県の温泉地に行ってきました。

 昨年4月の地震では温泉そのものや建物などへの被害はそう多くなかったものの、道路に被害が出たり心情的なものでお客さんが一時的に減ってしまったようですが今は回復されたようです。

 

 

 ちょうど紅葉の見ごろが終わりのころでしたが、今年は例年より1週間ほど早いとのこと。朝晩は息が白くなるほど冷え込みました。

 宿の方に教えていただきました。

 「九州だから冬でも暖かいと思っている方も多いですが、そんな所は鹿児島・宮崎くらいです。お客さんはどちらからお越しですか?長野県から?この辺では冬になれば雪も降るし道路は凍結します。」

 「生活するにはスタッドレスタイヤが必要ですし道路に塩カルも撒きます。山の中には白樺の生えたところがありますし、花きを生産する農家さんはりんどうを作っています(笑)」

 今回は出ませんでしたが馬刺しも食べる所でしたね。

 長野県から鉄道、飛行機、高速バスを乗り継いでおよそ10時間かけて来た九州の山奥の温泉地がずいぶん身近に感じられました。

 

 

 『入湯手形』でそれぞれ泉質と趣が違う露天風呂3カ所+宿の露天風呂に入らせてもらってしっかり英気を養ってきました。少しは地震被害からの回復の支援になってくれれば良いのですが。  (S)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/11/10 11:22

目線

 暦の上ではもう冬ですね。県内でも北の方や山では雪の便りも…日によって寒暖差が激しいので体調管理に気を付けなければなりませんね。今年の風邪は喉にくるようです(本人談)


 先日行われた「松本文化会館会館25周年記念NHK交響楽団ベートーヴェン第九演奏会」 にたくさんの方のご来場をいただきありがとうございました。NHK交響楽団の繊細で緻密な演奏と公募合唱団による迫力あるハーモニーをまとめ上げる指揮者の尾高さん。まさに歓喜の歌でした。

リハーサル前のお客様のいらっしゃらない会場で合唱台の一番上に立ってみました。

こんな目線で会場を見ているのですね!

↑↑↑はソプラノソリストの森麻季さんの目線です。

↑↑↑は指揮者の尾高さんの目線です。演奏者がいないので臨場感がまるでないのが残念です…

最後はコントラバス奏者の目線です。今回の演奏者の中に長野県出身の方も何名かいらっしゃいました。コントラバス奏者の西山さんもその一人です。

客席からとは違う目線で演奏会の雰囲気がなんとなく伝われば幸いです。

まだまだ会館25周年記念のイベントは続きます、皆様のご来場をお待ちしております。(樹)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/11/04 10:22

公演迫る!!

当館の開館25周年を記念して開催する「NHK交響楽団 ベートーヴェン第九演奏会」がいよいよ明日に迫って参りました!

本公演のために特別に結成された公募合唱団「N響松本公演第九合唱団」も合唱指導の岩村力先生ご指導のもと9月、10月と練習を重ね、いよいよ本番に向けてラストスパート!

本日は午後から本公演指揮者:尾高忠明先生による合唱指導があり、夕方からはN響とのオーケストラ合わせに臨みます!

公演は明日11月5日(日)16時開演、当日券もございます(S・A席のみ)
皆様のご来場をお待ちしております!!(ヒ)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/10/27 10:21

紅葉の季節

池田町の大峰高原に行ってきました。

ここには樹齢が250年以上と言われている「七色大カエデ」があります。

樹高が12メートル、幹回り3.3メートルという大カエデです。

地元の開拓団の方が昭和22年に開墾の際に見つけて残し、それが年月を経て成長し大カエデになりました。

 

 

葉の色が緑から黄緑、黄色さらに橙色から赤色へと色づいていきます。

例年ですと、11月初旬には真っ赤に染まるそうです。

 

会館と体育館の間に植栽されているケヤキも色づき、一部では落葉もしています。

 

 

会館北側のイチョウも色づき始めています。銀杏も落ちていますよ。

 

 

11月5日には当館の開館25周年を記念しての、

[ NHK交響楽団 ベートーヴェン「第九」演奏会 ] が開催されます。

他では聴けないN響松本公演です。ぜひこの機会にご来場いただきお楽しみください。(直)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/10/20 10:00

冷房から暖房へ

 10月になって先週は松本市でも最高気温が25度以上の夏日がありましたが、ここ数日は秋を通り越して冬のような気候になりました。

皆さんの家庭でもこたつやストーブを使い始めたと思います。

キッセイ文化ホールでも今週、空調設備を冷房から暖房に切り替えました。

 冷房の時は10度前後の冷水を空調機器に送って冷風を出していました。

暖房は50度前後の温水を空調機器に送って温風を出します。

以前は冷房も暖房もボイラーを使っていましたが、3年前に高効率の空調設備に更新した結果、燃料(灯油)も大幅に削減できました。

開館以来使用しているボイラーも更新できれば更に効率が良くなることでしょう。

この後も冷たい雨が降り続き、台風の進路も気になります。

皆さんも風邪をひかないようご自愛下さい。(芳)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0]