10/07/04 12:46

156B_3

2月、深夜156Bがとまりました。
20年以上とまったことがないのに、、、。
手巻きしてもゼンマイを巻き上げる感触がない。
PXは1年保証。
期限は8/31。
もう7月。
南雲時計さんに相談。
PXは手を引いていて、今はホッタインターナショナル。
保証は有効とのこと。
以前から気になっているブレスレットも
256か356の現行ブレスが使えるか確認してくれるとのこと。
弓カンが合うかは、お任せした。
近々、OVHに出す予定。

カテゴリ[ 時計]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

10/07/04 12:39

156B_2

オーバーホールから帰ってきた156B。

今回はパッキンと上下のクロノプッシャーの交換。

修理明細をみると購入したのは東急ハンズだけど

販売はモノショップ銀座の扱いらしい。

風防磨きされてピカピカ。

ケースとブレスは傷だらけ。

防水も完全ではないだろう。

でも、よく整備された機械は気持ちがいい。

クロノプッシャーが交換されているし、軽い操作力でクロノが動きだす。

日差+12.5秒に調整されている。

写真は、一緒に送られてきたギナーンのカタログをバックに撮影。

最近のジンの顔写真は珍しい。

SINNを売却してからギナーンを作っているらしいが、、、。

さて、初期型ブレスは飾り気がなくて、とっても気に入っているけど

強く腕を振るとブレスが伸びてしまう。

バックルのスライド部分の爪が摩耗しているのだ。

優しく扱えってことかな?

似合うブレスを気長に探そう。

もうひとつ。

クロノ針は帰零させず変な位置で止めておくと

時計止まってますよって他人の注目が集まる。

みんな、秒針は動いていることが

当たり前に考えてるのに、これは違うんだよって、ちょっと優越感。(俺だけかな?)

 

カテゴリ[ 時計]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/07/04 12:17

156B_1

24年間愛用の腕時計について。

SINN 156B。

初期型で某雑誌によればSINNっておじさんが

チェックしてから出荷していた頃のやつ。

最近のSINNはおしゃれな別会社になっちゃったけど。

3回オーバーホールして

そろそろクロノグラフ針が帰零の時、ずれるようになってきたので

4回目のオーバーホールの時期が来てる。

早くしないと、もう生産中止のレマニア5100の部品が

手に入らなくなるかも。

最近は中古の156Bの流通も減ってしまった。

オーバーホールして、もうすこし使ってやろう。

 

カテゴリ[ 時計]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/07/04 12:04

さよなら。僕の愛したJ3R

交差点でブレーキを踏む。

あれ????

床まで当たるほど踏める。

ああ(涙)

とまらない。

ポンピングしても一緒。

ローにぶち込みサイドブレーキを目いっぱい引く。

何とか止まる。

道路には液がいっぱい。

配管かシリンダが駄目んなった。

さて、どーしる???

マスターシリンダーにバイク用のブレーキフルードを足しつつ帰宅。

しかし、このまま乗ってると死ぬな(汗)

若造で銭なしには維持できない。

ごめんね。

そのまま廃車ではJ3Rが不憫だ。

使える部品には長生きしてもらおう。

機械式ウィンチは先輩の白いJ58へ移植されることが決定。

ジープのシフトレバーは3本あって一番短いトランスファを”N”に

シフトすることで動力が外部に取り出せる。

この辺の部品が丸ごと移植されJ58で生き続ける。

ナローとワイドボディで問題なく移植できるとは知らなかった。

(実はをジープ2台所有したことがあるが両方ナローなんで)

タイヤは紺色のJ54へ。

そして、J3Rはこの世を去った。

わずか半年しか愛してやれなかった(泣)

 

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0]