17/12/22 09:00

気になるところ

最近車を走らせていると、気になるところがあるのです。北アルプスは皆さんよく見る山ですが、反対側の山を見ていた時です。「あれ!なんだろう」それがこちらです。

真ん中のとんがっている所、わかりますかね〜 もっとアップにすると

こんな感じの、何か気になる場所です。いつも気になっていたので行ってみることにしました。

途中、晴れていたら北アルプスがきれいに見える高台の住宅街に差しかかりました。

どんどん山道になり、前方に立て看板のようなものを発見!

 

神社があるのか?あたりを見回すと。何か石に書いてあります。

 

どうやらこの先20メートルの所に、神社があったらしいのですがどこかへ移ったらしいです。先に進むと目のまえに大きな石碑です。

移ったのは「瀧の澤神社」というらしいです。さて、気になるところへ向かうことにしましょう。車に戻る途中駐車場の立て札が。

 

どうやらこの付近の山にお城があったらしいです。

どんどん山奥に入って、道も細くなったので、ちょっと進んで危なそうなら引き返そうと思ったのですが、後ろを見たらもう遅いです。前を見ても引き返せそうなところがありません。

 

車一台がやっと通れる道です。これは仕方がない、進むか。しばらく坂道を登ると、何か見えてきました。

 

これなんだ?上を見上げると。あ、ありました。トンガリヤマ!

しかし「ままこ落としの土柱」ってなんだ?さっそく調べてみることにしました。すると、『昔、田ノ入城の殿様の嫁(継母)が自分の子供が生まれたので前妻の子供を世継にさせまいと、ここから落として殺害したと言うことです。恐ろしい〜

その他にもこの辺りに「八代峠」「四人峠」などがあるそうです。読み方は何かいわれのある読み方らしいですが。(こわ〜)

しばらく見上げていると、何か登りたくなりますよね〜 でもけっこうきつい傾斜、でもそばに行ってみたくなり、近づけるところまで行ってみようと登り始めました。斜面を転げ落ちそうになりながら近づきます。

だんだん近くなりましたが、息は切れ、足はがくがく!でもせっかくここまで来たのだから、もう少しそばまで。

 

 

 

これ以上は登れないところまでやってきました。昔は頂上に松の木があったらしいですが、今はだんだん崩れてこんな状態です。よく崩れないな〜と感心して左側を見ると、これはやばい!

 

足元はもう崩れたら真っ逆さまに谷底までです。恐る恐る視界を上に向けると、はるか向こうに隣の村が見えています。

しかし、この景色を見てください。こんな所があるんですね〜

はるか向こうには、遠くの山が見えます。東信地方の山でしょうか?

 

 

帰りにこんな看板を見つけました。

皆さんもいつも気になっているところで、まだ行ったことがない所があるでしょうか?

暇ができたら冒険するのもいいかもしれませんね。それでは。(ま)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=46332

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません