19/12/19 01:46

水曜馬ス(中略)19有馬記念〜

あっという間に第3弾。
今回は投稿しなかったので、穏やかに聞けました。
録画視聴になりましたが、非常に面白かったですわ。

今回は前2回と比べて、組み合わせの面白さは少なかったです。
1995年マヤノトップガンの有馬記念+「Over Drive」
2005年ハーツクライの有馬記念+「POP STAR」くらいでしたかね。

あとは、うちとしては
「有馬記念、そこにはネイチャがいた。」ということを改めて感じましたな。
ネイチャそのものについては番組内ではひとことも触れられてはいないのですが、
映像に映ること映ること。
出走全5戦中4戦(ブライアンの1994有馬以外全部)取り上げられましたしね。
1991(3着)「クリスマス・イブ」
1992(3着)「悲しみは雪のように」
1993(3着)「Hero」
1995(9着)「Over Drive」
その時代の曲とともに突っ込んでくるナイスネイチャ。いやあ、いい映像です。

オースミシャダイもでっかく映ってましたねえ。
昌博騎手ファンにはたまりませんでした。

あと今回、松岡騎手株がかなり上がりましたわ。
・収録の空気(台本)が読める
・リスナーをしっかりいじれる
・競馬の話も、音楽の話もしっかりできる
いい騎手ですなあ。
不穏当に聞こえたCMでの「あれ(仕掛けが)早いんだよ!」も
オルフェーヴルの凱旋門賞の話なら納得です。「あれは池添さんなら勝った!」うんうん(笑)。

あ、自宅でハイボールをあけながらファンファーレで涙を流す井門さんも素敵です。ははは。

カテゴリ[ 競馬その他]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません