10/07/04 12:39

156B_2

オーバーホールから帰ってきた156B。

今回はパッキンと上下のクロノプッシャーの交換。

修理明細をみると購入したのは東急ハンズだけど

販売はモノショップ銀座の扱いらしい。

風防磨きされてピカピカ。

ケースとブレスは傷だらけ。

防水も完全ではないだろう。

でも、よく整備された機械は気持ちがいい。

クロノプッシャーが交換されているし、軽い操作力でクロノが動きだす。

日差+12.5秒に調整されている。

写真は、一緒に送られてきたギナーンのカタログをバックに撮影。

最近のジンの顔写真は珍しい。

SINNを売却してからギナーンを作っているらしいが、、、。

さて、初期型ブレスは飾り気がなくて、とっても気に入っているけど

強く腕を振るとブレスが伸びてしまう。

バックルのスライド部分の爪が摩耗しているのだ。

優しく扱えってことかな?

似合うブレスを気長に探そう。

もうひとつ。

クロノ針は帰零させず変な位置で止めておくと

時計止まってますよって他人の注目が集まる。

みんな、秒針は動いていることが

当たり前に考えてるのに、これは違うんだよって、ちょっと優越感。(俺だけかな?)

 

カテゴリ[ 時計]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=18084

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません