17/11/17 13:09

温泉

 『入湯手形』でいろいろな旅館の露天風呂に入れる事で有名な熊本県の温泉地に行ってきました。

 昨年4月の地震では温泉そのものや建物などへの被害はそう多くなかったものの、道路に被害が出たり心情的なものでお客さんが一時的に減ってしまったようですが今は回復されたようです。

 

 

 ちょうど紅葉の見ごろが終わりのころでしたが、今年は例年より1週間ほど早いとのこと。朝晩は息が白くなるほど冷え込みました。

 宿の方に教えていただきました。

 「九州だから冬でも暖かいと思っている方も多いですが、そんな所は鹿児島・宮崎くらいです。お客さんはどちらからお越しですか?長野県から?この辺では冬になれば雪も降るし道路は凍結します。」

 「生活するにはスタッドレスタイヤが必要ですし道路に塩カルも撒きます。山の中には白樺の生えたところがありますし、花きを生産する農家さんはりんどうを作っています(笑)」

 今回は出ませんでしたが馬刺しも食べる所でしたね。

 長野県から鉄道、飛行機、高速バスを乗り継いでおよそ10時間かけて来た九州の山奥の温泉地がずいぶん身近に感じられました。

 

 

 『入湯手形』でそれぞれ泉質と趣が違う露天風呂3カ所+宿の露天風呂に入らせてもらってしっかり英気を養ってきました。少しは地震被害からの回復の支援になってくれれば良いのですが。  (S)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません