17/03/24 00:37

みやはい

ツイッター検索で引っかかったので、元記事のスポニチを見る。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/
2017/03/22/kiji/20170320s00004048122000c.html

まず20年以上もたった今も、取り上げられることがまずうれしい。
そして、松永昌博→ラインスピリット→森一馬につなげた最後もうれしい。

 

細かいことをいうと
「阪神大賞典では初めて松永が鞍上を離れた。(略)ほどなく馴染みの松永に手は戻った。」
「晩年は普通のオープン馬と化して」
と、ちょっとこれはなんだ???と思う文章もありますが、
宮杯場面は文句のつけようのない文章でございます。とっても爽やかな読後感。

あの94年高松宮杯は、わたしには
「とてつもなくよくわからないつよいちからがないすねいちゃにはたらいた!!」
的な表現しかできません。今でも。

カテゴリ[ まつなが馬(引退馬)]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません