18/09/06 16:39

牛伏川フランス式階段工

 松本市内田の厄除けで有名な、牛伏寺の近くにある砂防施設、牛伏川フランス式階段工(うしぶせがわ フランスしき かいだんこう)を見に行ってきました。



 牛伏川の上流は急峻な地形と脆弱な地質のため、下流域では度々大規模な土石流などの水害に見舞われました。このため、明治から大正にかけて国や県により砂防工事が実施され、特に勾配が急な最終部分に、フランスで行われた階段工法を採用したものが、この牛伏川フランス式階段工です。



 延長141mの石張りの水路に、19段の段差が設けられています。今年は完成して100年目になるそうです。2012年には国の重要文化財に指定されました。



 下流にある砂防堰堤です。遠くには松本市南部の市街が望まれます。

 遊歩道や休憩場所も整備されていて憩いの場ともなっていますので、休日の 自然散策にいかがでしょうか。 (直)


カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません