13/01/05 01:41

エマズウイッシュ物語

以前にこう書いたように、「wohwoh」のころから小田和正のCMは大好き。
(ちなみに原因をさかのぼると第一生命の「哀しみを、そのまゝ」になる)
で、今年のブランド広告がオリジナルということを聞いて喜び、
ネット上に公開されたCMを見まくっている。まだテレビで見れてはいない。

ただ、今までとちょっと違うことは。
某掲示板に耳コピの歌詞があったので抜き出してくると、

溢れる愛に見守られて 望まれて今こうして
この場所 時を選んで 生まれてきたこのいのちは
まるで屈託のないその笑顔で きらめく朝の光のように
周りのすべてのことを 幸せで包んでゆく

(中略)

だから こゝで
今と きみを
守ってゆく 守ってゆく
僕らが この手で

失くしてきた 小さな勇気や
忘れていた やさしさや
生きてゆく そのわけさえも
このいのちは 伝えようとしてる 


いつの間にか子供の親となった今、この歌詞がなんというか、
しみるというか、刺さるというか。
テレビの大画面で見た時、もっとぐっと来るのかな、そう思って今週末の放送を待っている。

カテゴリ[ 競馬その他]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=30306

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません