17/09/29 16:45

〜秋ですね〜

一雨ごとに季節が進み、昨夜は風がひんやり寒かったですね。
日は短くなり、赤とんぼ 鈴虫の声 金木犀の香り などなど一気に秋を感じさせます。


色々なイベントが盛りだくさんの秋ですが、いよいよ10月1日(日)は「第1回松本マラソン」です。

 


スタート地点となるお隣の松本市総合体育館では着々と準備が進んでいます。


給水タンクの数もすごいですね。


今のところ、大会当日の天気予報は晴れマークとなっています。ランナーの方、大会を支えるボランティアの方々、体調を万全に整えて記念すべき大会当日を迎えてください。


さて、キッセイ文化ホールは芸術の秋。
2階特設フリースペースにて二つの展示が始まりました。
【木製模型 五台橋(鹿教湯温泉)】
【まつぶんギャラリー「信濃路を古典技法の水彩画で旅する」】
身近な信州の景色を切り取ったすてきな作品を、ぜひ一度ご覧ください。
(永)
 

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/09/22 08:30

祭りのあと

日中朝晩の寒暖の差に身体がついていけない と感じる今日この頃いかがお過ごしですか。

OMFが9月10日のCプログラムを最後に閉幕となりました。

出演者他、影で支えて下さった方々、大変お疲れ様でした。 また、来館されたお客様に感謝申し上げます。

すっかり、秋めいてきましたが、エントランスの照明も 秋へと変化しています。

 

祭りの後の静けさ、とはいかず、全館賑やかな日々が続きます。

 

 明日、9月23日、14:00から国際会議室にて、あしたは真打ち「第18回まつぶん新人寄席」が開催されます。

今回出演するのは、柳家圭花さん、柳家花ん謝さんです。

お時間お繰り合わせのうえ、お立ち寄りください。

来月以降も開館25周年の事業が次々と予定されています。  

合わせてご来館お待ちしております。

この時期、「ひやおろし」など、日本酒の魅力についつい、、、気をつけましょう。

KEN

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/09/15 17:18

2017OMF終了いたしました!

8月上旬からおよそ1ヶ月の間開催されておりました「セイジオザワ松本フェスティバル」は、9月10(日)に行われたCプログラムをもって全公演が終了いたしました。

プログラムの最後を飾るオーケストラCプログラムでは、世界的ピアニスト内田光子さんと、小澤征爾さんが指揮するサイトウキネンオーケストラによるベートーヴェンピアノ協奏曲第3番が演奏され、大盛況のうちに終了いたしました。

 

 

 

 

会場にお越しいただいた皆様、ありがとうございました!


さて、キッセイ文化ホールでは今後もまだまだ沢山のイベントを開催いたします!
読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋…そして芸術の秋!ということで、
秋はイベントが盛り沢山です!
公演情報は随時会館ホームページにアップされておりますので、
ぜひチェックしてみてください♪(く)


カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/09/08 10:54

「しばふコンサート」9月4日

 秋晴れの9月4日、恒例の「しばふコンサート」を開催しました。

今回はOMF(SEIJI OZAWA MATSUMOTO FESTIVAL)の期間中ということもあり、小澤征爾音楽塾オーケストラメンバーの皆さんによる演奏です。

開演前からたくさんの方の来場されました。


来場者数は466人と通常の倍以上の方が来場され、芝生エリアに入りきれない人も!!!


開演前にはOMFスタッフによるアコーディオン演奏が会場を沸かせました。


オーケストラメンバーの皆さんの演奏は、トランペット、ホルン、トロンボーン、バストロンボーンの金管楽器とドラムです。


 

最後は風船をもらって退場です。みなさんお疲れさまでした。



次回の開催は9月21日の木曜日です。
出演は「信州大学交響楽団」の皆さんの演奏と「おぼっこぼっこ」の皆さんによるわらべ歌と人形劇です。皆さんのご来場をお待ちしています。(牧)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/09/01 09:00

飛騨高山へ

先日、用事で高山市へ行く事となり、街を散策してきました。

 

 

皆さんも行かれたことがある方が多いと思いますが、
ここはいつもながら観光客が多いです。
修学旅行の学生さんたちもいっぱいです。
 
 
街を歩いていると、高山祭で使われる「祭屋台」を格納する所があちらこちらにあります。
一度祭りを見てみたいと思っています。

 

観光地のすぐ脇には、川(宮川)が流れています。

川にかかる橋、景色、風情があっていいですね。

 

しばらく歩くと、「飛騨高山まちの博物館」の看板が目に入りました。

入館料いくらだろうとあたりを見回すと、入館無料の看板が。 

 

外は30度以上の気温で暑くてたまりませんでしたのでさっそく入ることにしました。 

中の写真は撮ることができませんので外の雰囲気だけ。

 

昔は大きなお店だったそうで、その蔵などを改装して出来上がったみたいです。

 

入口の前には井戸の名残があり、今はその水を芝生などに撒いているそうです。

 

 

館内はその当時の刀や武器、高山祭の祭り屋台の紹介写真などがあり、

この土地の紹介などがありましたが、いちばんは館内がとても涼しく過ごしやすいことでした。

ありがたい。

 

建物から望む山の頂上に、高山城があったということです。

 

実は、ここに来たらどうしても寄っていきたいところがあったので、

そこへ向かうこととしました。

 

それがこの建物。

ここは昔小学校だったらしいのですが、

現在は図書館として活用されているところです。

この図書館、建物もすごいのですが館内が面白いのです。 

1階には小さな子ども用に紙芝居、絵本などがあり、大きな木のオブジェがあります。

2階には雑誌や新聞、一般の方が読む本があるのですが、

その棚を見てみると子どもの読むもの、大人の読むものが一緒の棚にあるのです。

例えば、歴史人物の本が大人の読む漢字が多い本の横に小学生の読む本が置いてあったり、

普通の図書館にはない並べ方をしてあるのです。

 

 

普通の図書館でしたら別々に置くのですが、ここは子どもが興味を持った時、

ちょっと難しいけれど大人の本を読んでみようとか、大人に読んでもらおうとなるらしいです。

 面白い発想だと感心して拝見してきました。

決まり切っていると思うことでも、

発想を変えてみると面白いことができるのだな〜と思わせる場所でした。(ま)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0]