12/05/22 12:19

運転席は一斗缶

運転席がないとジープの移動の時、クラッチもブレーキも踏めない。
工場内であっても運転席がないと移動できない。
板金に出すときも同じである。
板金に出すときは
20リッターの丸缶運転席で運んだそうだが、
座りが悪いので
今は一斗缶運転席である。
しかも、横倒しのため、
おしりの形にうまい具合に凹んでいる。
クラウンみたいな真っ白なシートカバー付き。
それにしても、背もたれが無いのにPOPは上手く運転しる。
運転席が低いのでその姿は
進駐軍の兵士の様だ。

当分、運転席は入荷しないだろうし、
ジープネタは小休止。

バイクのバッテリー交換完了につき、
受付のサディストねいさんに軽くあしらわれて
バイクで帰宅。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[6 ]   トラックバック[1] 

12/05/18 10:43

韓国アイドルにまけないぜ

やー、腐ってる床面の板金が上がってきた。
腐ってるとこをエアブローしたら拡がること拡がること。
板金に出すことになったわけだ。
韓国アイドルの整形並みのオペレーションになった。
僕のジープは僕にだけ微笑んでくれればよし。
ジープは乗り手を選ぶ。
見返りのない愛を注ぐ者にしか微笑まない。
まあ、乗り手がサディストでは勤まらない。
マゾでないと。
酷使しなくても壊れ
見えないところが腐る。
ランクルじゃないし。
ランクルは酷使に耐えうるが
儚さがないんだよな。
それでいいのだ。

ところでシートはまだ来ない。
なにやってんじゃー!!!。
と、毒づいてみたり。
基本的に、僕は犬なので、
待つのは大好きです。

ああ、待たされる快感!!

何でも、すぐに手に入る現代に
自分の為だけに、製作される物を待つ喜び。
待つってホントは楽しいことなのだ。

カテゴリ[ Jeep]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

12/05/10 20:27

受注生産という贅沢

あんまり詳細なことを書くと恥ずかしいのてボケた
写真にて。
運転席はインプレッサの
流用が叶わないので
新しい運転席を調達しなくては!
いろんな選択肢は
あると思うが、
車屋にカタログがあったので
聞いたことのないメーカーに決めた。
溶接で取り付けしるしかないんだし。
ただ、最低グレードにした。
僕は部品屋なので最低グレードは
最高に手間をかけて作っているのは承知している。
そう、売れていないのが最高グレードなのだ。
納期は1ヶ月以上。
シートレールもボディも
ワンオフである。
最低グレードで
最高グレードを手にいれる喜び。
早くしないと梅雨入りしる。

おっと、ボディの腐りで、今は板金中である。

ところで、貧乏なので新品は運転席のみである。
助手席はだれも乗らないんので
そのままである。

車検上は2人乗りだし、後部座席も要らないし。
車検のたび取り外すなら、捨ててしまおうか?

カテゴリ[ Jeep]   コメント[5 ]   トラックバック[0]