19/02/15 08:30

お出かけまつぶん広場

 暖冬・暖冬といってもやはり寒いものは寒いですね。インフルエンザもピークは越えた感じですが、油断せずに体調の管理を万全にして穏やかに過ごしたいものです。 

 2月2日南相木村で「信州文化会館ネットワーク事業 お出かけまつぶん広場・南相木演芸会」を開催しました。

 この事業は多くの県民の皆さんに芸術文化に触れる機会をお届けするものです。今回は落語の公演です。

↑↑↑南相木村公民館・からまつホールでの公演です。木目の外観が美しい素敵なホールです。

↑↑↑公民館長さん曰く「村民の5分の1」の皆さまに鑑賞していただきました。

↑↑↑出演は二ツ目の古今亭始さん。以前は介護福祉士として働いていたという経歴の持ち主です。人柄の良さが出る軽快な落語で今後も期待大、是非とも「まつぶん新人寄席」の高座にものぼっていただきたいです。

↑↑↑「まつぶん新人寄席」からおなじみの三遊亭ときん師匠。昨年度の真打ち昇進披露興行も大好評でした。何度聴いても面白い、さすが真打ちです。

↑↑↑余興として、ときん師匠の「かっぽれ」の踊りもあり、会場は大盛り上がりでした。

 

 ちょっと先の話ですが、6月には「第22回 あしたは真打ち まつぶん新人寄席」が開催されます。

 

 若手の実力派の2人、今から楽しみです。(tsuna)

 

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0]