22/02/19 21:49

JRA賞インタビュー(森一馬騎手)

 
去る1/31にグリーンチャンネルで放映された。JRA賞の表彰式。
いまさらですが、森一馬騎手の部分だけ抜粋してみました。

<司会者>
・最優秀障害騎手は森一馬騎手です。
森騎手は2021年度の障害競走において、Jg1競争を含め10勝を挙げる活躍で、最優秀障害騎手に輝きました。
森騎手は3年連続でJRA賞の個人タイトル獲得となります。
・おめでとうございます。森騎手にお喜びの言葉、頂戴いたしました。

<VTRへ>
3年続けて、このような賞をいただくことができてとても嬉しく思っています。
<テロップ「中山グランドジャンプを振り返って」>
ダッサイが1番強いと自信を持ってレースに臨ましてもらったんですけれど、結果もその通りで、これまでダッサイと厩舎関係者の方と一緒に歩んできてG1を取ることができて嬉しく思っています。
<テロップ「昨年を振り返って」>
前半はメイショウダッサイと一緒にG1を勝たしていただくこともできて、とても順調だったんですけど、後半は勝てない時期などもあって、また2着の数も20回と多い1年になったので、その点は反省して。勝てない時期に学んだこともあったので、それをまた今年以降につなげていきたいなと思っています。
<テロップ「今年の目標」>
今年も障害リーディングを取りたいと思っています。そしてもちろん怪我や落馬がなく、ファンの方々に安心して応援していただけるように、そういう点にも気をつけて頑張っていきたいなと思っています。

<司会者>
森騎手ありがとうございました。

カテゴリ[ 森一馬騎手]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません