10/09/20 15:30

部品調達

もう手に入らない部品の調達はヤフオクかJJCに頼るしかない。

今のJEEPの不具合箇所は

1.燃料計が寒くなると動かない。

2.チョークランプが点かない。

3.バッテリーが弱り気味。

くらいで絶好調なんだけど、こだわりの燃料計を手に入れた。

これは、12VであることとIGスイッチONですぐに立ち上がるタイプだ。

今の燃料計は、軸の油切れらしく寒くなると動かない。

ヤフオクで出るメーターは、ディーゼルの24Vのものばかり。

ようやく、手に入った。5000円なり。

あとは、換えるか否かだけど、完全に壊れてからなんて気楽に考えている。

スピードメーターにトリップが付いていれば、燃費から燃料の残量を割り出せるけど

そんなの付いてないし、やっぱり燃料計は重要なのだ。

タンクは40Lくらいなので満タンで200KMくらいしか安心して走れない。

ガス欠は冬の新潟では致命的。

自分だけじゃなくて周りも巻き込んでしまう。

僕は冬にほぼ乗らないのでほぼノープロブレムですが、

以前、雪道の交差点真ん中でエンジンストールして大ひんしゅくを買った苦い経験がある。

(エンジンOVH前の話)

結局、セルでJEEPを動かしてセルモーターが駄目になった。

ってことは、燃料計を換えろってことかな???

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[5 ]   トラックバック[0] 

10/09/14 07:03

いくらつかったのか?

j56 100
フロントデフ修理 20
ボディ載せ替え 120
板金 30
クラッチOVH 20
ミッションOVH 30
アルミホイールとタイヤ 20
ウィンドカバー 3
ブリッジプレート 2
ウインドインナーフレーム+ガラス 15
タコアシ 6
タイヤダブルマウント 3
エンジンOVH 45
車検(基本13万x24回) 312
公認車検+8274 40
ガラス交換 6
ヘッドライト 4
灯火 4
点火 4
マスターとスレーブシリンダ 5
ハンドル 2
シートベルト 3
タイヤ 20
ホイールシリンダ 10
ラジエター 10
ultra6060 2
予備パーツ 10
ガレージ(年間12万x24) 288
合計 1134

ガレージ代抜いても、850万位掛かったのか、、、、。
車検代を抜いたら、500万。
24年間続けた趣味としては安いと見るべきか?
メガクルーザーが買えたとみるべきか?

カテゴリ[ Jeep]   コメント[17 ]   トラックバック[0] 

10/09/09 11:28

腐る!腐る!!!

フロントフェンダーが腐ってミラーの根元が固定できない。

腐ったからには修復が必要。

板金より補強がいい!

アルミ板をセルフタッピングでねじ込み完了。

2000円もかからん。

ああ。フランケンだわ。

でも、これでいいのさ。だって、JEEPだもん。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

10/09/09 11:24

アルミ

何でアルミなのか?

30年くらい使うと鉄のディスクホイールは、腐る!!!

どうしてもジムニーの5本スポークは、駄目でブラVにした。

コンバットホイールは高いし。

機能優先ってことで!

ただ、フロントフェンダーとタイヤが面一になってしまった。

車検場の検査官によってはNGになる。

そんな時、スペアタイヤダブルマウントが役に立つんさ。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/09/09 08:59

フロントのBOランプ

フロントのBOマーカーランプを点灯してみた。
これで見方が距離を測れるぞ。
あ、見方がいません。
(T-T)
(^o^ゞ
(○mm○)
■ ┗┛ ■

カテゴリ[ Jeep]   コメント[1 ]   トラックバック[1] 

10/09/09 08:47

ブリッジプレート

これは戦場で橋を渡るとき車重を表す。
米国トンらしいので02なら2トン。
米国トンは900キロくらいらしいが。
Cはコンビネーションつまりトレーラーを牽引中の意味。
本当はトレーラー牽いてないけど、、、。
ああ、トレーラー欲しい。バックしるのが最高にたのしーぞ。
(^o^ゞ
(○mm○)
■ ┗┛ ■

カテゴリ[ Jeep]   コメント[5 ]   トラックバック[0] 

10/09/08 13:42

パイオニアツール

側面にはパイオニアツールがつく。

スコップと斧だ。

斧はアメリカ製でまったく切れない。

というか、日本の斧しか使ったことないし。

刃がついてないのかもしれない。

ヤンキーは力で叩き割るのかも?

スコップはアメリカ製を付けていたんだけど

圧雪で氷掘ってたら先端が曲がっていやんなった。

今ついてるのは新潟三条製。

氷に負けない。先端が強い。

さて、このスコップの主な仕事は、山でう*この穴堀りらしい。

JGSDFの方によれば、使用後は他の方が

同じ場所を掘っていやな思いをしないように

ペーパーの先端を地上に少し飛び出して

穴を埋めるのが礼儀だとか。

覚えておいてください。

地面の上に紙が出ているところは、掘っちゃだめだよ。

地雷が埋めてあります。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/09/08 13:35

上空の敵から身を隠せ

フロントガラスを倒したときに

ガラスが反射して上空の敵から発見されないように

カバーをつけてみた。

安心して隠密作戦にGO!

カテゴリ[ Jeep]   コメント[6 ]   トラックバック[1] 

10/09/08 13:05

スペアタイヤダブルマウント

いまでも、アフリカのランクルなんかには

スペアタイヤをダブルマウントしている車両が存在する。

つまり、必要なのだ。

砂漠を走っていてタイヤが2本パンクしたら

帰還出来ないという理由で、ぼくのもスペアタイヤをダブルマウントしている。

あと、後方の敵から狙撃されたときに防弾にも役立つ。

車両がひっくり返った時に、ライフスペース確保にも。

ところで、国内の下駄山タイヤが生産中止で入手出来なくなってしまった。

静かだし、ハンドルも軽いし、これしかJEEPには似合わないのに、、、。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[4 ]   トラックバック[1] 

10/09/04 16:28

防水ウィンカー

M151の頃の米軍軍用ウィンカー。

ボディはアルミ鋳造。

各部にはゴムパッキンがはいっている。

だだし、パッキンが劣化しているので

なんと、内部が曇る、、、。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/09/04 16:24

BODランプ

BO時上空の敵から光源の位置を特定されないように

ひさしが付いたドライビングランプ。

これは、隠密作戦に必要なので付けています。

ところが、目が良くないと役に立たないくらいくらい。

鍛えられた自衛隊の人は、見えますよって言ってましたが

僕には見えない、、、。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[9 ]   トラックバック[1] 

10/09/04 16:19

BOマーカー

三角の見え方で見方の車両との距離を測るためのマーカーランプ。

ブラックアウト(灯火管制下)で使います。

MBのテールランプはこれじゃないよってのは無しにして。

機能優先で付けてます。

ところで、僕には見方の車両がいない、、、。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[1] 

10/09/04 15:52

高級な足回り

鍛造”コ”形状のシャックル。

ブッシュはゴムではなく金属とグリース。

板バネは”凹”形状でバネ間の摩擦低下のため。

フロントサスはリジットアクスル。

これは、過積載にもへこたれないし、ドライブシャフトが露出しない利点がある。

過積載でもキャンバーが変わらない。

片方の車輪が持ち上がると、片方は地面に押しつけられる関連サスでもある。

ワイドになってからは”口”形状のシャックルになってしまったし

平板バネになってしまった。

ただ、ナローは乗り心地がむちゃくちゃ堅い。

ワイドは柔らかい。

リーフがフロント9枚リア11枚もあるからか?

34年経って8274があってもバネがへたる感触はない。

トラックとしては最高の機能美だろう。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/09/03 14:11

自衛隊新旧73式のパイオニアツールマウント

こちらは新73式。ミリタリーパジェロですね。

こっちは旧73式ジープです。

アニキからの報告が入りました。

興味の無い人には、こんな写真撮ってる人は怪しく見えるかもしれませんが

機能美に興味のある人にはたまりませんね。

自衛隊車両は、我々の税金で出来ているので写真撮影はもちろんOK。

今度は、高機動車のハブリダクションの写真待ってます。

クルマは下から覗くのがドキドキします。

見てはいけないモノがあったりして、、、。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[7 ]   トラックバック[1] 

10/09/03 13:37

156B_4

25年で初めて動かなくなった156B。

前回のOVHから1年以内のため、無償でOVHされた。

時計屋さんからは、パワーリザーブ51時間。

日差+5秒でランニングが完了のメッセージが届いた。

南雲時計さんでは、ランニングしてから返してくれる。

機械時計に対しての愛情を感じます。

で、故障内容が知りたかったのだが、

付いてきたホッタの修理明細にはパーツ交換と書いてある。

まあ、どこが壊れたかなんて報告する必要ないもんな。

自分では、修理出来るわけないし、、、、。

修理保証はございません。と書いてある。

さすが、ホッタ。

さて、やっぱり、代替えのブレスは手に入らない。

純正にこだわっていては駄目だな。

使えそうなのを物色中。うむ、、、。

カテゴリ[ 時計]   コメント[2 ]   トラックバック[0]