10/08/29 16:48

156短信

8/31OVH上がりで到着予定。
ブレスは残念ながら手に入らず、、。

カテゴリ[ 時計]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/26 11:38

TUTIMA793

やったーオークションで手に入れた。

TUTIMA 793 グラスヒュッテ。

新潟県の南雲時計さんにオーバーホールを依頼して日差10秒以内に調整されたもの。

デイデイトつき白文字板。

これは、TUTIMAにmonoマガジンが、依頼して日本にしか存在しないものらしい。

当時、13万くらいで売られていたが、これも、もう外装は手に入らない。

機械は7750だし、まだまだいけるだろう。

マニアは部品取りの1台をもっているとか?

機械式の時計が好きな人には、当たり前な知識だが

カレンダー早送り禁止時間が存在する。

特に毎日腕に付けていれば問題ないが、たまに酔っ払ってカレンダーあわせをしたらこうなった。

156なら24時間針があるし、禁止時間にカレンダー操作はしないけどつい酔ってちからをいれた。

日付が8時にかわるよぅ。(涙)

背景の請求書を写真に撮って見た。

機械式は1個でいいんだってつくづく思った。

5万円出せば、156Bのオーバーホールが出来るのに

5万円あれば別の時計が買える馬鹿な発想によってもう1個購入。!!!!

さて、どっちが購入したTUTIMA793でしょう?

さて、SINNの代理店がPXからホッタインターナショナルになったとか?


今後はどうなるんだろう?

TUTIMAもPXの商品で今まで4万円くらいでオーバーホールしてもらえたが

今後はどうなるんだろう?

なんで、TUTIMAを2台にしたんだろう?

僕は馬鹿だろうか?

今度は、クロノエージェントにOVHに出してみようと思う。

対応も良かったし。

ブレスの駒はずしの必要があり、ミナトーで調整。

これがあればクォーツの電池交換やブレスの交換や調整がやりやすい。

バネ棒外しも持っていたことがあるけど、こっちの方が使いやすい。

ナイフも付いているので、その手の人にはたまらないはず。

でも、なんでコルク抜きがついてんだ?

いらん!!

ま、ビールの栓抜きが付いているので許す。

ビール飲みながら時計を愛でるのが最高!

絶対、部品が無くなります(TT)

酒飲んで、失敗して、いくら無駄遣いしたことか、、、、。

カテゴリ[ 時計]   コメント[1 ]   トラックバック[1] 

10/08/25 10:42

ULTRA NO.6060-4

配線が終わってドキドキしながらスタータースイッチをひねる。

何の問題もなく始動する。

エンジン関係をいじった後は、その辺でストールしないか?

ドキドキしながら試し乗りに出かける。

だって、立ち往生は何度となく経験してるし、、。

さて、感想を。

1.ポイントの時は、アイドリング時、時々失火しる感じで、ガルンガルンポッ!ガルンガルンポッ!

  だったのが、ルンルンルンルンって感じに変化。

2.アイドリング回転が800−1000回転でばらついていたのが800回転で安定。

  タコメーターの針が震えないのでタコメーターが壊れたのかと思った。

3.アイドリング時のエンジン振動が半分くらいに減少。

4.低速で粘らせてみると500回転からアクセルについてくる。

5.中速から高回転まではストレスなく回る感じ。

6.アフターファイヤーがほとんど無い。

  エンジンが暖まるまでは、アクセル閉じるとブウウン!ポン!!!だったのに、ほとんど無くなった。

***調子いいぞー(^o^)!***

 

正直、点火系がこんなに効くなんて思っていなかった。

エンジンが33年前のから10年前の設計になったような。

キャブだから暖機運転は、必要だけど、暖まれば不具合がない。

場所は、関山。三菱の先輩の前で記念撮影。

今後、二度と作られないであろうV12気筒の前にて。

今のトラックって、L6/13リッター/4バルブ/DOHCだもんなあ。

(三菱FUSOスーパーグレートの場合)

  

 

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/24 10:05

ULTRA NO.6060-3

セミトラIG本体取り付け金具をボルトナットで取り付ける。

今回は横向きにしよう。

IGコイルの−側にUTIターミナルを取り付けて

配線図と取説をみながら接続する。

このとき、配線図が頭に入っているとスムーズに仕事が運ぶ。

仕事でも趣味でも、計画8割実行2割これが基本。

仮組も怠らないのも基本。

失敗すると仕事が倍プッシュだっ!!

さて、ここまで配線ができたらあとはIGユニットと

IGコイルの接続をするのみ。

カプラをつないで

再度、配線のチェック。

配線はタイラップできれいにまとめて。

ドキドキしながら、IGスイッチをひねる。

んんん!

当たり前だけど、あっけなくエンジン始動。

よし!

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/08/24 09:57

ULTRA NO.6060-2

jeepのボンネット内は広い。

まずは、取り付けプレートの固定孔をドリルであける。

まあ、IGコイル近辺がいいかな!

今回は作業しやすいフェンダーに孔を開けた。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/23 11:53

ULTRA NO.6060

通信販売でULTRA NO.6060を入手した。

いまでもすぐ手にはいるのがすごい。

だって、そんなに需要ないでしょ?これ。

平成になって20年経っても新品が手に入る。

さて、取り付け説明書を早速解読。

J56の場合、タイプBの配線ってことになる。

ポイントに流れる電流は抵抗値で決定されるので、4Aから5Aらしい。

そっかー!!。ポイントに5Aも流しちゃ寿命が短いわけだ。

セミトラユニット内のトランジスタで電流を

ON/OFFするのでポイントには0.4A程度に軽減できるとのこと。

それでも多い気がするけど、ポイントの汚れ防止なのかな?

つまり、機械式スイッチの代わりに

hfe10のスイッチングトランジスタを入れたことになるんだな。

取り付けの配線図を描いてみた。

さて、作業にとりかかるか、、、。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/23 11:35

セミトラの回路図ができた。

ポイントでトランジスタをコントロールすれば、いいわけだ。

ここは、ベースコントロールの方が、ポイント電流を減らせて良さそうだな。

Ib=Ic/hfeだから、hfe=10くらいでIc=5Aなら

ベース電流は0.5Aくらいのはず。

セミトラ内部はたぶんこんな感じか?

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/08/23 11:05

点火回路図ができた。

POPに点火系の調整をしてもらったので、調子は絶好調。

これを維持したくて、セミトランジスタ点火に改造しようと決断。

まずは、点火回路図を作成し、動作原理をつかまないと作業がおくれるし

だいたい、趣味なので行う作業は、理解した上で行いたいと思う。

ポイント点火の動作原理は以下の通りだ。

1.イグニッションスイッチをONにすると、
  1次回路に電流が流れるがポイントでON/OFFされる。

  ポイントはデスビのカムによってコントロールされる。

2.ポイントが閉じている間は、1次に電流が流れイグニッションコイルに

  エネルギーが蓄えられる。

3.点火時期になると、ポイントが開く。

  このとき、ポイントに流れていた電流は急激にカットされ

  イグニッションコイルの2次に高電圧が発生する。

4.2次の高電圧はデスビで配電されてプラグに火花が飛ぶ。

重要なのは、1次側のポイントに大電流が流れることだ。

ウルトラの説明書では5A位、流れるらしい。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/08/23 10:45

駄目!!バラツキ再発(TT)

4時間くらい動かしてみたが、一定回転でバラつきがでる。

散々インターネットで調べたら、ポイントサージ吸収コンデンサかも。

調子がでたらセミトラ化しようかな?

ウルトラならすぐに元に戻せるみたいだし。

CDIも魅力的?

さて、車検のご案内がきた。

大体、車検の時はいろんな整備をお願いするにもかかわらず、車検に出すのが遅れる。

幌を付けたり、ミラーを移したり、リヤシートをはずしたり、、、。

整備箇所をまとめたりしてると、出すのがおそくなる。

今回の整備お願いメニューは以下。

 1.デスビの分解整備

 2.ガソリンホース交換

 3.ブレーキホース交換

 4.デスビバキュームアクチュエータの交換(残念!部品が入手出来ず)

 5.バキュームホース交換

セミトラ化は調子が出てから自分でしよう。

ホームページには自作セミトラの例が紹介されているけど

トランジスタをベースコントロールしない回路は、理解できなくて、、。

ウルトラのはベースコントロールみたいだし良さそう。

でも、POPがポイント調整で調子を出してくれれば、それがBESTかな。

 

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/08/21 11:27

エアークリーナー

三菱のJEEPにMBのボディをのせるのには

低いボンネットに補器類をいかに収めるかが重要だと思う。

エンジンは十分に背が低いのだがエアークリーナーが

ボンネットに干渉しる。

エアークリーナーが薄型か、ほかに逃がせればいいけど。

純正を無理やり低床化しると、エアクリーナーが干渉して潰れる悪い改造例だ。

フィルター潰れてるでしょ。

 

溶接も汚いし。

でも、絶対必需品。

排ガスもそうだけどキャブ、エンジンが駄目んなるし。

バイクもエアークリーナーは絶対外さないのがいい。

直キャブでファンネルはカッコいいけどね。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/21 11:20

試し乗り

低回転、一定低回転でエンジンを回すため

トランスファを4Lにシフトしだらだら砂の上を走る。

アクセルを踏まなくてもトルクで、だらだら走る。

うん!息つきなし。

ポイント4割、デスビ2割、プラグ2割。

あとは進角が不安ってところ。

今後、症状が出ませんように。

ウルトラのホームページみてたらフルトラ欲しくなってきた、、、。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/21 11:14

バキュウム進角装置

これがバキューム進角アクチュエーターだと思う。

動作はアクセルを踏み込んだとき混合気にあわせて

点火時期を進角させる役割をもつ。

ポイント自体は点火コイルのON/OFFをコントロールしているが

エンジンの回転数にあわせて点火時期を進角させる必要がある。

このため、ポイントの裏側にはガバナーがついていて

エンジンの回転数が上がると遠心力で進角させる。

混合気に合わせるのは、このアクチュエーターだ。

もちろん、バキューム漏れは不調になる。

これは、残念ながらもう部品が出ない。

POPには漏れが無いか確認してもらってOKだが、予備を手に入れなくては、、、、。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/20 12:34

エンジンがばらつくばらつく(T^T)直らん2

まずは、ローターを引っ張って外す。

プラグでもない。

デスビキャップでもない。

ローターでもない。

あとは、ポイント接点を磨くのみ。

平ヤスリでガリガリやる。

簡単な構造ですな。

中央のカムに赤いカムフォロアがなぞって

ポイントが開閉するだけだ。

機械時計の脱進機に似てない?

さて、効果は、、、、。?

カテゴリ[ Jeep]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

10/08/20 12:28

エンジンがばらつくばらつく(T^T)直らん

デスビキャップの電極はきれいだが

一応、やすりでゴリゴリ磨く、つーか。削りおとす。

左が使用中のローター。

右が新品。

悪くないと思うがスパークする先端の酸化物を除くため削る。

スパークしやすいように先端を尖らす。

エンジンをかける。

おおっ!アイドリングはバンバンじゃん。

低速から高速まで回さんと分からんし、ちょっとツーリングいこ。

30キロくらい走って定回転で回していたらプスプスって。

アクセル踏み込んだら回復する。

ちきしょー。プラグでもデスビでもないぞ。(汗)

おそらくポイントだろう。

でも、ポイント交換は自分ではできない、、、。

 

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/20 12:21

エンジンがばらつくばらつく(T^T)

 症状から説明。

アイドリング時、ガルン-ガルン-ガルン-パス-ガルン-ガルンパス

って感じ。

アクセル緩めるとアフターファイヤーも多い。

アクセルにエンジンがついてこない時が多くなってきた。

特に低回転時だな。

4発のうち何気筒か死んでる感じじゃなくて全体に失火しる感じかな。

点火系のトラブルの感じがしる。

まずはプラグ交換だ。

焼け具合は大丈夫みたいだし、変な磨耗もないが

グリーンプラグだったけど新品のノーマルに戻してみる。

このとき、イリジウムみたいに高価じゃないのが助かる。

1個385円だ。消耗品だと割り切れる価格。

BPR5-11が4個で1600円以内だった。

プラグへのアクセスも簡単。

作業時間も10分でOK。

交換後、アイドルさせてみると”パッ”がない。

いい感じジャン。

低回転から高回転までスムーズに回る。

んんん!???

やっぱ、プラグだなって思ってたんだが、、、、、?

やばい!直ってないぞ(T^T)

素人がなおせるのか?

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/08/20 11:09

エンジンがばらつく(TT)

エンジンのフルオーバーホール完了後、

 2年ほど経過後、どうもエンジンがばらつく。

時々、吹け上がりがドタドタしたりアイドリング時、突然ストールしたり。

アイドリング時のタコメーターの針も細かく踊る。

デスビのアクチュエータのホースにヒビが入っていて劣化部分を切除したらよくなった。

今回はここ。

ホース自体劣化してんだな。

車検のときホースを張り替えよう。

これで、完全に直った訳ではなかった、、、、、。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/08/19 14:59

タトラ

http://www.youtube.com/watch?v=uHaj5bDSgRA

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/17 19:42

タコメーター

タコメーターっていえば

大森なのは昭和30年代生まれだからだろうか?

1万回転MAXのを買ってしまった。

十分、低回転エンジンなのに、、、。

LIMITが設定出来るので巡航速度でLEDが点灯するようにしておけば

燃費も回転数も維持できる。

ただ、エンジンのアイドリング調整には役立つ。

このあと、点火系の不調の時はほんとに役立った。

耳タコメーターがあるので今はあまり見ることは無い。

キャブの2ndステージの開くのも足の感触で分かるし、、、、。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/15 19:30

4G53再起動3

新しいピストンが入手できてプラモデルみたいな4G53エンジンの組み立てが完了した。

タコ足は銀。

エアクリーナーの吸い込み口は,

シリンダHEADの暖かい空気を吸わせるため,

短くカットしブルーに塗装してもらう。

キャブは不都合がなかったので、オーバーホールはまたの機会にしよう。

点火系はポイントのまま。

ポイントの在庫は5個あるし。

オルタネーターもレギュレーターもそのまま。

調子悪きゃ叩けば回復するし。

核戦争にも強いはずだっ!

なんのことはなく、くたびれた4G53が元に戻っただけだ。

定格出力が出てると良いな、、、、。

出来上がって試乗して驚いた。

低回転の粘りが5割り増しってかんじ。

ま、アイドリングが止まるほどピストンが首振りしなかったわけだしね。

もちろん、上まできれいに吹け上がる。

そうだ。

タコメーターを付けよう。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[8 ]   トラックバック[1] 

10/08/15 19:09

4G53再起動2

ウォーターポンプも新品に交換。

シングルキャブではあるがダウンドラフトキャブは2ステージだし問題なし。

これは、60kmでセカンダリが開くので

アクセラレーターが重くなるので速度維持も燃費にも効果的。

変速機が4速なので80kmでは5km/Lでも

60kmなら8km/Lくらい行く。

フルオーバーレンジドライブを入れれば、25%くらい向上するだろう。

前進、16段変速になるし欲しいアイテムだが、30万位覚悟しないとならん、、、。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/15 19:00

4G53再起動

POPの作業に敬意を称してPOPの作業服と同じカラーリングで

HEADは黄色、ボトムはブルーにエンジンを塗装しよう。

エンジンブロックを見るとリブの無いことに気づく。

まあ、鋳鉄ブロックだし、強度は十分ってことかな?

JZブロックは1000馬力に耐えたというし。

(TOYOTAの直列6気筒ですね)

まるで、プラモデルのようだ。

ただ、見えないところにこんなことするのもおしゃれかなと思う。

今では、エンジンOVHをいやがる整備工場ばっかだし。

POPありがとう!!!!

丁寧な仕事に感謝します。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/14 12:25

4G53鎮魂歌5

SOHC8バルブエンジンのHEAD。

TOYOTAのV8の32バルブエンジンの

バルブスプリング折れのリコールの大変さが分かる程、シンプルな構造。

JEEPのエンジンはこれでいいのだ。

J3RはサイドバルブとOHVの組み合わせだったが。

所詮、6000回転も回らんエンジンはOHVで十分だと思う。

ナスカーの700馬力エンジンでも8000回転でOHVだし。

(V8で7リッターエンジンが8000回転というのはすごい)

では、ピストンはというと

なんと!!

三菱が2個だけ作ってくれるという。(三菱がつくるわけじゃないだろうけど)

納期は3ヶ月。

よし!!!

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/14 11:45

4G53鎮魂歌4

ブロックをひっくり返したところ。

30年たった割にはきれいだと思う。

クラッチ側から見たところ。

タイミングチェーン側。

エンジンを掛けるときジャラって音がしるのでチェーンが伸びてるって

POPは言うけど僕にはよくわからないが、、。

カムシャフトを駆動する様子がよくわかる。

典型的なSOHCエンジンの図。

タイミングチェーンは伸びるけど30年でも切れることはなかった。

部品が手にはいるので、交換してもらう。

テンショナー関係も交換。

こっちのチェーンも伸びている?

何の駆動チェーンだろう?

コンロッドのビッグエンド側。

カウンターウェイトの位置がよく分かる。

クランクシャフトの形状が素敵。

バラバラにしても、主要部品はたったこれだけ。

僕の知識でもどれが何かよく分かる。

メタルもこの際なので交換してもらう。

ガソリンの爆発力をこんな小さな部品で受けることに感動する。

OILの力は凄い。油膜で110馬力を受けるのだから。

ところで、ピストンは入手できないまま分解、整備が進む。

純正が入手できなきゃボアアウトだな。

G54Bのピストンなら手に入るだろうか?

カテゴリ[ Jeep]   コメント[1 ]   トラックバック[1] 

10/08/13 12:11

4G53鎮魂歌3

ピストンが入手できないまま、シリンダーブロックの

内壁が錆びてきた、、、、。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/12 11:20

4G53鎮魂歌2

ピストンとピストンピンの固着が発覚。

ピストンの交換が必要との診断。

三菱にピストンの発注したところ

4気筒なのに2個しか在庫はないとの回答。

世界に2個しか在庫がなーいっ!!!

エンジンはもうばらばらだっ!!!!

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/12 11:17

4G53鎮魂歌

アクセラレーターにリニアにエンジンの 回転上昇がついてこない。

ネットの書き込みを見るとどうも4G53の部品が欠品しているらしい。

決断しないとオーバーホールさえ出来なくなる。

一生乗ると決めた愛機だ。

POPにFULL-OVHを依頼した。

エンジンをバラス前にはこんなことになるなんて思わなかった、、、、。(汗)

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/08/12 11:12

サイドマフラーが好き!2

やっぱ、腹下は高くないとね。

で、POPに作り直してもらった。

タコ足は途中で切断して、ぐぐっとマフラーを持ち上げてもらう。

排気口が近づいたせいで、若干音が大きく聞こえるが

タイコは三菱純正なので、離れればうるさくはない。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/08/12 10:59

サイドマフラーが好き!

念願のサイドマフラー。

もちろん、車検にも通ります。

排気口向きは車体に対して30度以内で、車体から飛び出さなければOK。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/08/12 10:54

心臓麻痺への行進曲

アイドリング時突然ストールする。

吹けあがりも重い気がしる。

腰下だめかなあ?

悩んでたら排気マニホールドの 直下が割れた。

エンジン吹かすとエンジンがローリングしるし 割れたとこから馬鹿でかっい音がしる。

せっかくだし、タコアシをJJCに注文しる。

» 続きを読む

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/11 11:06

心臓麻痺への狂騒曲

デスビキャップを開けて見る。

端子に酸化物の花が咲いてる。

もう、20年くらいたってるしな。

とりあえず、酸化物をドライバーでぐりぐりおとす。

かわらんなあ。

ローターも酸化してるしやすりでゴリゴリ。

んんん。

ギャップ広がってだめなんだと。

キャップとローターなんか新品にしちゃえ。

あと、キャブのゴムホース類すべて交換。

高圧コードもヤッターオークションで購入。

青いコードがやる気をみせる。

ついでにイグニッションコイルも新品だ。

ポイントは生産中止を見越して5個発注。

直ったかって?

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/11 10:58

心臓麻痺へのワルツ

アクセラレーターにリニアにエンジンの回転上昇がついてこない。

ばらつく。

たぶん点火系だな。

まずは、デスビから、、、。

へ?

違うかな?

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/11 10:40

心臓麻痺へのロンド

POPの診断ではOIL下がりとのこと。

 

» 続きを読む

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/11 09:54

心臓麻痺へのプロローグ

排気管から2サイクル以上にけむりが出ます。
まるで敵から身を隠すように、、、。
煙幕装置全開!!!

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/11 09:44

車両火災発生!!

アイドリングしてたら突然ボンネットから

けむりが出て電気臭くてエンジンストールした。

慌ててメインスイッチOFF。

配線の一部が と け て る。(汗)

 

 

» 続きを読む

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/08 10:43

雪の降りしきる2月。でもオーバーヒートしる!2

POPによればサーモスタットが開かないのが原因みたい。

ウォータージャケットの冷却水が沸騰しる。

サーモスタットが開かない。

ラジエターのロアホースから沸騰水が逆流。

ラジエターから湯気。

オーバーヒート。

のサイクルだと。

当然、サーモスタット交換だ。

元の寒冷地対応じゃないやつにした。

ウォータージャケットはあちちなのに

ラジエーターが冷たい時は要注意だ。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/08 10:29

雪の降りしきる2月。でもオーバーヒートしる!

冬は寒いのでもう少しあったかくしようと,

寒冷地用のサーモスタットに交換して2ヶ月過ぎた頃。

2月だというのに突然水温計がふりきれた。

って思ったらボンネットか湯気が噴出した。

原因のわからないまま冷却水が冷めるまで

水温計の下がるまで待機。

冷めた後、走り出すとすぐに水温計が上昇。

だましつつ、POPのところへ自走しる。

原因は??

» 続きを読む

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/07 17:28

だるまヒーターください。

日本電装製だるまヒーターください。

残念でした。生産中止です。

3年くらいヒーターの無いJEEP生活が始まる。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/08/07 17:03

デフロスターから湯気でてどーしる??

床に緑の液体が、、、。

あれ??

デフロスターから湯気でる!!

おーーーい(怒)

まえみえないどおおお!

室内のヒーターユニットから冷却水もんてんど。(涙)

» 続きを読む

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/07 16:57

粉雪

粉雪の降る中、富山から積載車に載せられてJ56怪MB公認車検仕様がやってきた。

ラジエターに枝が刺さらないように電動ウィンチ8274を付けてもらった。

ただし、重くて50kgもあるので、前軸と車両重量の変更をしてもらう。

なんと、ハードルの高い長岡陸運事務所にて公認を取得。

ありがとう。

まだまだ、クラッチの踏める限り乗ります。多謝。

もちろん、全長、全幅、全高をボディーにあわせて変更。

バーニン**さん。おせわになりました。

 

