19/08/19 22:46

週報ブック

仕事が終わると、とりあえずコンビニへ。
週報ブックと冷えたビールを買ってくる。
帰宅し、飲みつつ読む。お目当てはこれ。
 

そう。1ページを割いての
ウインバリアシオンのファーストクロップサイヤー名鑑。
血統表と、当馬の主な戦績と、そして今年の2歳一覧。
…もう見ているだけでうれしくなる。
最後のコメントの「父譲りでもある”GI2着力”は生産部門で堰を切るケースがままある」というのが、大変印象に残りました。

さて。
ブックを読み進める。北九州記念に両馬のコメントはなし。
ネット上に見つけたのは、報知系のこれだけ。
森一騎手(ラインスピリット=15着)「内枠からロスなく運べました」
…ということは、今回もマイナス点はなかったということかね…

ラインシュナイダーはちゃんと松永厩舎のラインめんこでしたね。
沖厩舎時代と比べて、星が大きい、という違い。


 

カテゴリ[ 遠征、新潟開催]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

ウインバリアシオン産駒ってだけで
胸騒ぎします

昌先生の管理馬ではウインバリアシオンなんですよね!
産まれた年が違ったらダービーと菊花賞は勝てたのでは?と何度思ったかー笑

繫殖牝馬の質とかあるでしょうけど、
こどもたち応援したいです
投稿者: 未來   19/09/02 14:20
何頭かは昌博厩舎に入厩する予定のようですし、応援したいですね!
投稿者: りろんち   19/09/05 01:19


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=49087

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません