19/09/13 08:30

季節は秋へと…

 OMFも盛況のうちに閉幕し改修工事までの束の間の日常業務が始まりました。9月も半ばとなり朝晩には涼しい風も吹きようやく夏が終わろうとしているのを感じます。

 

 私事ですが、この夏印象深かった光景がいくつかあります。

 ↓↓↓夏の休日に北信のとある高校を訪れた際に撮影した物です。

桜の木を下から仰ぎ見たものですが…何かがあります。

上の画像の中央付近を拡大したものです。空蝉です。しかも大量に!羽化しやすい場所だったのでしょう。

 

数年ぶりに諏訪湖上花火大会を観覧することができました。

打ち上げ場所ほぼ正面からの水上スターマインです。よい夏の思い出となりました。

 

見る場所、目線がかわると新しい発見があったりします。

↑↑↑はOMFでの一コマ。ティンパニ奏者からの視点です。指揮者は当たり前ですが、客席もよく見渡せます。

↑↑↑はコントラバス奏者目線です。見えている景色がずいぶん違います。

↑↑↑はヴァイオリン奏者目線です。座って演奏するのでコントラバス奏者より指揮者を見上げる感じになります。

↑↑↑さらに指揮者を見上げるのは客席最前列です。ダイナミックな指揮を間近で鑑賞できる場所です。

↑↑↑はコンサートマスターを見上げる位置です。美しい旋律も直接音として聞くことができる場所ですね。

↑↑↑はどこからの目線でしょうか?指揮者が良く見え演奏者より少し高いですね…

正解は正面反射板にあるカメラ用の小窓からの目線でした。臨場感あふれる指揮者の写真はこんなところから撮影しています。

 

 様々な角度から物事を見る。仕事でも私生活でも行っていきたいものです。(つな)

カテゴリ[ 松本文化会館]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=49180

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません