19/05/27 09:18

燃料ホース交換

 

車両火災の原因の多くは、電装のショートと燃料もれと聞く。

電装のショート防止は、2重被覆化と配線取り回しの改善だ。

配線は被覆に傷が入ると即、GNDなのでショートで配線が燃える。

出来るだけ尖った部分には取り回さないのが重要。

配線にムリを掛けずにタイラップで固定。

ひっぱりすぎて、コネクタが外れて始動しなくなったりするのはご愛嬌。

古くなると、コネクタのメスがガバに」なるし、、。

燃料配管は、規格品なので好きな長さが安価に手に入る。

ガソリンジープは燃料ポンプが低圧で、タンクの外に付いているので交換は楽。

もっとも、POPに頼んだんだけどね。

僕のJEEPはエンジンの排気の反対側にキャブがあるので、燃料漏れしてもそれほど怖くないけど

排気の上にキャブがあるLヘッドエンジン(ゴーデビル)は怖いだろうなあ。

これで、30年くらいは燃料ホースは大丈夫だろう。

日本のゴムは世界一だもんな。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[0 ]   トラックバック[0]