17/07/21 08:30

測定

 関東甲信地方も梅雨明けとなりました。 今年の夏は暑いと予報が出ています、熱中症には気を付けましょうね。

 外は暑いのですが館内は適度に“涼”もありますのでちょっと立ち寄って水分補給をしたり、休憩したりして上手に夏を楽しみましょう。


 大ホールでホール内の音響性能を把握するために音響測定を実施しました。

 

 ちょっと怖い感じですが「ダミーヘッドマイクロホン」といいます。両耳にあたる部分にマイクがあり臨場感のある音を測定できるそうです。

 

音響反射板を設置しまして中央にスピーカーを置き音を出します。

拡大するとこんな感じです。12面体スピーカー・全指向性スピーカーともいいます。全方位に均等に音を出すスピーカーです。

残響時間を測定したり、明瞭度の測定や空調設備運転音の測定とさまざまな測定を行いました。

大ホールには音響反射板のほかに残響可変装置もあります。↑↑↑は音を吸収する状態です。8月13日より始まるOMFではこの装置はどのように変化しているのでしょうか?お楽しみに!(夏)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/07/14 19:03

花装飾がんばりました!

来月に迫った「2017セイジ・オザワ松本フェスティバル」に向けて、 今日はお客様歓迎用の花装飾を行いました。

地元団体の皆さんと本郷小学校3年生の子どもたちを中心に、 プランターやフラワーボールにお花(ベコニア等)の苗を植えていきました。

まずは説明をきいてから…それぞれの場所に分かれて作業開始です!

フラワーボールも最初は空っぽでしたけど…

こどもたちが頑張って苗をセットしていきます!

がんばれ!がんばれ!

セット完了!

素敵なフラワーボールが出来上がりました。

フェスティバルの時期には満開のお花でお迎えします。 ぜひ楽しみにご来館ください!!(ヒ)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/07/07 13:16

N響「第九」松本公演 チケット発売開始

 当館の開館25周年を記念して、日本を代表するオーケストラ「NHK交響楽団」と公募による合唱団との演奏会を、11月5日(日)(16時開演)に当館大ホールにて開催します。

 

 演目はベートーヴェンの「エグモント」序曲と交響曲第9番です。

 指揮はN響正指揮者の尾高忠明さん、ソリストには森麻季さん(ソプラノ)、福井敬さん(テノール)他 豪華ソリストをお迎えします。

 

 これに併せて、本公演にご参加いただく「第九」合唱団の参加者を一般公募しています。

 応募期間は7月1日(土)〜7月31日(月)迄で、募集人数は200名  (ソプラノ60名・アルト60名・テノール40名・バス40名)です。

 応募資格、応募方法等 詳しくは当館ホームページをご覧いただくか、キッセイ文化ホール 『N響松本公演「第九」合唱団』係までお問合せ下さい。

 

 

 チケットは7月8日(土)午前10時より 当館をはじめ 平安堂あづみ野店、 ホクト文化ホール、長野県伊那文化会館で発売するほか、電話・インターネットでも購入できます。

 

 ご予約・お問合せは

 キッセイ文化ホール 電話 0263−34−7100 まで。  

 

 他では聴けない松本公演を皆様お誘いあわせのうえ、ぜひこの機会にご来場いただきお楽しみください。 (直)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/06/30 13:02

消防訓練

 先日、当館で全職員が参加して消防訓練を実施しました。

大ホールの舞台袖から出火、燃え広がったという想定のもと、職員が通報連絡班、消火班、避難誘導班、救護班等に分かれて訓練を行いました。

3階から救助袋による避難訓練

本郷消防署の立会い、指導の中、各職員が役割分担と連携を図り真剣に取り組みました。

 午後からは、松本広域消防局の救命講習会が開かれ、心肺蘇生(胸骨圧迫、人工呼吸)とAEDの使用についての実技訓練、喉に異物が詰まった時の除去方法、出血時の止血方法等を学びました。

 当館では、年2回このような消防訓練を行い、有事の際来館者の皆さんを安全に避難誘導できるよう取り組んでまいります。(芳)

 

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

17/06/23 16:28

梅雨は…

梅雨入り宣言が出た途端に晴天が続き、やっと雨と思ったら日中の最高気温が15度も下ったりと、日々の体調管理が本当に大変ですがみなさんは大丈夫でしょうか?

しかしこの時期は私の大好きな渓流釣りにとっては最高の季節なんですよ。

一言に渓流釣りといっても様々な釣り方があるんですが、私がやっているのは「フライフィッシング」という西洋式の毛鉤釣りです。この釣りは魚が捕食しているカゲロウや昆虫などを真似て、鳥の羽やウサギの毛などを使って毛鉤を作り、それを川に流して魚を釣ります。

さて今日はそんな毛鉤の中でも代表的な、「エルクヘアーカディス」という毛鉤を作ってみました。その名のとおり、ヘラジカの毛などを使って蛾をイメージした毛鉤です。

 

★毛鉤を作るための材料と道具類

 

 

★フックをバイスに固定

 

 

★下糸を巻く

 

 

★ハックル(ニワトリの羽)とボディー(クジャクの羽)を取り付ける

 

 

★ボディー(クジャクの羽)を巻く

 

 

★ハックル(ニワトリの羽)を巻く

 

 

★エルクヘアーを取り付けて完成!

蛾に見えますか?

 

 

★他にもいろいろありますよ!

 

 

★さて、どんな魚に会えるでしょうか?

 

 

★かわいい岩魚とご対面!

 

 

小雨の時が、この釣りには最高のコンディションなんですよ。

梅雨を思いっきり楽しみましょう。(H)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0]