» 続きを読む

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/07 11:47

公認車検は富山にて。

当時、新潟県の公認は一番ハードルが高いっていわれてた。

雑誌を調べた結果、富山のワーニン**が良いみたい。

リフトアップから旧車まで手がけている。

社長さん一人でこつこつやっている感じ。

連絡してみると実績もあるし、やってくれる熱意も感じたので

富山までお願いしに行く。

つまり、横浜で購入、山北でMBに改造、長野で板金、富山で公認。

10年はかかったかな。(苦笑)

で公認とれるまでさらに1年かかる。

つづく。

» 続きを読む

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/07 11:05

次なる問題は公認車検をとることだ。

実は公認車検を取っていなかった。

というか神奈川のJ**Pでは大丈夫だってゆってたし。

しかし時代の流れと共に公認が必要になってきた。

しかし、地域の消防車なんかを改造申請しているどの車屋さんでも受けてくれない。

官庁相手の値段をふっかくてくる。

まして、理由はこんなんみたことないし、、、ってことで。

POPとこも公認はできないって。

当時、新潟の陸運局はハードルが高かったのだ。

北陸は比較的低い(あくまで当時の話)

公認が必要な理由はMBボディにしたことで車高が10cm低くなったこと。

あと、シートをバックさせたことで4名乗車が2名になること。

車検が通らなきゃもう公道で走れない。(涙)

公認がとれるまでは民間車検場でとれていました。(某トラックメーカー)

公認をとってくれるところを探さなきゃ!!!!。

 

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/07 10:52

主治医

主治医のことはPOPホリカワと呼んでいる。

僕のJEEPから60年代のジャグワーとかケンメリスカイラインとか、、、。

手間のかかるクルマでも面倒を診てくれる。

トランスミッションのオイルシールからクラッチにオイルが回っている。

見にいくとトランスミッションとファーが降ろされていた。

クラッチプレートは油で真っ黒。まあ、煙が出るくらいだし。

またまた、クラッチプレートは新品に交換。

オイルがまわるのはミッションのオイルシールが駄目になっているのだから

トランスミッションのオーバーホールが必要。

JEEPにはトランスファーもある。

どうせやるなら、シンクロも交換。

すべてオーバーホールしてもらうことにした。

そういえば、シフトレバーがNの時、左右にガタがある。

その辺も診てもらう。

外からみてオーバーホール済みと分かるようにシフトレバーのゴムブーツも新品に交換を依頼。

しかし、クラッチ関係でどんだけ資金がかかるんだ。ああっ。

 

» 続きを読む

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/03 11:39

クラッチがすべるすべる。

寿命かなあ?

9万キロでクラッチがすべる感覚が発生。

車体下にもぐってクラッチオペレーティングシリンダをみる。

なんかクラッチペダル踏んでないのに

クラッチ板を押してる気がしる。

簡単にナット緩めて長さ調整しる。

んっ、快調!!

本格的にすべるまで交換しなくていいや。

あっ、クラッチオペレーティングシリンダのシャフトが曲がってる。

交換してもらうか?

交換後、1週間ですべる。

クラッチ減っちゃったんだな。

クラッチ交換してもらった。

1週間もたたないのに交差点でアクセル踏んだら

ボンネットから煙!!

クラッチもずるずる、、、すべる。

クラッチ板もオペレーティングシリンダも新品なのにー。(涙)

 

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/03 10:35

山へ行く。ラジエターに枝がささる!!

今はラジエターグリルの前に

ごちゃごちゃいろんなものを付けてるけど

当時はさっぱり何もなかった。

で、山の中でUターンしようとして

木の枝がラジエターに突き刺さった!!

あっという間に湯気と冷却水がボンネットから吹き出た。

やべえ!帰れない!!

その時、知り合いがガム持ってないかと何人かに聞き出した。

なんで??

枝がラジエターの水路を見事に貫いて

水路が真っ二つになっている。

まず、ペンチで水路を折り曲げて漏れを最小にする。

そこでガム。大量にくっつける。

しかし、熱に弱いんだなあ!

