18/04/13 08:30

暖かな季節です

今年は、春が早いようです。あちらこちらで桜が散ってしまうほど。

例年ですと今頃が見ごろの所が多いのですが。

それでも、山の近くの桜は今がちょうど見ごろとなっています。

天気もいいことですので、近くの神社に久々に行ってみることにしました。

空は晴れ渡り、とても気持ちがよい日差し。

車を降りて写真を一枚。ここは国宝の仁科神明宮です。そしてここは一ノ鳥居です。

この神社は日本最古の神明造を持ち、天照大御神をおまつりしています。

 

小さな頃ここでよく遊んでいました。

 

境内を進むと御神木が。

 

倒れてしまった木の根も大切に保存しています。

 

見えてきたのが二ノ鳥居です。

 

 

社務所の反対側には池もあり、山の冷たい水の中に錦鯉も泳いでいます。

 

石畳を進むと、階段の上には三ノ鳥居となっています。

そしてこれが神門、奥に拝殿、その奥に本殿があります。

 

神門の脇には神楽殿があり、神事などが行われます。

詳しくはホームページなどご覧ください。

拝殿の横には、昔の御神木のなごりが残っています。

それにしても大きな木でしたね。

久しぶりに昔に戻れたような気がしました。

本当はよく屋根に上って近所のおじさんに怒られましたが。

皆さんも小さな頃の遊び場に出かけてみてはいかがでしょうか。

仁科神明宮は来年20年に一度の「式年遷宮祭」が行われます。

これは伊勢の皇太神宮にならい20年に一度社殿の造営を行うものです。ご神体が一時仮宮に移り、造営が終わると真夜中に白装束の神宮や氏子により本殿に戻るのですが、ろうそくのわずかな明かりの中行われるみたいです。この地区の一大イベントで、各家では「ご遷宮貯金」を行っているそうです。

それから花粉症の方すみません。境内はほとんど杉の木です。(ま)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

18/04/06 17:16

まつぶんギャラリー 開催中です!!

新年度がスタートしました。
今年はあっという間に桜が咲き、会館周りの桜もちょうど見ごろを迎えています。
しかし天気の影響でいつ終わってしまうか分かりませんね…
悔いのないよう、今のうちにたっぷり見ておきたいと思います。


さて新年度最初にご紹介するのは、まつぶんギャラリー 
古川富章作品展「誌的印象〜絵画写真の世界」です。

 



安曇野市在住、古川富章さんのデジタルアート作品を展示しています。
場所はレストランパウゼ横の特設フリースペースです。

 

 

幻想的で引き込まれてしまいそうな作品の数々が並んでいます。
どなたでもご覧いただけますので、お花見を楽しんだ後は
ぜひこちらに足をお運びください!

 

<期間> 平成30年4月1日(日)〜4月30日(月・振休)
<時間> 8:30〜17:15(最終日は15:00まで)
※休館日 4/3(火)4/10(火)4/16(月)4/17(火)4/18(水)4/24(火)

 

お待ちしております♪(く)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

18/04/06 14:20

会館周辺 さくら開花情報2018 その2

明日からの土日は一番のお花見日和ですが、残念ながら今日から天気が下り坂のようです。

桜1


桜2

風のおかけでこんな面白い写真も撮れました。
桜3

桜4

桜5

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

18/04/04 11:09

会館周辺 さくら開花情報2018

【4月4日】

昨日の気候により、一気に開花がすすみ満開です!

長く楽しめると良いのですが…

 

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

18/03/30 18:09

爛漫

ここ数日の温暖な気候により
例年よりも桜の開花が早まりそうです。
会館の周りも少しずつ蕾が色味を帯びてきています。

今年度は開館25周年という節目の年となり
NHK交響楽団による「第九」演奏会を目玉として
様々な周年記念事業を催してきました。
楽しんでいただけましたでしょうか。
来年度もまた気持ちを新たに、職員一同頑張っていきたいと思います。


頂きものの胡蝶蘭
二年越しにもう一度咲かせることに成功しました!
コツコツ水遣りした甲斐がありました。。。
贈り物として人気の胡蝶蘭
≪幸福が飛んでくる≫という花言葉があるそうです。
皆さまの4月からの新しい生活に幸多からんことを祈っています。
(中)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0]