19/05/26 15:14

LED ヘッドライト

元々は、シールドビームの12Vだった。

ところが、光量不足で車検に通らなくなる。

同じ大きさのライトハウジングで、H4バルブに変換できるキットがあるので

それを使ってH4化した。

ところが、H4バルブでも光量不足で車検にはギリ。

原因は、バルブに笠が付いているタイプだったので、ハダカタイプに変更。

それでも、やっぱギリ。

色温度を変更しても同様。

電圧レギュレータを電圧の高いタイプに交換して、かつ、アクセルであおって

なんとか、車検を通すこと数年。

とうとう、LEDバルブに変更しるときがやってきたのだ。

ようやく時代がついてきたぜ。

ってことでLEDバルブに交換。

光軸が出ないといやなので、安い中華バルブには手を出さず、IPFにしよう。

まず、バルブが大きくてヘッドライトハウジングに収まらない。

躊躇無くハウジングをカットしてバルブが入るように加工。

LEDバルブは放熱のため、ヒートシンクが付いているのでそこを逃がす。

LEDは12V直点火できないので、安定化ユニットを取り付ける。

これで、車検のとき悩まないですむ。

青白い光がクールだが、80年前のMBには似合わない。

もっとも、現在のミリタリーヴィークルも灯火はLEDになってきているし

新型MBみないなもんだな。

 

カテゴリ[ Jeep]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません