20/03/13 14:28

もうすぐお彼岸

 穏やかな陽ざしにいつしか春の足音を感じるようになりました。
住んでいる地区内にある神社の境内には、赤松が沢山植えられています。
ところが、数年前から毎年松が枯れるようになってしまいました。

「松枯れ」の原因はカミキリムシに寄生している、「マツノザイセンチュウ」という小型の線虫が、幹内に侵入して増殖し、水分や養分を取れなくしてしまうからだそうです。 樹幹に薬剤を注入して線虫の増殖を防いでいますが、それでも毎年、何本か枯れてしまい、計画的に伐採しています。

さて、会館の大規模改修工事も6ヶ月近くが経過し、大ホールの外壁工事の足場も一部で外され、新しく綺麗に塗装された外観が伺えるようになりました。

三寒四温で、日ごとに暖かさを感じますが、まだ寒い日もありますので、お体ご自愛ください。
(直)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0]