だらだらと、お漏らししながら山から下ってきた。

幸い20Lの水タンク積んでたし補給しながら、、、。

ようやく、ホームセンターのあるところまで来た。

ここで、粘土パテを購入。

これは2種類の粘土を混ぜ、こねると、あっとゆーまに硬化が始まる。

これが固まるとまったく漏れない。

なんとか帰ってきて修理に出すとラジエターassy交換になりました。(泣)

枝のほうがラジエターより強いことがわかったぞ。

» 続きを読む

カテゴリ[ Jeep]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

10/08/02 11:53

大事な時にキレル!!

せっかくFUSEホルダーを新品に入れ替えしたんだし

配線も張替えよう。

バッテリーから直にリレーを介し

AWG18の配線で引きなおす。

純正はシールドビームだが暗くて車検にPASSしない。

(今はシールドビームの国内生産が終了して手に入らない)

H4バルブに付け替える。

バルブはスーパーホワイトバルブ。

(じつはこれでも車検ギリギリ。去年はとうとう車検に通らなかった。)

ただし、レンズが平たくなって顔つきがプラモデルぽくなった。

まあいいや。

機能優先だっ!!

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/02 10:35

ヘッドライトは飾りじゃありません

ライトスイッチは1段引くとスモール。

2段引くとライトON。

トンネルにさしかかってライトスイッチを引く。

んんん。

ライトが点かん。

FUSEきれてらあ。

予備持ってるし交換で直る。

あれえ?

また切んたな?

あっ!

また切んた(汗)なんで???

大事なもんは予備が必要。

ライトがつかなきゃ予備があればいいわ。

あんま、目立つフォグは隠密作戦に不向きだし、フェンダーの影にフォグを追加。

しかし、真の原因を追究せんと。

また切れた時でいいや!なんて考えてると必要なときキレル!!!

FUSEホルダーはぐってみると、、、、またFUSE切れ。

どうしても原因が分かりません。

原因が分からなければバラス。

原因が分かりました。

FUSEホルダーの裏側が見事に緑青に侵されてました。

侵されているところは切除手術だ。

バイパス手術で配線を引き直しました。

解決まで半年くらいかかった、、、。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/08/02 10:13

黒いJ56怪MB

3ヶ月程で仕上がりの連絡が来た。

当時はまだ8274は付いていなかったけど。

どんなことでもコンセプトが大事。

作業をお願いするときも、明確に自分のイメージを伝えないと満足のいく仕様にならない。

先ずは、色。

JEEPにはフレームがある。

シャーシブラックを吹くのでフレームは黒。(MBはODだけれど。)

どうしても、MBと一緒でフレームとボディの色は単一で統一したい。

自衛隊の車両はフレームが黒でボディがODでどうしても僕のイメージじゃない。

フレームもボディもODでは、細かいところまで軍用にこだわりたくなるし、

そうなると痛い仕様になってしまう。

あくまで、軍用風でいいのだ。

三菱純正ガソリンタンクを使用。これで、部品が簡単に手に入る。

シートレールは僕の希望の位置になるように角パイプの溶接でワンオフ。

シートはJ56を手に入れたときから付いていて長時間でも快適。

シートを後ろに下げた関係でタイヤハウスに突起ができてしまった。

運転席と助手席の間には米軍の弾薬箱を付けるのはJEEP乗りの定番。

防水だし安価。ロックもしっかりかかる。

デフロスターも付けてもらった。

自衛隊のJ54Aの時代のフェンダーミラーのステイ。

角度が自由に変えられるし、伸縮するので高さも自由。

しかも、障害物に干渉したときは、付け根が倒れてミラーの破損を防止する高級品。

今のJEEPのミラーステイは安物になってしまった。

機能的で性能も抜群。

さて、ここまで仕上がるとようやく自分の理想像に近づいた。

腕のいい板金屋さん。ありがとう。

» 続きを読む

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0]